ご供養など、気になることはお寺にご相談なされませ

ご供養など、気になることはお寺にご相談なされませ

【寅さん】 だんだんと暖かくなって、過ごしやすい季節になりますね。

【住職】 気が付けば夕方も明るい時間が長くなったね。

【寅さん】 花粉症の方には少々辛い時期かもしれないけれど、起き抜けの部屋が冷え切っていないのは嬉しいですよ。

【住職】 少しでも暖かくなってくれると、身体を縮こまらせずに済むおかげか、気持ちもどこか明るくなるね。

【寅さん】 ご先祖様や、亡くなった色々な方をご供養するのにも明るい方が喜んでいただけるような気がしますね。

【住職】 彼岸、つまり御仏様の世界をこちらに用意しようという気持ちが有れば、自然と明るくなって来るね。

【寅さん】 彼岸と此岸の距離が近づくだけじゃなくて、御仏様の世界をこちらで用意されるんですか?

【住職】 毎日三座の法要でも、お寺の中に御仏様の教えであるお経が響いて、御仏様の世界を形作っているんだよ。

【寅さん】 毎日休むことなく三座の法要が有って、ご供養とご祈願が行われているのだから、これは確かになんとも有り難い世界ですね。

【住職】 そうやって参拝される皆様が、現世であっても御仏様の世界と存在を感じて下さるのなら、それこそ僧侶冥利に尽きるね。

【寅さん】 お彼岸に限らず、亡くなった知り合いをふと思い出した時でも観音院にお参りしたら、お経が聞けるんだから安心できますねぇ。

【住職】 もちろん毎日お経が上がっているからと言って、お彼岸の意味がない訳ではないよ

【寅さん】 確かに、私もしょっちゅう観音院にお参りさせて頂いているけど、お彼岸やお盆の飲食やお供え物を拝見したら、何か特別な物を感じます。

【住職】 そうやって日常とは違った特別な印象や尊さを感じてもらう事で、改めてより身近な所で御仏様を見つめて貰えたら良いね。

【寅さん】 彼岸と此岸の距離が近くになるというのは、私たちの心も含めて近くなっているという事なんですかね。

【住職】 そうやって様々な意味で近づき合っているんだろうね。だからこそ現世で彷徨っている亡き精霊を、観音院で用意した御仏様の世界にお招きして、そこから彼岸の世界へと正しくお送り出来るのかもしれない。

【寅さん】 なんだか壮大な話ですね。

【住職】 寅さんもそこに参加しているよ。

【寅さん】 えっ?どういうことですか?

【住職】 法要にあって手を合わせてお経を唱えて、お施餓鬼の飲食とお茶をお供えされる。それはとても尊い事だよ。

【寅さん】 ご先祖様や亡くなった知り合いが喉が渇いたりお腹が減らないよう「どうか心安らかにお休みください」と願っているばかりですよ。

【住職】 その優しい気持ちが有ればここで成されるご供養は、心に思い描いている方だけではなくて、彷徨える精霊や施餓鬼に堕ちてしまった者、様々な存在を救う事に繋がるんだよ。

【寅さん】 私が知らない間にいろんな方々を教えていたんですかね。

【住職】 「いたわり、慈しみ、思いやる」事がとても大切だね。難しい事を考えず、今まで通り法要に参加して手を合わせてくれるだけで良いんだよ。

【寅さん】 そういえばこの間立ち聞きしたんですが、お寺までお参りが難しい方にもお経を届けてあげたいとか話されていらっしゃいましたね。

【住職】 体が悪くて、法要に会いたくてもお参りが出来ない方が「紙塔婆だけでもご供養を」とご依頼される事も多くてね。何とかしてあげたいと思っているんだよ。

【寅さん】 それだけでなく、お仏壇にお経をあげて頂けたら有り難いですよね。お若い二人がいて人手も安心だ。

【住職】 そうだね。以前は人手が足りない事も有って難しかったけれど、何とかなりそうだと判断したよ。

【寅さん】 いつでも大丈夫なんですか?

【住職】 基本的には二時の法要の後に伺う事にになるかな。そこにはまあ、ご相談に
応じて融通を利かせる事は出来るね。
ただ、電話でいきなり「すぐに来て」なんてお願いは容赦してもらいたいな。

【寅さん】 そんな方は滅多にいらっしゃらないだろうから、心配しなくても良いんじゃないですかね。そうだ、親戚の家に大きなお仏壇が有るんですが、お仏壇のお性根入れやお性根抜きでもお願い出来ますかね?

【住職】 基本はやはり、お寺に本尊様だけでもお持ち頂いているけれど、そこも出来る限りご希望に応じたいね。

【寅さん】 お尋ねしづらいですけど、お供えはどれぐらいが良いですかね。

【住職】 お性根入れ等は大体七~五万円前後を目安にお供えを頂いているよ。あくまでこうやって質問を受けた時にお伝えする目安だから、無理が無い範囲でお気持ちをお供え頂けばそれで十分だよ。お供えの多寡でお経は変わらないから安心してもらいたいな。

【寅さん】 一日も休むことなく法要をされている観音院さんだから、そこはもう安心してお願いできますね。

春のお彼岸法要は三月十一日(土)から二十三日(水)まで

春彼岸法要のご案内

春のお彼岸法要は三月十一日(土)から二十三日(水)まで

午前10時
正午12時
午後2時

の三座一日の休みもなく行われております。

●彼岸入り 3月17日

●彼岸中日  3月20日

●彼岸明け 3月23日

■「彼岸まんじゅう」のお供え物のお接待があります。み仏さまのお供物のお下がりをいただかれてください。

お彼岸のご供養は先祖供養や水子供養をお願いできます。
動物供養、施餓鬼供養、無縁精霊供養等も丁重に拝まれます。
郵送やお電話、事前に「紙塔婆」をお預かりしてのご供養も承っております。
ご不明な点はお問い合わせくださいませ。

お彼岸は相手の立場になって物事を考え、
善い言葉と善い態度で過ごし、
暖かい人間関係を築く努力をして、
み佛さまに報恩感謝の祈りを捧げましょう。
観音院で配布しております日常十善戒を
お持ち帰りになり
日々をより善くする実践をなされてください。

花粉症の人にはつらい季節ですが

花粉症の人にはつらい季節ですが、今は花粉症でない人も、沢山の花粉を浴びると突然花粉症になることがあるそうです。今年は花粉の飛散量が多いという予想が出ていたので要注意。外出する時はマスクを着用したり、服に付いている花粉を払い落としてから家に入るようにするなど、何か対策をした方が良いかもしれません。

http://www.kannon-in.or.jp/