ギリシャ・ショックは民主主義で起きた 緊縮財政は嫌だと国民投票で決めてしまった 1/2

【寅さん】 院家さんもギリシャのことは分からんだろう。

【院家さん】 取り敢えず私は関係なさそうなので、あまり情報は収集してないな。ギリシャはヨーロッパの中でも歴史と古い伝統を維持し、アテネの街には古くから城壁が築かれ、神殿など遺跡が多く有って観光客が多く、そのサービスで成り立っていたような国だ。
主な産業は、産業とは言えないかもしれない公務員で、その他の職業は観光関連・製造業なんかは無かったな。

【寅さん】 そうすると、輸出する物など無かった訳か。

【院家さん】 人口は日本の約十分の一。国債の発行高は日本より少し多い。失業者は日本の割合より多かった。少子高齢化の弊害の出方は日本の将来に参考になるかもしれない。

【寅さん】 日本の将来の参考になるかもしれないと言うことであれば、新聞記事で遠い国のことだと思って居るわけにはいかないのだな。

【院家さん】 付加価値生産性の低い国家で日本並みに国債を発行していくとしたら、返還に行き詰まるかもしれないね。私が知っているギリシャは、ユーロ加盟以前のことだから、今は随分違うかもしれないな。

【寅さん】 それで、IMFやら、欧州中央銀行から借りてきた借金が返せなくなって、ドイツ等ユーロ圏各国に緊縮財政でやりなさいと言われたのを国民投票にかけて、緊縮財政はしないことになった。それは、借りてる国債の償還期限が来ても返さないと宣言したようなものか。

【院家さん】 ここ数カ月だけでも、月に五回ぐらい大口の借金の返済期日が来てる。それを国民投票で「払えない」と決めたようなものだな。借り先はIMFやら、欧州中央銀行だ。

貸した方は困っただろうなあ。国債と言う物は、担保が入れてない。ギリシャの領土を切り取って自国に持って帰る訳にもいかない。いくら民主主義でも、国民投票で「知らないよ」と決めても何の意味も無いな。

月刊観自在 平成27年8月号より

大丈夫が大丈夫でない 水難にも火災にも注意 その2

【寅さん】 酒飲んだら、絶対に泳ぐな。飲んだら乗るなくらい、酒を飲んだら泳がないと言うことが普及すれば良いのにね。

【院家さん】 夏の事故は、水泳だけでは無い。家で留守番をしていてもらうつもりが、熱射病で亡くなられる場合もある。年寄りに留守番を頼んで自分たちは外出してたので、世間体も少し悪いわな。

【寅さん】 どこの家でも花火を買って、大人の監督無しに子供が遊んでいると最近の花火はとても性能が良くなっとるので、隣近所に迷惑を掛けることもある。親が監督せずに花火をさせたと言うことで、責任を問われることもある。点火したら自動で飛んで行って、着地したら自動で消火するような花火はあるのかな。

【院家さん】 おそらく、無いだろうな。

<続く>

月刊観自在 平成27年7月号より

大丈夫が大丈夫でない 水難にも火災にも注意 その1

【寅さん】 毎年のように、七月八月になると、若い人の葬儀をするのは残念ですね。これ何とかならないのかねぇ。

【院家さん】 今まで元気であった人が突然に逝かれるので、家族の悲しみ、嘆き、経済的負担などを考えると、何としてでも食い止めねばならないね。

【寅さん】 普通に元気な人が逝かれるなんて、何か特別な事情があるんじゃないかねぇ。例えば遊泳禁止の場所で泳いで、海流に流されて岸に帰れなくなるとか。

【院家さん】 心臓に病気があるのを気付かずに飲酒して良い気分で水に入り、心臓が心停止する。運が良ければ引き上げてもらって、AEDで手当てを受けて、息を吹き返すこともあるけど。
こんな人は運が良い人で、海流に流されて行方も知れぬようになって、後日警察から連絡があってご遺体を引き取りに行くような場合は、家族の悲嘆はとても大きくて見て居れないな。
生命保険でも十分掛けておいてくれれば、まだ救いはあるが、お金で家族を失った悲しみは癒すことが出来ない。

<続く>

月刊観自在 平成27年7月号より

一人暮らしで老け込むのは止めなさい 何歳になっても配偶者と言うものは一番大切

【寅さん】 院家さん、その年で結婚されるとは誰も想像しなかったんだけど。

【院家さん】 あと一月で満八十二歳になるよ。礼華さんは、十一月に三十七歳になる。という事は、単純に差し引き四十五歳の年の差があるな。
人にもよるけど、年齢なんか何の参考資料にもならない。市役所も家庭裁判所も、不思議そうな顔はしなかった。

人は淡々と、且つ粛々と生きて行くことが大切だよ。私が結婚することによって、多くの信徒さんが元気を取り戻しつつある。これは良い効果だな。

【寅さん】 それにしても、羨ましいことこの上もない。年寄り一同は院家さんのようにしたいと思うようになった。

【院家さん】 真似をすれば良いじゃあないか、何をぼそぼそしとるのだ。

【寅さん】 遺産分けやら、子供の文句やら、いろいろあってね。

【院家さん】 遺産は無い、子供は居らんと思えば良い。あると思うな、金と跡継ぎ。

【寅さん】 それがなかなか踏ん切りがつかずに老いているわけで、独り者は可哀想だと思うよ。院家さん、孤老の立場で考えてみて下さい。

【院家さん】そんなことは私に責任は無いな。物事は割り切って自分の一番楽しくて嬉しい方向で考えなさいと常々言っている通りだ。教えているままに実行しているわけだ。

【寅さん】 院家さんのようにやるコツを教えて下さいよ。

【院家さん】 まず一番に、品行方正であることだ。それから、人を愛する事を一生懸命に真面目に考えなさい。次は、よく働く事です。一生懸命に仕事をすると呆ける暇も無い。そして一番大切なことは、よく遊びよく本を読むことだ。お洒落をすることだ。老人臭は手入れ次第でどうにでもなる。

【寅さん】 そういえば、院家さんの肌はとても綺麗だな。何か秘訣はあるの。

【院家さん】 あるある。中広の藤田やすよ皮膚科クリニックの先生に、保湿クリームを沢山処方してもらって、風呂上がりには頭のてっぺんから足の先まで塗り捲っている。これが効くなあ。

【寅さん】 それで、いくつぐらい若返る。

【院家さん】 二十歳は軽いと思うよ。次は食べ物だな。ステーキの百五十グラムくらいは一日おきくらいにでも、魚もサンマを焼いて毎日のように食っている。

【寅さん】 なるほどねぇ。保湿クリームと食い物か。医者に何か言われない。

【院家さん】 この前日赤の主治医さんから、「ヘモグロビンA1cが順調に下がっている、お目出度うございます」と言われたよ。百五十歳まで生きるつもりだと言ったら笑っていたよ。

続きは、月刊観自在 平成27年6月号をご覧ください

礼華さんはその後どうして居られますか 聞いてはいけないと思うのたけど仕方が無いな

【寅さん】 また怒られるかもしれないけど、礼華さんはどうしておられるか、気になって仕方が無い。

【院家さん】 礼華は思っていた以上に優れた面を沢山持っていて、不思議な人だ。

寺の伝承や秘儀などについて伝授すると、花瓶の水を他の花瓶に移すようによく受け取る。あの人は私の嫁さんと言うより、お寺の嫁さんとして来たのだな。観音院の悩み事困り事相談には、明日からでも応じられるような素質を持っている。広島大学の法学部を終えて大学院の法律学専攻を修了しているだけあって、観音院にとっては非常に優秀な人材を得たことになる。

【寅さん】 詳しいことは分からんけど、それは本当に良いことだったね。

【院家さん】 今月から観自在の編集を任せているけど、何一つ不安が無い。呑み込みがとても良いのだ。編集における禁則処理や割り付け等普通は三か月くらいかかるところを、一日でやってしまった。そりゃ助かるで。

【寅さん】 院家さんが褒めるのはノロケではないから本物だな。院家さんが喜んで下さるだけで十分なのが、仕事の上でもそんなに高い能力を持っておられるとは大変な儲けものだな。

【院家さん】 どこに行くときも必ず同伴して、支払いなども全部してくれている。
私にとっては大事に信仰している観世音菩薩がこの世に現れて、私の嫁さんになって下さったとしか考えようが無い。何せありがたいことだよ。親鸞聖人にもこんな話があったな。

【寅さん】 聞くところによると、婚姻届の証人欄は、ご住職さんご夫妻が判をつかれたとのことだけど、これは礼華さんも喜ばれただろうな。

【院家さん】 寺の長老と婚姻することは、寺と結婚するような意味があるので、大概の人は無理だな。三十七歳という若い年齢の人材であることも頼もしい。

【寅さん】 色々な面から考えて、長老様にも観音院にとっても最も相応しい人が来て下さった。皆で大事にしましょうよ。

【院家さん】 彼女はこの歳になるまで遊びは一切知らない。まぁ知っていてくれる必要も無い。本当に真面目な人ですよ。

【寅さん】 真面目なのは、信徒さん皆さんそのように受け止めていますよ。

【院家さん】 それに私の体調が段々と良くなりつつあるのは、生活が規則的になり、栄養管理が行き届いているせいかもしれない。観音院の長老の職務は、かなり大変だよ。それを補佐してくれるには、物凄い常識を必要とします。どこからどう見てもも最適な人材に恵まれたと言っても良いな。

素直さとか質実とか見栄を張らないとか、女性として望まれる素質の全てを持っているからすごいな。

続きは、月刊観自在 5月号をご覧ください