豪雨による被災者にお見舞いを申し上げます お盆はご先祖様のご供養をしましょう

豪雨による被災者にお見舞いを申し上げます お盆はご先祖様のご供養をしましょう

【寅さん】七月の集中豪雨で土砂災害に遭われた方は、本当に大変な思いをされたでしようね。

【住職】亡くなられた方のご冥福を祈り、怪我をされた方が早く回復されるようにと願っているよ。

【寅さん】広島では、JRの在来線が全線止まったり、バスや広島電鉄の電車も運行を取りやめたり、台風が直撃したときよりも影響が大きかったですね。

【住職】停電したり、断水したりした地域もあったし、道路が寸断されたせいで物流が滞ったので、多くの人が影響を受けたね。

【寅さん】コンビニやスーパーの棚がいくつも空っぽになっているのを見て「作る人、届ける人がいて、やっとお店に品物が並び、私たちが買うことができる。今まで当然だと思っていたけど、ありがたいことだったんだな」と気付かされました。

【住職】寅さんは、水や食料を大量に備蓄していたから、影響は比較的少なかったんだろう。

【寅さん】そうですね。我が家はしなかったので、その点でも助かりました。八月はお盆の月なので、ご先祖様のご供養のため、施餓鬼の紙塔婆をお願いしておこうと思います。

【住職】それは良い心がけだね。

【寅さん】観音院では、今年は八月五日の第一日曜日、朝十時の大般若会から、お盆のご供養を拝んでいただけるんでしたよね。

【住職】その通り。八月十三日から十六日までが一般的な「お盆」だけど、皆それぞれ事情があるから、早めにお盆のご供養をして、安心してもらえたら良いと思うよ。

夏の暑さに負けない元気法要  お時間がある方はご参詣されてくださいませ

夏の暑さに負けない元気法要
お時間がある方はご参詣されてくださいませ

 

夏の日差しも次第に本格的になり何をせずとも汗が噴き出してくる季節になって来ましたね。

六月三日の大般若転読法要にて、大日如来様、不動明王様、弘法大師様の開眼法要が行われ、多くの信徒様がその善き日に御参詣くださいました。


一ヶ月ほど本堂にて皆様にお披露目させて頂いたので、別殿にお祀りさせて頂く運びとなっております。
これからは別殿から皆様を見守り、ご葬儀の際は故人を速やかに御仏様の世界へと導いて下さることでしよう。

七月一日の大般若転読法要では、新たに大きな虚空蔵菩薩様をお迎えして、その開眼法要を執行する運びとなっております。

一目でどこにお祀りされているかが分かる、良い大きさの虚空蔵菩薩様でいらっしゃいますので、皆さまがより御仏様を身近に感じ取って頂けるのではないかと思っております。

さて、今年も皆さまがお願い事を記された短冊が多数、笹に掛けられた諸願が成就されるよう七夕の法要が執行されます。

七月一日より、ご寄付下さった方々の功徳が込められた福引と、ひと夏を乗り越える元気が祈念されたお菓子の掴み取り「福掴み」を実施させて頂きます。

虚空蔵菩薩様の開眼法要、たなばた祭、福引に福掴みと沢山の慶びにあふれた一日になる事かと思っております。

夏越し祈願の白だるま様も引き続きお授けさせて頂いておりますので、どうぞ皆さまお参り下さいませ。

7月1日 午前10時 大般若転読法要 虚空蔵菩薩様開眼法要

七月一日の大般若転読法要でも新たにお迎えする、大きな虚空蔵菩薩様の開眼法要を執行させて頂きます。

大きな智慧を頂き、善き道を皆様と歩めるよう一心にご祈念させて頂きます。

八月には夏休みを迎え、受験生とそのご家族には大切な時期となります。合格祈願などお申し込みに来られた際には手を合わされて、抱えていらっしゃるご不安を少しでも軽くされて下さいませ。

迷いが生まれやすい五月 急いで答えを出さず心安らかにすごしましょう

早いもので今年ももう五月、日中の日差しもだいぶ強いものになって来ましたね。

新年度の慌ただしさも次第に落ち着く時期になるので、溜まった疲れをゆっくりほぐしていきましょう。

そうは言っても、各地でイベントがある大型連休。ゴールデンウィーク前後は仕事に追われたり、せっかくの連休だからと行楽に励んでいると、体だけでなく心が張り詰めたり緩み過ぎたりしてしまうものです。

こういった期間は、体の疲労にも気が付かない事が多々あります。

知らず知らずのうちに溜まった負担はこれから暑くなるにしたがって、活力を奪う原因になりかねません。

新年度の勢いに乗ってやる気に満ち溢れていても、要所要所での息抜きは忘れずに無事に過ごす事が肝心と言えるでしょう。

新しい環境に慣れるため、成果を上げるため懸命に努力をした方々が息の抜きどころが分からなくなるのは、この時期でもあります。

いわゆる五月病というのものですね。
そういった状況で、新しい職場や学校はやはり自分に向いていないのではないか、と辞めてしまうのは考えもの。

理想と食い違いのある環境に無理をして身を置く必要は無いかもしれませんが、判断力が低下している状況で身の振り方を決めるのは控えた方が良いでしよう。

急いで結論を出そうとせず、ゆっくりこれからの日常に順応しながら答えを探しに行きましょう。

一人で悩みを抱えるようなら、観音院へご相談にお参り下さい。

三月二十一日(水)は、弘法大師さまの正御影供(しょうみえく)

春のお彼岸を迎えて「心の安全運転週間」として穏やかに暮らす

三月のお彼岸は、よく相談して、善い言葉と善い態度で生活しましょう。

春休みはご家族連れでお参り下さい。四月は「花まつり」の法要です。

三月二十一日(水)は、弘法大師さまの正御影供(しょうみえく)です。ご参拝ください。