施餓鬼供養(せがきくよう)の始まり

施餓鬼供養(せがきくよう)の始まり

施餓鬼会の由来は、お大師さまが唐から請来(しょうらい)された佛典の「焔口餓鬼陀羅尼経(えんくがきだらにきょう)」に説かれています。

お釈迦(しゃか)さまの弟子の阿難尊者(あなんそんじゃ)が夜、静かなところで修業していますと、焔口(えんく)という餓鬼があらわれました。やや衰えた、恐ろしい形相の餓鬼でした。

その餓鬼は、阿難尊者に向って「三日の後、汝(なんじ)の命は尽きて、われらと同じ餓鬼となるだろう」と言います。
阿難は驚いて、その難から免(まぬが)れる方法を問うと、餓鬼は「餓鬼道にいる苦の衆生(しゅじょう)、あらゆる困苦の衆生に対して飲食(おんじき)を施し、三宝(さんぽう)「佛・法・僧伽(そうぎゃ)」を供養すれば汝の寿命は延び、我も苦難を脱することができる」と言います。

阿難尊者は悩んでお釈迦さまに救いを求めたところ、お釈迦さまは陀羅尼(だらに)を説かれ「施餓鬼の法」を経示されました。

お釈迦さまは「餓鬼の言うのは真実であるが、恐れおののくことは無い。観世音菩薩からひとつのありがたい秘呪を授かっている。一器の食物を供え、この「加持飲食陀羅尼(かじおんじきだらに)」を唱えて加持すれば、その食べ物は無量の食物となり、一切の餓鬼並びに修行者たちは充分に空腹を満たされ、無量無数の苦難のものを救い、その施主は”寿命が延長”するだけでなく、その功徳によって”佛道を証得する“ことができる」と説かれました。

自分のご先祖はもとより、供養されていない可哀想な精霊、無縁の精霊、すべての生きとし生けるものへの慈悲をめぐらす尊いご供養であるとされています。

阿難尊者はお釈迦さまの教えに従い、施食(せじき)せられたところ、焔口の言ったように寿命は延長し、お釈迦さまに奉侍(ほうじ)すること二十余年、菩提(ぼだい)を証することができたといわれ、これが施餓鬼の起源といわれます。

供養にめぐまれない全ての精霊に供養されます。五如来の旗が立てられ三界萬霊のお位牌が安置され、お洗米と餓鬼の細い喉にも通るように野菜を細かく刻んだもの、甘露水(かんろすい)などをお供えします。

施餓鬼供養文は、観音院の常用経典「まことの道」百八ページ、または、観自在九月号八ページにありますので、ご法要で、ご家庭でお唱えしましょう。

お彼岸は、相手の立場になって物事を考えて、善い言葉と善い態度で日々を優しく生活し、暖かい家庭と善い人間関係を築く努力をして、み佛さまに報恩感謝の祈りを捧げましょう。

この世で善行を積むために 入壇得度ご修行をしましょう

観音院で今までに為された葬儀で一番盛大だったのは日常法要に参加される出仕者のご僧侶の葬儀でありました。
沢山の友人僧侶が出仕して数十名の僧侶が冥福を祈られる真に盛大で荘厳に満ちたものでありました。この方は観音院で得度を受けて僧侶として法要に出仕している事を誰にも告げて居られなかったのです。

ご病気になられてから臨終に至るまで院家さんや住職さんが再三お見舞いに行かれました。

臨終には院家さんの手を持って「これで何も不安は無い」と言われながら旅立たれました。葬儀には民生委員の方が同席されましたが、「こんな立派な葬儀は見たことが無い」と言われていました。

入壇して得度を受けられるには、観音院の大般若経一巻をご寄附頂き正式なご縁を経典に書き残します。

身内が無い人には万一の際に観音院へ連絡を依頼する枕元に置けるクリスタルの立派な置物を差し上げています。

得度には空衣(うつお)、如法衣(にょほうえ・お袈装の事)、白衣、半襦袢、女性の場合は裾よけ、白帯、白足袋、草履等の費用が大略五万六千円。その他、ご出仕頂く際に着用される作務衣が必要です。

ご修行は大体週に一日、月五回ぐらい観音院にお越し下さりご奉仕下さい。

僧侶として僧の形を維持しご奉仕下さる人は戸籍名を僧名に変更する手続きが可能になります。

新聞で報道されていたように銀行取引が停止された人が誤魔化すために改名される事には断固として協力しません。このような事はあってはならない不祥事です。

そしてご修行は出来ないが、生前に戒名を欲しいと望まれる方も入壇得度は絶対条件です。

いずれにしても葬儀については一切の心配が無くなります。もし、這入るお墓が無い場合には院家様の収まられる大日堂の中に一緒にお祀りして貰う事が可能になります。

観音院の膨大な書籍は一般には貸出していませんが、入壇得度者には図書室で閲覧が可能となります。図書の貸し出しはいたしません。

取り分けて一般の信徒さんとの差別は有りませんが、日常生活や葬儀の場合は院家さんや住職さんの家族に並んで待遇しております。

家族と縁が薄く、葬儀が心配だと思われる方は、この際生前戒名を受けられるようにお勧めいたします。

僧形となってご出仕下さる方々の仏縁は多大な功徳を積まれる行為であり、ご自身は勿論、先祖代々のご供養になる大変に立派な行為です。思い切って入壇得度を受けて下さい。

締切:九月二十一日必着  入壇日:十月二十三日 午後一時から

奉納について

奉納は原則として観音院にご持参いただいております。佛画は折り曲げずお持ち下さい。また、奉納された佛画は返却できません。

お参りの際には是非、ご法要にお会い下さい。

定例法要は毎日、午前十時、正午十二時、午後二時の三回で年中無休です。

どうしても参拝が無理で郵送される場合は、厚紙を当てて封筒の表に赤字で「二つ折り厳禁」と表記して下さい。また、佛画の奉納料の現金は絶対に同封しないで下さい。奉納料は別便で現金書留か郵便振替を利用して下さい。

佛画の表に氏名やサイン、押印が入れてあると、礼拝の対象になりませんので、ご注意下さい。

別の紙に、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、学生または職業、郵便番号、住所、電話番号を記入され、佛画の裏に貼って下さい。

ご奉納いただきました佛画は、観音院にお祀りして、丁重にご供養させていただきます。

ccf20160825_00014

 

み佛さまの描き方

写佛は難しそうだからとても無理、なんて思わないで下さい。お絵描き、塗り絵の対象が、み佛さまになっただけのことです。

紙の厚さは自由ですが、サイズは「A4縦」に限ります。

輪郭は、ご自分で描かれても良いし、難しいと思われる方は手本をA4に拡大コピーしてから上に薄い紙を乗せてなぞる方法でも構いません。
なぞる時に黒ではなく、「薄い黄色」を使われると、後で薄い色を塗りたい場合に輪郭が強調されすぎず、綺麗に仕上がります。

輪郭が出来たら後は色を塗るだけです。色はご自分の思うように、また、背景にも忘れず色をつけて下さい。絵具は日本画用に限らず、身近にあるもので結構です。心を込め、丁寧に色を塗って下さい。

案外と簡単に出来ますので、初めから苦手と決めつけず一度挑戦してみて下さい。もちろん、子供さんにも出来ます。また輪郭が上手く描けない小さな子供さんは、大人の方が手伝ってあげて構いません。色を塗るだけなら、幼い子供たちにも出来ると思います。親子合作も大歓迎です。

写佛を始める前には、手と顔を洗い口を漱ぎます。

合掌礼拝し般若心経を一巻お唱えしてから描き始めます。筆を置く時も合掌礼拝します。

 

ccf20160825_00014

写佛(しゃぶつ)

写佛(しゃぶつ)
佛画(ぶつが)を写し描くことを、写佛といいます。み佛さまを描くことは、それ自体が功徳(くどく)あることです。また、佛画を奉納されるとみ佛されるとみ佛さまとの善き縁が深まります。

一枚描いて、一度で上手に出来ればそれで良いのですが、何枚も練習して描かれた時は、一番良く出来たものをお寺に奉納します。

これは、写経(しゃきょう)も同じですが、練習した分は奉納しません。ご自分で処分するのが気にかかる方は、お焚き上げをお願いされて下さい。

 

ccf20160825_00014