お知らせ

お知らせ

変わらないこと

変わらないこと ■観音院では、毎日、朝十時、正午十二時、午後二時から、定例の法要を執行しております。 ■また、毎月第一日曜日の朝十時から、大般若経転読法要を行っております。この日は朝八時からお寺の掃除も行っております。ご協力いただけ...
お知らせ

子供さん達を慈しむ

子供さん達を慈しむ 四月は花まつり・十三参り(じゅうさんまいり)・十参り(じゅうまいり) 花まつり 4月1日~8日 十三参り・十参り  4月9日~16日 ※ご法要は午前10時・12時・午後2時からの三回 子供さんた...
お知らせ

コロナウイルス封じの赤護摩木

コロナウイルス封じの赤護摩木 観音院では、二月末から、住職さんのお気持ちで「コロナウイルス封じの赤護摩木」をお参りの皆さまに書いて頂いております。 赤護摩木は普通の護摩木の二倍の大きさで、通常二万円のご祈祷料ですが、「コロナウイ...
お知らせ

大般若祈祷札

大般若祈祷札 十二月、一月、二月の大般若転読法要にご参拝された方は「2020年庚子大般若祈祷札」を御仏さまとご縁を結ばれた証明として、ご焼香の際にお一家族さまにつき一枚お授け致します。 お授けさせて頂くのは年に一枚。その後各月の大般...
お知らせ

七五三は子供の厄年

■最近は満年齢でされる方も増えているようですが、本来は子供の厄年に該当する数え年の三才、五才、七才にお寺や神社にお参りして厄を祓ってもらいます。 数え年と言うのは、生まれた時から年の十二月末日までを一歳とし、年が明けると二歳になる年齢...
お知らせ

全ての職業に感謝を捧げる 豊穣・豊漁・豊業の祈願祭

全ての職業に感謝を捧げる 観音院では11月に皆さまの全ての勤労に対して報恩感謝の祈りを捧げ「豊穣・豊漁・豊業の祈願祭」が古来から行われます。 私どもの生活は、皆さまの尊い勤労のお陰によってあることに感謝を捧げ、み佛さまのご加護を祈り...
お知らせ

お楽しみ会のご案内 毎月20日

以前の折り紙教室の代わりに、毎月20日、参加者二名以上が集まれば月替わりで違うプログラムのお楽しみ会を行うことになりました。 開始時刻は午後一時頃、遅くとも夕方五時には終了予定です。 例えば、古い着物を使って小物作りをしたり、折り紙...
お知らせ

燈籠法要(とうろうくよう)萬燈会(まんどうえ)のご案内

観音院の燈籠供養 燈籠法要(とうろうくよう)萬燈会(まんどうえ)のご案内 10月13日(日)午後1時・18日(金)午前11時より執行 毎年十月は、観音院においては燈籠供養「萬燈会(まんどうえ)」が執行されます。 導師に続いて...
お知らせ

観音院 夏の大祭 大護摩供 七月七日『第一日曜日』午前十時より大般若転読法要を執行

七月七日『第一日曜日』午前十時より 第四百五十九座大般若転読法要を執行致します。 お護摩は通算六万五千二百二十座になります。 七月は一日から七夕祭として七日の七夕法要まで皆様が願いを込めて書かれた「五色短冊」を笹竹にお祀りし、連日...
お知らせ

五色の短冊

七月の風物詩に、七夕には笹の葉に五色の短冊をはじめ、五色の菓子、五色そうめんなどがあります。おそうめんは盆供養によくお供えされる食物です。 この「五色」という色合いは、美しい色合いとして、もてなしの意味が込められた色合いとされ...
タイトルとURLをコピーしました