法主さんの日常

法主さんの日常

元気な顔は僧侶の義務だと思います。

八月末に、温室で農作業をしてましたら、呼吸が切迫して来て、頭がボーっとなりました。 この時の温室は五十度を超えて居ました。熱中症ですね。 汗が止まること無くだらだらと流れ出ています。気分は最悪、熱中症は痛いし辛いし、直ぐに救急を呼ぶ...
法主さんの日常

一日一日を大切にして、皆様の多幸を

私の五十代は住職を譲って長老に就任したり、約七億円で観音院を建立したり、沢山の信徒さんの要望が叶うように祈願したりで多忙でした。 寺に近い役宅マンションの一室で原稿を書いてるとき、銅ぶき屋根は反射して眩しいから、醤油を塗って表面を銅色...
法主さんの日常

こんなこと無いと思ってたのに有ったんだ

夜は早く寝て、朝早く起きて、快眠快食、快便と思って、健康管理には自信を持っていましたが、睡眠中に鼾をかくことが有ると聞いて、主治医のところで検査してもらいました。 一晩検査機械を付けて睡眠し、先生に見てもらったら、無呼吸もある、血中酸素も...
法主さんの日常

物事はいろいろと考えてから行動

今月は障子の張り替え方です。 三世代同居なら教えてくれるかも知れないけど、最近はこんな知恵を持ってる人が少なくなった。 先ず張り替える障子を外して風呂に持ち込んで、浴槽に入れてシャワーで十分濡らす。紙は上から巻き下ろす。巻き取ったらタオ...
法主さんの日常

友達と交友することは大切なことです

私が出席を楽しみにしている同期会があります。旧制県立二中の最後の卒業生に相当します。 昭和五十八年以来、同期会は年を重ねて今年は第二十六回を迎えました。 第一回は昭和五十六年、このころはパソコンやワープロが普及を始めた頃です。中曽根総理...
法主さんの日常

詐欺師は横行する

最近、大金が闇に消える事件が多くて心配なことです。  約二千億円の年金が消失したAIJ事件。厚生年金五二九基金が利率五・五%前提、これは土台無理な話です。  中小企業が多く加入する六百八の厚生年金基金のうち五百二十九基金が、年金...
法主さんの日常

動かざること山の如し

観音院の布教も設備も慈悲の限界も、すべては融通無碍さまが始められたことです。原点としての立場は一寸たりとも動くこと無く、何が起きても世のために役立ちたいと願われています。  観音院き議事録が無い団体、経理が公開されていない団体とは提携...
法主さんの日常

天命を待つのが正しい生き方、一人でも生きる

心配なことは一杯あるけど、あれこれ気を使うと病気になります。  日本の人口は一億二千八百六十万人が五十年したら八千六百七十六万人。人口が三割減って、六十五歳以上の人は現在が二十三%、五十年後四十パーセントに増える。  年金会計は...
法主さんの日常

若い人たちの意見を大切にしながら

■今年は格別に朝晩が冷たく感じます。出歩いて信徒さまのお宅を訪問して、元気を分けて上げたい願っておりますが、今年は俗に傘寿と言われる年齢になりました。私自身は元気一杯でまだまだ努力したいと思いますが、「今日は寒いのでお気を付けて」と言われま...
法主さんの日常

世界的な景気の変調、試練の時代

■ギリシャがユーロの緊縮財政を受け入れて、その次はイタリアがIMFの管理下に這入りました。九十年代に入ると、ヨーロッパ連合(EU)との絡みで、公的企業の民営化や民間企業の再編といった形で、加盟国はそれぞれの経済・財政のさらなる構造再編を余儀...
タイトルとURLをコピーしました