令和元年五月、気持ちも新たに善い生活を

令和元年五月、気持ちも新たに善い生活を

令和元年五月。平成に別れを告げ、令和という新たな元号を迎えた初めての月となります。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という込められた思いに見合うよう「いたわり、慈しみ、思いやり、相手の立場で考える」ことを改めて見つめ直す機会に出来れば幸いですね。

最近は災害や異常気象で辛い思いをする事が多くなっているように感じています。

それでも、一人一人が助け合う気持ちを忘れぬことで、乗り越えていく事が、やはり大切なのではないでしようか。

今年のゴールデンウィークは長い人ならば十日間の連休となりました。

これだけ長い休日となると、日常生活に戻ってから、色々と噛み合わない部分が出て来る人も多くなってくるようです。

特に四月から新たな環境に置かれた人は気持ちの切り替えが上手く行かず、戸惑う事が多くなるでしよう。

周りの声や状況を気にするなとは言えませんが、無理をして視界を広く保とうとしても混乱を深めては何も解決しません。

心が落ち着かないままでも大丈夫なので、まずは目の前にある小さな事から一つずつ対処してみましよう。

連休中に働き通しになった方は、まだ今年は始まったばかり。身体を大切にしてくださいませ。

何にしても、改元に合わせて何かを変えようと焦らないこと。

日々の生活の中で一歩一歩、善い心と環境を築く気持ちが大切だと考えている次第でございます。

大型連休に備えて対策を。そして選挙の投票には必ず行きましょう

【寅さん】 さあ、今年も四月が来て、いよいよ新学期が始まりますね。すぐに五月が来て新しい年号に切り替わるから、いつも目まぐるしく過ぎていく四月が、さらに落ち着かないような気もしますね。

【住職】 大人でも子供でも、カレンダー通りにお休みがある人達は、今月末から来月初めの大型連休が今から楽しみかもしれないね。

【寅さん】 土日祝日が休みだったら、四月二十七日土曜日から五月六日月曜日まで、十日間も連続してお休みですもんね。旅行に出掛けたり観光を楽しんだり、休みを満喫できたら良いですね。

【住職】 その旅行・観光業界で働いている人達は猛烈に忙しいだろうし、最近いつも人手不足だと言われている物流網が正常に動いてくれれば良いだろうけどね。

【寅さん】 そういえば、病院も休みになるんだから、持病がある人はお医者さんとよく相談して、できれば薬を多めに出しておいてもらうとか、休みの間に体調を崩したらどうするのが良いか確認するとか、対策しておかないと。

【住職】 それから、連休よりも前に、統一地方選挙があるのを忘れないように。

【寅さん】 そうでしたね。お住まいの地域によって違うけど、四月七日の第一日曜日と、四月二十日の第三日曜日が投票日だということでしたね。

【住職】 投票日当日に用事がある人は、公示日の翌日から投票日の前日までの間なら、土日でも期日前投票が出来るから、必ず投票に行ってほしいね。

【寅さん】 期日前投票をするなら、投票日に行く近所の市民センター(公民館)じゃなくて、少し遠い役場まで行かなきゃいけないけど、選挙権を無駄にせずに済んで良い制度だと思いますよ。

春の暖かさも心もそれに合わせて穏やかに

春の暖かさも心もそれに合わせて穏やかに

今年も二月が終わり、一年の六分の一が過ぎてしまいました。

三月は忙しい方が多くなる年度末です。新年度に向けての決算や、職場、生活環境を変えるための用意など、やらなければならない事が常に頭の中にあるかもしれません。

するべき事は思い浮かばずとも、周囲の慌ただしさが気持ちに影響して、どこかそわそわしてしまう方も多くいらっしゃるでしよう。

落ち着きづらい環境と、寒暖差が大きくなる季節の変わり目という要素が相まって、体調を崩してしまいやすい時期でもあります。

例年三月は、インフルエンザに罹る人がまだいらっしゃるそうなので、お気を付けてくださいませ。

三月は春のお彼岸があります。

まだ一年の過ぎた時間に思いを馳せるには早く、少し忙しい時期ではありますが、ご先祖さまや亡き方々に思いを馳せながら手を合わせる時間を設ける切っ掛けになればと思っております。

新年度が始まり、五月の改元を前にして平成という時代を振り返り、心穏やかにご供養をなさって下さい。

観音院の春彼岸法要は、三月九日土曜日から三月二十四日、日曜日まで毎日三座執行致します。

法要は毎日十時、十二時、十四時となっております。お時間に余裕がある方は法要にご参席いただき、飲食のご供養をなさって下さいませ。

終わり良ければすべて良し、とはいかない所もありますが、平成も残すところ二ヶ月。皆様善き日々を過ごして頂けるよう、祈念している次第でこざいます。

福豆授与は二月三日まで 法要に会われた一家族につき一つです

福豆授与は二月三日まで 法要に会われた一家族につき一つです

【寅さん】 二月とくれば節分ですね。食い意地が張っているようですが、今年のお面付きの福豆をいただくのが楽しみだな。

【住職】 今年は一月二十四日から、福豆の授与を始めるよ。

【寅さん】 観自在の二月号を発送するためにお手伝いした人達が、十時の法要の時に一番乗りで福豆をいただくことができるんですよね。

【住職】 その通り。福豆の授与は、多くの皆さんに行き渡るように、期間中の法要に会われた一家族につき一つにさせていただいているよ。

【寅さん】 豆撒きは今年も二月一日からですか?

【住職】 そうだね。今年は二月一日、二日、三日に実施するよ。朝十時、正午十二時、午後二時からの定例法要の時に毎回行うから、多くの皆さんに参加して頂けたらうれしいね。

【寅さん】 今年は二月三日が第一日曜日で、朝十時の大般若経転法要に参加される方も多いだろうから、楽しみですね。

【住職】 寒さの厳しい時期だけど、観音院の本堂は床暖房にしてあるし、エアコンとサーギュレーターで全体に暖かい空気を送るようにしているから、お参りされた方には気持ちも温かく過ごしてもらいたいね。

【寅さん】 床暖房ってじんわり温かいから幸せですね。足の裏が温かいとこんなに快適だと驚きましたよ。

【住職】 床暖房は気持ちが良いと言ってくださる方が多いから、工事をして本当に良かったと思っているよ。

【寅さん】 気持ちも温かく、観音院の法要に会って元気に冬を乗り越える方が多いことを願っています。

あけましておめでとうございます 観音院は新年も元気にお勤め致します

あけましておめでとうございます 観音院は新年も元気にお勤め致します

明けましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました、本年もよろしくお願いいたします。

昨年平成三十年は、日本だけでも多くの災害があり、どこか不安が付きまとう年となったように思います。

また、今年の十月から十パーセントに引き上げられる消費税の話題にも次第に多くなり、財布の中にもあまり嬉しくない空気が醸成されていましたね。

だからといって、世相に付き合って暗い暗いと思いながら過ごしても、良い事はありません。

新年に合わせてバカ騒ぎ・・・までしなくとも、少し目先を変えられるものを見つけられたなら幸いですね。

また、四月三十日には天皇陛下がご退位され、翌五月一日には皇太子殿下がご即位されます。

それをもって世の中全てが切り替わる、というわけではありませんが、これから先に何か違うものがあると考えてみると、生活に張りが出て良いかもしれませんね。

今年の一月は六日が大般若法要。

お正月休みが終わりになる頃合いですね。新たな年へと気持ちを切り替える元気を、参拝者の皆様と共に、仏様から頂きたく存じ上げます。

平成最後の年であり、新たな元号が始まる2019年も、観音院僧侶、職員一同熱い祈りをもって、毎日の勤めに励まさせて頂きます。

一年間、皆様の無事と、すこやかな日々を祈って元気!元気!元気!