7月1日 午前10時 大般若転読法要 虚空蔵菩薩様開眼法要

七月一日の大般若転読法要でも新たにお迎えする、大きな虚空蔵菩薩様の開眼法要を執行させて頂きます。

大きな智慧を頂き、善き道を皆様と歩めるよう一心にご祈念させて頂きます。

八月には夏休みを迎え、受験生とそのご家族には大切な時期となります。合格祈願などお申し込みに来られた際には手を合わされて、抱えていらっしゃるご不安を少しでも軽くされて下さいませ。

迷いが生まれやすい五月 急いで答えを出さず心安らかにすごしましょう

早いもので今年ももう五月、日中の日差しもだいぶ強いものになって来ましたね。

新年度の慌ただしさも次第に落ち着く時期になるので、溜まった疲れをゆっくりほぐしていきましょう。

そうは言っても、各地でイベントがある大型連休。ゴールデンウィーク前後は仕事に追われたり、せっかくの連休だからと行楽に励んでいると、体だけでなく心が張り詰めたり緩み過ぎたりしてしまうものです。

こういった期間は、体の疲労にも気が付かない事が多々あります。

知らず知らずのうちに溜まった負担はこれから暑くなるにしたがって、活力を奪う原因になりかねません。

新年度の勢いに乗ってやる気に満ち溢れていても、要所要所での息抜きは忘れずに無事に過ごす事が肝心と言えるでしょう。

新しい環境に慣れるため、成果を上げるため懸命に努力をした方々が息の抜きどころが分からなくなるのは、この時期でもあります。

いわゆる五月病というのものですね。
そういった状況で、新しい職場や学校はやはり自分に向いていないのではないか、と辞めてしまうのは考えもの。

理想と食い違いのある環境に無理をして身を置く必要は無いかもしれませんが、判断力が低下している状況で身の振り方を決めるのは控えた方が良いでしよう。

急いで結論を出そうとせず、ゆっくりこれからの日常に順応しながら答えを探しに行きましょう。

一人で悩みを抱えるようなら、観音院へご相談にお参り下さい。

三月二十一日(水)は、弘法大師さまの正御影供(しょうみえく)

春のお彼岸を迎えて「心の安全運転週間」として穏やかに暮らす

三月のお彼岸は、よく相談して、善い言葉と善い態度で生活しましょう。

春休みはご家族連れでお参り下さい。四月は「花まつり」の法要です。

三月二十一日(水)は、弘法大師さまの正御影供(しょうみえく)です。ご参拝ください。

み仏の御加護のもと

み仏の御加護のもと
春のお彼岸を迎えて、周囲の人に暖かい気持ちで接しましょう。
常用教典「まことの道」には

「言葉は心なり、善き心は、ほとけなり。言葉は未来を創る」

とございます。

お仕事とご家庭を大事にして、勤勉に、善き言葉をつかい、自らの人生に慈悲を育みましょう。

ご葬儀の生前予約

観音院では日常的に信徒の皆さまの相談にのり、祈願供養を共に祈り、ご葬儀を承っております。

仏縁を大切に、ご生前から、み仏さまと僧侶とのご縁厚く、み仏さまの御加護のもと共に力を合わせて明朗に生きて参りましょう。
有縁社会を創り、共に暖かな人生を送って頂きたいと念願します。

一人で悩まれずに、観音院にご相談されて、より善い方向に、導かれてお暮らし下さい。