五月七日『第一日曜日』午前十時より大般若転読法要を執行

五月七日『第一日曜日』午前十時より
第四百三十四座大般若転読法要を執行いたします。
お護摩は通算六万二千八百三十八座になります。

五月は幼くして亡くなったお子や有縁(水子)さま供養の月

この世の光を全く、あるいはわずかしか見ることが出来なかったお子さまのご供養。それだけでなく、自分までつながってきたご先祖さまの供養、有縁無縁精霊のご供養にお参りされる方も多くいらっしゃいます。

ご先祖さまのご供養や、これまで自分の力になってくれた生きとし生ける物すべてに感謝して有縁無縁精霊のご供養をなされれば幸いでございます。

5月7日の大般若会

5月7日の大般若会は、観音院先師代々、並びに檀信徒の皆さまの有縁無縁の精霊さまの総合法要を執行いたします。

ご参拝の際に、駐車違反とならぬようにご配慮ください。

慌ただしさも一段落 ゆっくりのんびり進みましょう

慌ただしさも一段落 ゆっくりのんびり進みましょう

慌ただしい年度始めも過ぎて、どこかでほっとする五月になりますね。

観音院も四月に行われた役員会が無事に終わり、一息つけるかなというところ。

ほっとした所にゴールデンウィークがやって来て、気持ちの切り替えがうまく出来ないまま、なんだかぼんやりしてばかりにならないよう、生活にメリハリをつけると良いですね。

そうは言っても、のんびりとした心穏やかな時間はとても大切です。あまり気を張り過ぎて、この時間をふいにするのも勿体無い話ですね。

五月はご供養の月でもあるので、のんびりゆっくりとお寺にお参りされて、心静かにご法要に会わせるのも良いでしよう。

そうそう、ご法要に参加される時や院内に上がられる際に、杖を持ってお上がりになられない方がいらっしゃいます。畳や床を汚さないようにというお気遣いはまことに有り難いですが、万一転倒なさっては折角のご参拝が台無しになりかねないですからね。

ご遠慮なく杖をお持ちになってお上がり下さいませ。

またお足下がご不安な方は、ご焼香のご案内の際にお声をおかけ下さい。
お席まで焼香台をお持ちしますよ。

せっかくお参りしたのだからと内陣へと上がり、そこで躓いてしまうのはあまり縁起が良い事ではありませんので、「今日はちょっと調子が良くないな」と感じたら、無理をされないでくださいね。

どこで手を合わされるかよりも、どれだけ心を込めて手を合わされるかがとても大切なんですよ。

元気に穏やかにお参り下さいませ。

GW開運福掴み

4月29日(土)から5月7日(日)まで、ご好評いただいておりますお菓子の掴み取り、「開運福掴み」を実施致します。
また、夏越祈願が始まる6月1日から7月7日の七夕祭にも実施する予定となっております。

皆さま是非ご法要に参加されて、たっぷりの福を手にされて下さいませ。

多数用意しておりますか、出尽くしの折はこ容赦くださいませ。