光然の高野山修行日記 ・十九

前回は早朝の加行「後夜行」を終えたところまでお話いたしました。

今回は後夜行の後、壇上伽藍の参拝に出発する前の様子をお伝えしようかと思います。

持仏堂で解散後、次の集会まで十分から十五分程度の時間を与えられた生徒は、各々後夜行の片付けに次回行われる「日中行」の準備やお手洗いなどを済ませるため、わずかな時間を無駄にするまいと慌ただしく動き回る事になります。

実を言うと加行が始まった最初の頃はそこまで急ぎまわる事は無く、皆のんびりと壇上伽藍に行くための整列をするだけでした。

しかし、行の段階が進むごとに一座にかかる時間が延びてくると、いかにして時間を生み出すかが重要になり、わずかな時間であっても何もせずに過ごすよりは少しでも後の余裕を得る動きに変化して行きました。

また、慣れて来ると片づけだけなら五分あれば可能になってくるので、自室に忘れていた経本を取りに行くにしても、お手洗いに行くにしても片付けだけはやっておこうと目論む者が多数を占めるようになります。

片付けはどのような手順で行うかと言うと、まずは如法衣(お袈裟)を着用したまま、作業を始める事は許されないのできちんと折りたたみ、脇机に置いておきます。

余談になりますが折りたたむ時間を惜しんた数名の生徒が、如法衣を明り屏風に引っ掛けて片付けをしていた際に、普段は加行後は加行道場に上がって来ない寮監先生が顔を見せた事があります。

「これまでの学院生活で、仏様から頂いた大切なお袈裟を丁寧に扱う。お坊さんとして基本的な気持ちの指導が出来ていない事が悲しい」と下手人ではない者が申し訳なくおなる言葉から始まった長いお説教と、罰の下座(掃除)を一同揃って頂いた事も今となっては良い思い出です。

片付けに話を戻して、まずは行で用いた「六器」と呼ばれる器に入っているご供養が終った十四枚の樒と「飯器」と呼ばれる台にお供えしているお洗米を取り除きます。

以前もお話ししましたが、この樒を行に使えるよう用意するのもそれなりに時間が掛かります。だからと言ってここでもったいない精神を発揮して再利用してしますと、コトが露見して際に格別重い「指導」を受ける機会に恵まれるという噂が有ったので、皆そこは慎重にならざるを得ませんでした。

樒を片付け、六器を香華盆と呼ばれている長方形のお盆に乗せ、洗浄するため流し台へと移動します。
洗浄すると言っても、ただジャブジャブと洗うわけではありません。

行法の中では六つの器それぞれに役目とご供養の順番があり、それは洗浄する時も例外ではないのです。

洗浄の作法は六つの器を所定の順番通りに重ね、閼伽水と呼ばれる井戸水を一番上にある器に少量注ぐところから始まります。

そして水を注いだ器を手に取り、一つ下の器に水を移します。次に新たに水を注がれた器を手に取り、そのまた下の器に水を移し、空になった器は先ほどまで上にあった器に重ねていきます。それを六つ分注ぐ事を一巡として、二巡する事で洗浄の作法は終わります。
なぜこのような水を使いまわす作法なのかというと、仏教発祥の地インドでは水は貴重品であるために、それを無駄なく使い切るための智恵と水への感謝を現わしているのだそうです。

水に濡れた六器を自分の壇へと持ち帰り、ぱぱっと次の準備をするわけにはいきません。ここで水気をきちんと拭き取る事が、快適な加行生活を送る上でとても大切なポイントとなります。

先ほども申し上げましたが、洗浄に用いた閼伽水は井戸水であるため、色々な成分が混ざっているのでしよう。
放ってそのまま蒸発してしまうと、どことなく白っぽい水垢として残り、磨き落とすのに時間が掛かってしまいます。

自分の将来的な時間を奪わない為にも、手を抜けないのです。

いきなりですが、ここで仏器の水取りに悩む皆様に、耳より情報をお伝えしましょう。

「汚れ激落くん・マイクロファイバータオル」これが有るか無いかで、六器洗浄の世界が変わります。

さらしやただの雑巾では、水気を吸うよりもいたずらに水分を全体に拡げてしまいがちなのですが、このタオルなら撫でるだけで、即座に水分を吸着してしまいます。

何かの宣伝のようになってしまいましたが、この魔法のようなタオルには感謝の念が尽きない私なのです。

 

七五三は子供の厄年

七五三は子供の厄年

■最近は満年齢でされる方も増えているようですが、本来は子供の厄年に該当する数え年の三才、五才、七才にお寺や神社にお参りして厄を祓ってもらいます。

数え年と言うのは、生まれた時から年の十二月末日までを一歳とし、年が明けると二歳になる年齢の数え方です。

今年は、平成二十三年、平成二十五年、平成二十七年生まれが七五三です。

■観音院でも、七五三のお祓いをいたします。受付で子供さんのお名前と生年月日を書いてお申し込みください。

お名前の入った、厄難消除(やくなんしょうじょ)のお札とお守りを、ご法要で拝んでお授けいたします。

ご法要は毎日、朝十時、正午十二時、午後二時の三回で、お休みはありません。天候の良い日にご家族の皆さまでお参りください。

観音院のお初穂祭には五穀豊穣だけでなく

観音院のお初穂祭には五穀豊穣だけでなく、豊漁に感謝することも含まれているのですが、一昨年まではサンマを焼く匂いず隣近所のあちこちからすることもあったのに、最近はスーパーで生のサンマの特売を目にすることがなくなってしまいました。


他国が沖で乱獲しているという話もありましたが、資源量からは「乱獲」とまでは言えず、日本近海の海水温が高いせいでサンマが日本の漁船の活動範囲よりも外側にいるのが直接の原因のようです。地域温暖化が食卓に影響を及ぼすようになってきたのですね。

十一月は実りの季節 お初穂米で心も体も幸せに

早いもので今年も豊穣、豊漁、実りの秋に感謝するお初穂米祭の季節になりました。

今年のお初穂祭は十一月十一日の午前十一時に、十一月十九日は午後一時より執行致します。

御分霊、曼荼羅をお受けになっている方に御案内状を送付しておりますので、どちらかご都合の良い日に案内状の半券をお持ちになってご参拝くださいませ。

また恒例となっております、お初穂米のお授けは今年は十一月一日より実施する運びとなっております。

お初穂米はお一家族様につき一袋、法要に会われた際にお持ち帰り頂けます。

お持ち帰り頂いたお初穂米は、ご家庭にお祀りされている萬倍様の願い箱の前に、二十一日間お供えされてお召し上がりくださいませ。

今年も残すところ二ヶ月となりました。

やり残した事があるのなら、早い内に全体の見通しを立てておいた方が良いかもしれません。慌てる事無く新たな年の準備を整えておきたいものですね。

さて、今年も十二月一日からお参りされた一家族に一冊来年度のカレンダーと、お一人様にお一ずつ戌の貯金箱をお授けさせて頂きます。

また、皆さまからご好評頂いておりますお菓子の掴み取り「福掴み」も実施致しますので、お子様もご一緒にご家族の皆様でぜひお参り下さいませ。

寒さも一層厳しくなってまいりますが、皆さまお体に気を付けられて元気に過ごして行きましょう。

大般若転読法要 11月5日(日)午前10時から

大般若転読法要 11月5日(日)午前10時から

毎月第一日曜日の午前十時から大般若会が執行されます。

大般若経六百巻、赤地紺地の二組が厳かに転読されます。

み仏の慈悲と智慧を頂き、経典がひるがえる時に起こる浄風で、一切の悪しきものを祓います。

ご法要は、どなたでもご自由にご参拝できます。参拝も回数をかさねていくうちに、自然と運が良くなっていきます。

ご家族の皆さま全員そろっての参拝がお勧めです。

大般若転読は皆さまの先祖供養、所願成就、家内安全、学業成就をご祈祷して頂けます。