燈籠奉納の十の功徳  観音院

お灯明をお上げすることは、自らの心に希望の灯火をともすことです。み仏さまの御加護を実家されて、慎重に、勇気をもってくらしましょう

燈籠奉納の十の功徳

■ご先祖さまや水子さまの追善(ついぜん)の供養、永代供養(えいたいくよう)の為に、お燈籠(とうろう)の光は最高のものとされる。

■将来が明るく照らされ子孫繁栄の導きがある。善い人間関係のもとに子供や孫が幸福を得て、明朗な人生を歩んで行ける。

■過去の悪因縁が断ち切られ善意が裏切られることが無くなる。また物事が裏目にでることが無くなり、人間関係が改善されて善き人との出会いがある。

■お燈籠の光明に照らされて、直感力が鋭くなり、仕事や商売に知恵を授かる。不幸な選択をすることがしだいに無くなる。

■み佛さまの光明に導かれ、人徳が高まり、世の中を照らす人格者になることができる。

■過去に自分の犯した罪障が浄められる。自らの悪い運命が転換されて、災いや厄難、悪意から守っていただける。

■社会や人のために尽くせるように、仕事や学問、事業・商売などに良い運が与えられる。

■寿命が尽きた時は苦しみ少なく浄土に導かれる。善き後生と善き輪廻転生が祈られる。燈籠は永代に灯され、毎日法要が執行されて無縁佛にならない。

■浄光により見方や目が守られて生活が明朗になり、醜い物事を見ることがしだいに無くなる。

■いかなる境遇にあっても献燈の功徳により、距離や時間、障害を超えて、み佛さまの不思議な御加護が信じられる。

燈籠供養と燈籠奉納について

【寅さん】 観音院で、十月の大事な行事と言えば、燈籠供養・萬燈会ですね。

【住職】 今年は十月十四日の午後一時からと、十八日の午前十一時からの二回、行うよ。

【寅さん】 燈籠を奉納されている方のための特別法要だから、その方達に往復ハガキでご案内が届くんですよね。

【住職】 その通り。法要の後で、燈籠供養のお知らせハガキと引き替えにお供物をお授けするから、忘れずに持ってきていただきたいね。

【寅さん】 昨年からは、灯篭を奉納していないけど燈籠供養の法要に出席したい人は、当日に般若心経ローソクをお供えすれば出席できることになりましたよね。だけど、ハガキでのご案内やお供物のお授けはないから、燈籠供養について知りた人も沢山いると思いますよ。

【住職】 それじゃ、少し説明しようか。

【寅さん】 少しと言わず、しっかり教えてください。観音院で法要に会う度に燈籠の明かりがきれいだなあと思っていますが、知り合いに訊かれても詳しいことを説明できないんでちょっと困っていたんです。

【住職】 み佛さまにお参りするとき、明かりやお線香、お花などをお供えするけど、明かりはご供養の中で、最もみ佛さまが喜ばれる勝れたものとされているんだよ。
この明かりを入れて永く輝きを保つお燈籠をお供えするのは、み佛さまを永代にご供養することにつながるわけだ。

観音院では、奉納の時に燈籠に込められたお願い事がかないますように、僧侶一同が日々の法要でご祈念させていただいているんだよ。

【寅さん】 そうだったのか。改めて聞くと、燈籠奉納は本当にありがたいご供養なんですね。

【住職】 そうだね。皆さんのお願いがかなうように、毎日丁重に法要を執行しているよ。皆さんにお寺が安心できるところだと思ってもらえたら、良いね。

十月七日『第一日曜日』午前十時より 大般若転読法要を執行

大般若会は「願掛け」の吉祥日 毎月第一日曜日 午前十時より

十月七日『第一日曜日』午前十時より
第四百五十一座大般若転読法要を執行致します。
お護摩は通算六万四千三百九十五座になります。
皆さまどうぞお参りくださいませ。

大般若転読法要は皆さまの先祖供養、所願成就、家内安全、学業成就をご祈祷して頂けます。

毎月第1日曜日の午前八時からはお寺の「お掃除の日」となっております。
難しい事は無いので初めての方でも安心してご参加頂けます。少し速めにお参り頂きお手伝いくださいませ。

被災者の方にお見舞い申し上げます 希望の光を見つけられますように

被災者の方にお見舞い申し上げます 希望の光を見つけられますように

【寅さん】 今年は本当に災害が多いですね。九月初めには台風が大阪を直撃して関西空港が使えなくなったし、その次は北海道で震度七の大地震があったし。七月の豪雨災害の被災地でも、まだ自宅の土砂を掻き出したりして大変な思いをしておられる方がおられるし、JRの在来線の復旧に時間が掛かっているから、まだ通じていない区間の人は当然出掛けるにのも不自由だけど、通じている区間の人も間引き運転で不便な思いをしていたりしますね。

【住職】 それでも、復旧復興に携わる人々の努力で、道路も線路も少しずつ通れる区間が増えているのはうれしいニュースだね。

【寅さん】 はい。それから停電があると、明かりに不自由するだけじゃなくて信号もエアコンも使えないから、改めて電気のありがたさがよく分かりました。

【住職】 本当だね。そういえば、今年は観音院に燈籠供養の申し込みをされる方が増えたような気がするな。

【寅さん】 観音院では、毎日3座の法要が年中無休で行われているから、ここに燈籠を奉納しておけば、いつか自分があの世に行く時も道しるべとして足元を照らしてくれるだろうと私も思います。

【住職】 自分の子孫だけじゃなくて知らない人達も手を合わせてくれる大日堂に燈籠を奉納して、自分が観音院にお参りに来ていたことの足跡を残しておきたいと言っておられた方もいらっしゃるよ。

【寅さん】 全て、毎日真面目に法要を執行しておられるからですね。これからもよろしくお願いしますよ。