融通無碍も走りまわってます

■主として日曜日、月曜日を中心として皆さんのご相談に乗るように一日三百キロ走る事もあります。

■心の癒しを求められる皆さんのご要望に応じて、何処までも行って上げたい。中にはホームページを作って上げたり、ご商売の展開の御相談に乗るため、ご要望があれば何処でも行くように努力しております。東京は品川プリンスくらいは何でもありません。

■近いうちには東北の信徒さんのお見舞いに行きたいと願っております。

 予定が立ち難く、突然ひょっこりとお邪魔する事になります。

ご要望はmaster@kannon-in.or.jp  か携帯電話090-9068-7777にご連絡賜わりますよう願い上げます。

■県内のお方は082-233-5000番にご連絡下されば伺います。電話のご相談も勿論承わります。夜間遅くは無理です。

■くれぐれも飲食等のお支度はなさらないで下さい。糖尿と腎臓に影響のある食事は日常召し上がられません。

■今、携帯曼荼羅を作成して居りますが縮小が大変困難で、小さくしても諸佛諸菩薩が見えるようにするには大変に苦労しました。それを金箔に包んで簡単に言えばお性根いれ作法をします。

 終わって金箔を剥ぎますが、どうしても修法した金箔が残ります。それが一見してゴミのように見えますが、正しく純金のかけらです。

■この携帯曼荼羅には諸佛諸菩薩のご加護があります。免許証と同じくらいの大きさで財布に入り携帯に便利です。十一月から領布致す運びになりました。

■但し郵送は致しません。ご参詣になられた方だけ受領の資格があります。命懸けもの修法ですから沢山は作る事が出来ません。

■低廉な葬儀についても工夫しています。葬儀斎場は観音院の横に建てられています。荘厳して有りますから、お棺と両側の生花一対と霊柩車とお迎えする車両費と焼き場料だけで済みます。祭祀料と会場使用料だけで低廉で可能です。詳しくは住職とご相談下さい。

■お正月にご不幸が有った場合はご遺体を別殿斎場で四日までお預かりできるようにしています。万一、お墓の用意が出来ない場合は檀信徒合同の墓に永代供養をすることができます。他の人の遺灰遺骨とご一緒になります。その様な訳で返還は不可能です。

■ご供養は寺が施主として永代にご供養しますからご安心頂けます。ここには私の遺骨も一緒に入れられます。お遺骨を入れるカロートは大きく作られています。万一あの世で迷われたら、私が死して涅槃に赴かず、責任をもってご案内申し上げます。

■お納骨料は、身寄りのない人は生前のお約束通りに致します。

■生前戒名については、ご希望をお尋ねして立派な院号居士を授けます。

■お遺骨を皆と一緒にすることに抵抗や迷いが有る方も多いと思いますが、あの世でも寂しく無く過ごせます。

 今、大日堂にお遺骨とお遺灰が収められるよう保健所に申請していますが、此処は一人百グラムの規則が有ります。お遺骨は全部残さず蒐骨される方が有りますが現代にそぐいません。咽喉佛くらいをお持ち帰り下さい。米国等では完全に灰になるまで焼きます。

■何れの場合も年中無休毎日朝昼晩の三座にわたり僧侶が丁重に供養致します。無縁佛になる事は絶対ありません。

■先祖代々の御墓は明治以前のしきたりでした。しかし多くの御墓が三代で無縁になっています。永代供養をするのには皆さまの協力と正しい理解が必要になります。少子高齢化の現代では二代で無縁になる例も多く見られます。

■何かの理由でお遺骨が無い場合も多く有ります。個人の日常使われていた物もお遺骨と同じ扱いになります。

世界的な景気の変調、試練の時代

■法主さんはよくソゴウ百貨店に行かれました。最近はブランド物は見向きもされません。ユメタウンやユニクロ、無印良品などから必用なものを求められます。品質については良く吟味される方ですから、ソゴウで無くても必要なものが調達できるようになったのです。

■取り分けて節約というような方は考えられない方でしたが、消費傾向がとても変化され、普通の消費者になられました。

■物価は上昇していませんので、法主さんの消費の絶対量が減り、節約もなされるように変化されました。

■新聞の折り込みなどは見られない方でしたが、買いたいものがあっても、直ぐには飛び付かず、比較して、時には買わないままで過ごされることもあります。

■車を買い変えられましたが、丈夫て安全第一、ハイブリッドは電池の買い変えが大変と敬遠されました。

■十月初めに車を買い変えられました。今度はトヨタのMARK X PREMIUM Lだそうです。安全第一で、遠乗りをされる事が多いので少し運転が楽になったと言われます。安全装置が良く、安全の工夫が随所にしてあるので少し安心だそうです。横に乗せてもらいましたが運転は本当に安全第一です。決して交通違反は成されません。車の経費は寺から一切受けられません。気が向かれると、沖縄から北海道の果てでも事と次第ではお出掛けになると思います。

 体調には大変に気を付けられて、お年に関わらず、相当節制されていて、とても七十八歳とは見えないご様子です。

■法主様は顔色も良く、何処が悪いのかと思われるようにつやつやとしてられます。糖尿との事で五穀断ちされて肉食性で生きておられましたが、今度は蛋白が多いそうです。食事制限が厳しくなりました。三日くらい絶食されて、今度糖質と蛋白制限で生きていかれるそうです。

■何かの書類で誕生日を書く時に千九百三十三年と書くところを昭和三十三と書かれて二十歳以上間違って居られるのに本人も誰も気がつかれない。まあいろいろな事が御座います。

■楽しみと言えば信徒様の家内安全と願望成就の話を聞かれることです。

■本は沢山読まれます。今月は七冊それに日経のメディカルやらパソコンやら随分と購読されています。勿論積読もなされます。読まなくてはといった態度は毛頭ありません。気が向いた時に本が有ればといった読書です。本を読みながら良く昼寝をされてます。

■長時間入浴はされません。毎日這入られるので洗うところが無いのでしょう。

■食事は調理に十分、食すのに五分、洗い終わられるのに五分。素晴らしく要領の良い方です。自炊はお気の毒です。

■法主様のお仕事は信徒様の願望を叶えて上げることと、多幸を祈念されることに限られています。

■皆さまのこれから先の経済的困窮をとても心配されています。今は円高ですが、この通貨の価値がどのように動くか見当が付かれないのです。土地の価格は連続下がり続けています。酷い所は十年前の半額になっています。野菜のように価格が気象的条件で著しく乱高下するものもあります。

■東北五県の復興は一時的には国家の費用ですると現政府は言ってますが、その財源は有りません。短い期間の復興特需は起きますが財源は足りません。

■福島の完全復興には原爆の犠牲を払った広島の経験から言えば、単純に三十年、放射能による影響は五十年か六十年の歳月を必要とするでしょう。

■原発については断固反対の立場ですが、応急の修理や手当て後に、これで運転は大丈夫と手入れ中の物も再稼働されることになるのが、産業界の流れだと思います。電気産業の米と言われるレアアースは高騰を続け、企業の海外進出が続きます。失業者は増加します。公務員の給与の削減と、人員の減少は決まっています。何れにせよ少子高齢化の上の経済危機ですから人々は困難に直面します。

▼年金と医療は財政の裏付けが無いので、末細りとなりましょう。働く人少なくなる状態で現在の状態が維持されるとは思えません。福祉と税収のバランスは取りようが有りません。

■一番怖いのは銀行の連鎖破綻で通貨の価値が失われることです。銀行の破綻連鎖を防ぐために各国とも公費を注入する努力は見せますが、公費にも際限があると思います。

■物価の底の見極めは極めて難しいことですが、なるべく正確を期して手に入れれば少しは役に立つでしょう。

■経済危機がどのように進行するか不透明です。何方も知らないような角度から来ると思います。対策を立てる事は大変に困難です。経済は思いもしない方法で立ち直ろうとする傾向がありますから、注意深く情報を収集して対処して下さい。

▼このような時に「美味い話が囁かれ」詐欺的経済活動が跋扈すると思われます。どうか「美味い話」にはくれぐれも気を付けて下さい。

■今般の経済的危機は世界不況とも申すべきもので日本一国で乗切る事は困難かもしれません。ユーロの異常な値下がりやドル安は只事とは思われません。どうか法主さんが心配されるような事が起きない事が願われます。

■危機を乗り越えるには艱難辛苦に耐える心構えが大切です。どんな仕事にでも耐えて生き延びる事が大切です。職業を選ぶ自由は無いと考えると無難です。

■皆さんが平穏な日常を過ごされるようにみ佛さまに毎日お祈りをされておられます。

■日本は大変に困難な方向に向いていますが、このような時こそ倫理道徳が大切になされねばなりません。

■不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋恚、不邪見などの戒律を大切にして「いたわり、慈しみ、思い遣り、相手の立場で考える」こと大切にして絆大切にして生き抜いて下さい。

■軽率な投資は絶対になさらないで下さい。余程確実な事でも十分に検討してから実行に移してください。法主さまの処には膨大な情報が集まりますので、判断に困られたらご相談下さい。

五十二歳で引退されて今年七十八歳

引退は早過ぎました、五十二歳で責任を若いお坊さんに譲られて、後継者の育成に努力されました。現在の住職さんが三十七歳の時です。住職さんには艱難辛苦があったとお察ししています。華照さんは愚痴ひとつ言わず黙々と総務の仕事をこなされました。前住職は頭脳明晰なんて生易しいものではありません。交際のある人は何処まで物を知ってるのか見当が付かないと言われます。

 とても良く拝まれる僧侶です。住職も当然に見習われます。九月四日の日曜日午前十時より大般若転読法要第三百十四座を執行されました。お護摩は五万六千座を超えました。年中無休の法要は不可能な事です。

 引退してからも、良く学び、良く礼拝されてます。
観自在編集部
信徒様の事が一番大切
全ての事に優先して行動
 引退されたご僧侶を融通無碍と称されていますが、これにはもうひとつの引退がありました。融通無碍さまは鈴之僧正と言う名前で知られて居ました。

 先の役員会で、そのお名前を住職に差し上げられたのです。

 融通無碍は四文字熟語で「全ての考え方にとらわれることなく、どんな事態にも滞りなく対応できる」人のことを指します。ありふれた熟語ですが、ご自分の名称を融通無碍と称された僧侶は聞いたことがありません。

 五穀は召し上がられません。甘い物は一切だめです。体調はすこぶる健康でおられます。

 断固として禁酒禁煙です。洗濯、掃除、調理も全部ご自分でなされます。

 寺の本来の目的以外のことは絶対になされることはありません。

 それでいて、とても皆様に気さくに交際されていて、「気は心」と言ってカンロ飴を二つ、何方にでも差し上げて居られます。相手が要らないと言われれば引っ込められます。

 観音院に来られない人が会いたいと言われれば、何処にでも出かけられます。原則自動車を運転して行かれます。車で移動されるのは、色々な荷物が多いからです。

 パソコン二台と無線ルーターと、法衣一式と、着替え一式などです。携帯電話もアイフォンとアイパッドとドコモとソフトバンクを持っておられます。

 融通無碍さまに帰依される信徒は多く二十万人とも三十万人とも言われます。ご自分のパソコンに整理されていて、個人秘が多く、中身を見る事は誰にも認めて居られません。自分が知り得た個人情報は、例え死す事があっても、そのまま持ち行くと言われます。

 観音院の内持佛の下に融通さまの部屋が有ります。一度に十人が会議を開ける責任役員会議室、隣は運動ジム。手前に図書室、準備室、印鑑とお札の制作室があります。

 会議室の隣に自室をお持ちです。台所、風呂、トイレ、寝室があります。この部屋に這入る事は何方もご遠慮下さい。融通さまは観音院の門前の大日堂にお暮らしのことも有ります。

 大日堂の須弥檀は四十二個の重い金庫が縦横上下の揺れを感知するように設置してあり、地震の際には貼られた金箔の表面に地震の性質により、方角や直下型など独特の跡が刻まれます。

 般若心経蝋燭も地震の前には火芯が傾き、地震の来る方向の蝋の池が零れると言う傾向があります。これは物凄い暮らしの知恵です。

 これらは融通さまの言われることで科学的には解明されて居ません。

 此処にはケーブルテレビもパソコンの光ファイルも曳いてありますので、総合判断して利用しています。

 この金庫の中には融通無碍さまが書かれた原稿や文書ファイル、永代供養のお約束を彫刻した二層板などが保存されています。

 個人を特定するDNAの保存永代供養も計画されていますが、倫理規定など有識者の判断を得て決めることになりそうです。故人の特定するものは遺骨かDNAかと言う事になりますとDNAと言う事になります。従来の納骨供養堂とは異なり最新の技術の成果になりましょう。

 その他、ご遺言で話されたい3D画像(立体テレビ)を保存できる設備も整いました。これも倫理規定が必要ですし、遺言とするには法律的手続きに基づく自筆、秘密、公正証書によらなければ効力がありません。信徒さまの生存中のもので子孫に残されたい物をお預かりする予定です。容量は十センチ角のものとなりそうです。

 永代供養料は融通無碍さまのご希望により全て無料です。お納めになった物は融通無碍さまの所有されたものとして、観音院の住職が供養管理を行います。

 何だか話が難しくなりましたが、簡単に言えば、人が死んで衛生上焼却すると遺骨が残る。遺骨をアメリカのように良く焼けば遺灰が残る。

 人間は精子と卵子の結合、受胎により始まり、出生し、成長し、多くの場合は子供を持ち、やがて老いて死ぬる。それを如何ようにするかは遺伝子が関わります。遺骨遺灰は主な成分はカルシュウムで、どれも同じで誰の遺骨と分別する方法はありません。

 遺伝子はその人固有のもので同じものは皆無と言って良いでしょう、その人そのものと言われます。

 遺伝子の採取は口内の粘膜細胞をぬぐうだけですので、まったく痛みはありません。サンプルの保管は、愛知県歯科医師会の場合は委託を受けた保管業者により、厳重な管理の元で六年間保管されます。

 個人情報保護を徹底するため、サンプルには管理ナンバーだけが記入され、サンプルはその番号で保管されます。

 費用は一万五百円(税込み)です。広島では未だ話を聞きませんが、遅かれ普及すると思います。これは今般の東日本大震災の被災者の身元を証明するため等に使用されるのが目的です。

 遺伝子は限りなく霊魂そのものであり、遺骨は限りなくカルシュウムに近いと言えます。

 さりとて遺骨を散骨するのも宇宙に打ち上げるシステムも有りますが、日本人の遺された形を供養する心情も十分に理解が出来ます。

 融通無碍さまは自由自在に考えて、善き結論を見出されます。最近は読書量も増え、良く食べ、良く運動し、長生きして皆様のお役に立ちたいと願って過ごされています。

不景気は今まで体験したものより凄い

■最近百円パーキングが増えました。マンション建てて、それを貸して生計を立てている人を知っていますが、修繕やら、税金やらで、更地で百円パーキングにして置けば良かったと愚痴を申されます。

 空きビルが目立ちますね。観音院の前も建った時から空きビルです。

 バブルの最中に建てて、建築費が高く付いていますから、安く貸す事も不可能です。

■二軒の文房具屋さんが有って、一軒は銀行から借りて新築の文房具店、もう一軒は借金はしないで古いままで営業されていましたが、新築の方は破綻。古い店は残ったと言う話を聞きました。

郊外型のショッピングセンターも便利ですが、その陰で駐車場の無いお店や品揃えが出来ないお店を閉店に追い込んでいます。便利になったと喜んでばかりでは居られません。

■今年の暑さは尋常ではありませんでした。熱中症で沢山の人が亡くなられました。

 体温より高い気温を沢山の人が体験なされました。車のフロントの上で卵焼きが出来るくらいでした。 

 農業に関わる人々は作物の育ちに気温が関係しますので大変です。

 円高は輸出に関わる人々を大変に苦しめています。

 どの国も経済不況に苦しんでいます。世界中が経済危機です。アメリカ国債の格付けが一段下げられました。

 このような経済的危機を知りません、ですから私はあれこれ申す資格は有りません。

■過ぎ去った色々な事を回顧する事がありますが、過ぎ去った事は全て幸せであったと定義しています。不幸なんて一度も有りませんでした。全ての事は現在の幸福の基であったと思います。

■生きて居りますれば、様々な事が起き、これから先に私に降りかかる出来事は全て幸せの種と思います。過去にも将来にも不幸の種なんて無いと固く信じています。

 過去に嫌な思い出が有り、将来にも不幸が待ち受けていると思う人は、考えを変えて下さい。

 将来か、近い将来にまた震災が起きるかも知れませんね。自動車事故で死ぬかも知れませんね。生きてる以上、悪疾、不治の癌などになるかも知れません。私はこれらを全て幸せの種と信じています。

 ですから、何が起きようと心は揺るぎません。楽天的か極楽蜻蛉みたいな考え方とは異なります。

 どう異なるか、無造作に日々を過ごすのでは無く、注意深く、細心の注意で日々を過ごして行く、つまりは悟りのようなものです。

 地獄も極楽も同じように楽しみ多きところに成したいと願います。生死に関して不安は有りません。老いる事も興味深く楽しみ多き事とします。

■最近、地震速報が多くなりました。東京へ行くのが怖いと言うより、東海東南海、南海の三連動の地震、これは楽しめませんが、三十年間に起きる確率が六十八%あるとか。これは明日に起きても不思議は無いと言う事です。広島にいても大変な事になります。ですから、日本の何処に居ても安心は出来ませんね。

■子孫に安心して住める家と仕事を与えたいと願います。

 苦労は多くの場合に人を大きく成長させます。観音院は相当凄い基礎工事をしていますが、地震の規模は起きてみないと規模は分かりません。凄い基礎でも饅頭くらいかも知れないのです。これで完全と言えないのが地震対策です。

■日本人の多くは理論や理屈を過信していたと思います。その理屈を元として色々な法律が出来る。そして許認可がなされています。多くの耐震基準を満たさない建物が大問題になったのは皆さんも良く知っておられるところです。

 これは建物に限らず色々な役所の権限になっていて不要な仕事に精出している公務員が沢山おられます。仕分けも結構ですが、不要で現実的でない法律は改廃すべきです。

■あっと言う間に年末です。年末は資金繰り、聞いた話ですが、土地建物に一番抵当と二番抵当を付けておられました。一番抵当の銀行には几帳面に支払い、二番抵当の方を支払を疎かにされました。

 ところが二番抵当の方が競売を申し立てられた。競売にされても一番抵当に充当されて競売を申し立てた金融機関には利益がありません。

 不思議に思って聞きに行きました。二番抵当の会社はその地区から撤退の予定で残務処理をしていると言われました。借りている方の論理では無く、貸している金融機関の論理でした。

 ですから、年末の資金繰りはよくよく念を押して確実に準備して下さい。

 お寺に三日だけ一週間だけという掛け込み融通の申し込みがありますが、お寺は金融能力皆無で禁止されています。

■お正月料理を準備される家庭は少なくなりました。コンビニやスーパーで二十四時間営業の店は少なくありません。

■先日、ゆめタウンに行って驚きました、市内中心部の百貨店よりは駐車場も大きくて便利、品揃えも豊富です。お客さんも百貨店凌ぎ、かつ楽しい雰囲気です。

■これではお客が郊外型大規模店舗に流れても致し方がありません。進物品は有名百貨店で、日常品はゆめタウンで考えるのが自然ですね。

■中心部は土地は高いし、纏まった大きな場所も無いし、これが自然の流れだろうかと経済環境の変化が怖くなりました。

■このような環境の激変で閉店された店も沢山に知っています。その店一つずつに店主の家庭があり、場合によっては従業員の家庭が有るのですから、何とも気の毒で言葉も有りません。

■大きな帯屋さんの倒産の相談にのりました。市内中心部に居られる老舗呉服店の売上不振が原因とのことでした。

■もうぼつぼつと年末年始は色々と忙しく、年を越すのは本当に大変ですね。観音院の職員も年始のお客さまに応対する準備を忙しくしております。年末までに観自在の原稿も年末用に正月用と出来れば二月号を用意しなければなりません。

糖尿病を治療するためと何やかや

■六月一日
【朝】鮭一切れ牛乳百cc
   食後大便健康なのが普通に残便感無
【昼】豚カツ百五十g
   チーズ五十gと枝豆百g
【夜】ハゲ小の水だき二尾と白菜百g
   トマト百g
・通常の服薬はオブラートに水百cc
・室温三十℃体感二十八℃湿度五十%
・十九時~入浴四十五℃ 気分悪し。
二十一時十分
・高九十九低五十二 P=82
・背中に汗が出て気分悪く、両手の指が痺れた、十分くらい。右肩少し痛い。
・救心五錠服用 計算能力普通。
・口渇有り
・お茶二百cc
二十二時
・高九十二低五十二 P=81
・口渇消える、 睡眠剤服用 
二十二時半
・高八十八低五十四 P=78

■完全に糖質不摂取で過ごされてます。お医者さんの指導は少しはご飯も食べた方が良いと言われますので、パパライス普通の方の四分の一を食される事になられましたがなかなか食べられません。頭の中は糖質不摂取の方針頑固。

 頭の運動、瞑想などは大変なエネルギーを消費しますので、パソコンの隣には必ず金平糖の入れ物が置いて有りましたが、最近は金平糖は食べられません。体内脂肪が血糖を補ってるとかで少し頬の肉もお腹の出っ張りも一回り小さくなられたようです。

 三日にあげず主治医を尋ねられ、血糖値の検査をして貰われています。

 生活を変えるのは患者の意志で決まりますが、それを評価観察指導して貰われるのに医師の診察は欠かせません。

 気分や体調に留意されて決して無理をなさる事はありません。

 観自在の原稿もパソコンで書いて居られます。普通の原稿と異なるのは何頁にこの写真で何行目何段何行と指定してあり、割り付けが成されています。編集が同時に成されています。とても便利で印刷する人にも親切です。

 最近NHKのBSプレミアムを良くご覧に成って居られます。多くは昔に旅行された世界遺産が殆どですが、僅かな間に大きく変わって居る事に驚いて居られます。

 近頃は政治に対する感心が著しく低くくなられました。現職の総理が盟友からペテン師と罵られる有様です。

 総理の時期不明の退陣表明、続いて起きた大連立構想。震災や原発事故を政治で何とかしようとする責任感があるのだろうか・・・と思われています。

 急用があるのに渋滞に嵌ってしまった時のいらいらと同じだそうです。

 政治家が如何あれ日本は間違いなく復興すると思われています。日本の官僚は優秀で政治家よりは官僚を信頼されているようです。

 解散総選挙を心から望んでおられます。日本の将来が見えて来ないと言われます。

 内乱や暴動が起きないのは多分に警察や自衛隊の優秀なせいだろうと言って居られました。

 経済も停滞が続くだろうし日本の将来にあまり良い事が無さそうで若い人達が可哀そうだと言っておられました。

 一番気にしておられる事は若い人たちから勤勉の精神が低下している事です。勤勉の精神が無いと他人を思いやる心の余裕が生まれ無いからです。

 心配する親に甘えるだけ甘えて、大人になっても嘘を吐き、親が死ぬまでお金をむしり取り、或は盗み、それでいて親を馬鹿にし、罵り困惑する親が相談に来られます。

 代表的な親は菅総理です。こんなのが子供の心に、青年の心に微妙に影響を与えます。多くの政治家はペテン師嘘吐きです。民主等のマニフェストは大の大人が造ったものです。嘘の見本

●四年間でマニフェストを実行する→
■外国人参政権や夫婦別姓など、マニフェストに無い法案を全力で推進。

●子供手当てを出します→
■満額支給断念。地方が負担(国籍不問=在日、出稼ぎ外国人が母国に残して来た子供にも支給、養子でも構わない)

●埋.蔵.金を発掘します→
■埋.蔵.金はありませんでした。

●公共事業九、一兆円のムダを削減→
■削減は〇、六兆円だけ。

●天下りは許さない→
■郵政三役を天下りさせた。

●公務員の人件費二割削減→
■法案を再来年以降に先送り。天下り先も無くすと更に肥大化。

●増税はしません→
■扶養控除、配偶者控除の廃止、タバコ税と酒税を増税、相続税と内部留保課税、消費税、所得税の増税も検討、環境税導入も検討。

●暫定税率を廃止します→
■維持しました(自動車取得税、自動車重量税、軽油取引税、揮発油税・地方道路税)

●赤字国債を抑制します→
■過去最大の赤字国債を発行(総額四十四兆円)

●クリーンな政治をします→
■鳩山小沢北教組の違法献金と脱税、現職議員逮捕、議員辞職も離党もせず

●沖縄基地は最低でも県外に移設→
■県外移設断念「『最低でも県外』は民主党の公約ではなく、私自身の代表としての発言」(鳩山)

●内需拡大して景気回復をします→
■デフレ進行、景気対策補正予算の執行停止●二酸化炭素 二十五%削減表明、鳩山不況に突入しました

●コンクリートから人へ→
■道路整備事業費が六百八億円増(民主の弱い選挙区へ)ホワイトビーチ埋め立てに一兆円。

●高速道路は無料化します→
■土日千円やめて値上げします。

●ガソリン税廃止→
■そうでしたっけ?フフフ

●消えた年金記録を徹底調査→
■「年金記録を回復する必要性は薄れた」

●医療機関を充実します→
■日本の医師免許を持たない外国医師の診療を可能にする制度改正を検討。

●農家の戸別保障→
■政府米買入れ廃止で米価暴落、農家悲鳴

●最低時給千円→
■何それ。

●いや未だいろいろ有ります。