実りの季節がやってまいりました お初穂祭は十一月十日と十一日

実りの季節がやってまいりました お初穂祭は十一月十日と十一日

今年は、例年よりも多くの災害がやって来たように思えます。一月には白根山の噴火、二月は列車が立ち往生してしまうような大雪、六月は大阪を震源とする震度六弱の地震。

七月に入ってからは豪雨災害、ひと夏日本中を覆った連日三十度を軽く超えた猛暑。異例の進路をとった台風十二号。八月に重なってやって来た台風十九号、二十号。

九月には都心部にも大きな爪痕を残す大勢力となった台風二十一号がやって来て、その被害の報道が冷めやらぬ中、九月六日午前三時七分に最大震度七度となる「北海道胆振東部地震」が起きてしまいました。

改めて災害で亡くなられた方々のご冥福と、いち早い生活の再建をご祈念させて頂きます。

多数の災害に見舞われながらも、生きていく上では日々食物を頂かなくてはなりません。

今年も豊穣、豊漁、実りの秋に感謝するお初穂祭を

11月10日 午後一時から

次いで

11月11日 午前十一時から

に執行致します。

御分霊、曼荼羅をお受けになっている方に御案内状を送付いたしておりますので、どちらかご都合の良い日に案内状の半券をお持ちになってご参拝くださいませ。

また恒例となっておりますお初穂米のお授けは、十一月一日より実施させて頂きます。
お初穂米は一家族につき一袋、法要に会われた際にお持ち帰りいただけます。初穂米は、ご家庭でお祀りされている萬倍様の願い箱の前に二十一日間お供えされてお召し上がりくださいませ。

被災者の方にお見舞い申し上げます 希望の光を見つけられますように

被災者の方にお見舞い申し上げます 希望の光を見つけられますように

【寅さん】 今年は本当に災害が多いですね。九月初めには台風が大阪を直撃して関西空港が使えなくなったし、その次は北海道で震度七の大地震があったし。七月の豪雨災害の被災地でも、まだ自宅の土砂を掻き出したりして大変な思いをしておられる方がおられるし、JRの在来線の復旧に時間が掛かっているから、まだ通じていない区間の人は当然出掛けるにのも不自由だけど、通じている区間の人も間引き運転で不便な思いをしていたりしますね。

【住職】 それでも、復旧復興に携わる人々の努力で、道路も線路も少しずつ通れる区間が増えているのはうれしいニュースだね。

【寅さん】 はい。それから停電があると、明かりに不自由するだけじゃなくて信号もエアコンも使えないから、改めて電気のありがたさがよく分かりました。

【住職】 本当だね。そういえば、今年は観音院に燈籠供養の申し込みをされる方が増えたような気がするな。

【寅さん】 観音院では、毎日3座の法要が年中無休で行われているから、ここに燈籠を奉納しておけば、いつか自分があの世に行く時も道しるべとして足元を照らしてくれるだろうと私も思います。

【住職】 自分の子孫だけじゃなくて知らない人達も手を合わせてくれる大日堂に燈籠を奉納して、自分が観音院にお参りに来ていたことの足跡を残しておきたいと言っておられた方もいらっしゃるよ。

【寅さん】 全て、毎日真面目に法要を執行しておられるからですね。これからもよろしくお願いしますよ。

少しは過ごしやすい季節になりました 無理をせず、疲れを溜めずいきましょう

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、最近はその言葉通りに行っていないような気がしますね。

それでも七月の豪雨災害、その後すぐに始まった危険なまでの猛暑、寝苦しい夜が続いた八月と比べると、朝晩の空気と日中の日差しは幾分か過ごしやすくなって来たように思えます。

しかし、過ごしやすくとも寒暖差が出て来る季節なので、夏場で体力が疲弊していると、普段通りの生活をしていても思わぬ所で大きな風邪をひいてしまいます。

不調を感じているならば気合で何とか乗り越えるような無理はせず、早めに体を休めておくことが結果として自身と周囲のためになるのかもしれません。

さて豪雨災害は報道の数こそ目に見えて減りましたが、完全に復旧したとは言えない状況にあります。

被害に遭った家屋など生活の再建は容易な事ではなく、また亡くなられた方とそのご家族が感じていらっしゃる痛みは、言葉で言い表せぬものでしよう。

だからこそ今ここに生きている事に感謝して、今日まで命を引き継ぎ次代に受け渡して下さった様々なものに、改めて敬意を持ちたいと考えています。

観音院の秋彼岸法会は、今年は九月八日から九月二十六日まで毎日三座の法要で執行致します。

ご家族さま、ご先祖さまに限らず、全てに慈悲をめぐらせる施餓鬼供養も併せて行いますので、皆さまどうぞご参拝下さいませ。

豪雨による被災者にお見舞いを申し上げます お盆はご先祖様のご供養をしましょう

豪雨による被災者にお見舞いを申し上げます お盆はご先祖様のご供養をしましょう

【寅さん】七月の集中豪雨で土砂災害に遭われた方は、本当に大変な思いをされたでしようね。

【住職】亡くなられた方のご冥福を祈り、怪我をされた方が早く回復されるようにと願っているよ。

【寅さん】広島では、JRの在来線が全線止まったり、バスや広島電鉄の電車も運行を取りやめたり、台風が直撃したときよりも影響が大きかったですね。

【住職】停電したり、断水したりした地域もあったし、道路が寸断されたせいで物流が滞ったので、多くの人が影響を受けたね。

【寅さん】コンビニやスーパーの棚がいくつも空っぽになっているのを見て「作る人、届ける人がいて、やっとお店に品物が並び、私たちが買うことができる。今まで当然だと思っていたけど、ありがたいことだったんだな」と気付かされました。

【住職】寅さんは、水や食料を大量に備蓄していたから、影響は比較的少なかったんだろう。

【寅さん】そうですね。我が家はしなかったので、その点でも助かりました。八月はお盆の月なので、ご先祖様のご供養のため、施餓鬼の紙塔婆をお願いしておこうと思います。

【住職】それは良い心がけだね。

【寅さん】観音院では、今年は八月五日の第一日曜日、朝十時の大般若会から、お盆のご供養を拝んでいただけるんでしたよね。

【住職】その通り。八月十三日から十六日までが一般的な「お盆」だけど、皆それぞれ事情があるから、早めにお盆のご供養をして、安心してもらえたら良いと思うよ。

迷いが生まれやすい五月 急いで答えを出さず心安らかにすごしましょう

早いもので今年ももう五月、日中の日差しもだいぶ強いものになって来ましたね。

新年度の慌ただしさも次第に落ち着く時期になるので、溜まった疲れをゆっくりほぐしていきましょう。

そうは言っても、各地でイベントがある大型連休。ゴールデンウィーク前後は仕事に追われたり、せっかくの連休だからと行楽に励んでいると、体だけでなく心が張り詰めたり緩み過ぎたりしてしまうものです。

こういった期間は、体の疲労にも気が付かない事が多々あります。

知らず知らずのうちに溜まった負担はこれから暑くなるにしたがって、活力を奪う原因になりかねません。

新年度の勢いに乗ってやる気に満ち溢れていても、要所要所での息抜きは忘れずに無事に過ごす事が肝心と言えるでしょう。

新しい環境に慣れるため、成果を上げるため懸命に努力をした方々が息の抜きどころが分からなくなるのは、この時期でもあります。

いわゆる五月病というのものですね。
そういった状況で、新しい職場や学校はやはり自分に向いていないのではないか、と辞めてしまうのは考えもの。

理想と食い違いのある環境に無理をして身を置く必要は無いかもしれませんが、判断力が低下している状況で身の振り方を決めるのは控えた方が良いでしよう。

急いで結論を出そうとせず、ゆっくりこれからの日常に順応しながら答えを探しに行きましょう。

一人で悩みを抱えるようなら、観音院へご相談にお参り下さい。