佛具とお供え物

佛具とお供え物

曼荼羅・星供・星まつり

曼荼羅(まんだら) 曼荼羅には沢山の御佛(みほとけ)さまが描かれていて、その中心には大日如来(だいにちにょらい)さまがいらっしゃいます。 曼荼羅は大日如来さまのさとりの世界を図絵としたものといわれ...
佛具とお供え物

参拝の仕方・入試特別護摩祈願

ご参拝の皆さまから「御佛(みほとけ)さまには、どのようにお参りしたら良いのでしょうか」というご質問をよく頂きます。そこで、今回はお参りの仕方のお話です。 合掌礼拝(がっしょうらいはい) 観...
佛具とお供え物

お札・お肌守り

観音院の十二月は、来年度のご祈願や厄除(やくよ)けが始まり、ご参拝の方々も一層に多くなり例年にぎやかな月となります。 ご祈祷(きとう)のお札はお願い事が叶うように、開運が拝まれています。有り難いお札ですからお部屋にお祀りさ...
佛具とお供え物

ご分霊・鳴釜・御千米

ご分霊(ぶんれい)をお迎えして 観音院の十一月は毎年吉例で、ご分霊の捧持(ほうじ)祭、お初穂(はつほ)祭が執行されます。 ご分霊をお祀(まつ)りされることは、み佛さまと共に暮らし、祈り、佛縁を深め、魔縁(まえ...
佛具とお供え物

燈明・燈籠

お燈明のみ光 み佛さまにお供えする明かりを燈明(とうみょう)と言います。 燈明は六波羅蜜の「智慧(ちえ)」をあらわしています。佛教でいう智慧は、普段私たちが使う知恵とは区別され、サンスクリットのprajna「...
佛具とお供え物

お供物・ご佛飯

飲食・浄水の教え お供物とは佛さまにお供えする物という意味ですが、その中でもご佛飯(ぶっぱん)や野菜、果物、菓子などの食べ物のお供えのことを「飲食(おんじき)」といいます。 飲食は六波羅蜜(ろくはらみつ)の禅...
佛具とお供え物

供花・供華・佛花

花のお供え み佛さまへお供えする花のことを供花(くげ・供華)と言います。供花は、美しい花で佛前を荘厳すると伴に、その芳香をお供えします。良い香りは、み佛さまの最も喜ばれるご供養の一つなのです。 花は、六波羅密...
佛具とお供え物

念珠・数珠 その二

念珠の起源 念珠(ねんじゅ)は古代インドのバラモン教の法具に由来しています。東は佛教の念珠に、西はイスラム教に、そしてキリスト教のロザリオにと姿を変えて、多くの宗教に広く伝わりました。 佛教に取り入れられたの...
佛具とお供え物

念珠・数珠 その一

念珠の功徳(くどく) 私たちは、み佛さまを拝むとき、念珠(ねんじゅ)を手にします。念珠は佛教徒の証(あかし)と言われています。そして、それは持つ人の慈悲(じひ)と戒律(かいりつ)を表すとされています。 ご真言...
佛具とお供え物

お香、お焼香、お線香

お香のはじまり お線香やお香は、お燈明、供花(くげ、供華)とともに功徳(くどく)ある御供物とされ、御仏前には欠かせませんね。 お香の始まりは紀元前にまで遡るとされます。古代エジプトで宗教儀式に使用され、祭壇で...
タイトルとURLをコピーしました