以前のご祈願箱等の返却

新年の家族祈願をされるとき、以前のお札と萬倍さまの御祈願箱、カード式肌守りをお寺にお持ちください。お焚き上げ処分致します。

以前の萬倍を黒く塗ってからお寺にお持ちください。お寺にお持ちになる前に、箱の中のお米は取り出していつもの御飯と一緒に炊いてお召し上がりになってください。

CCF20151221_00011

新年厄除け福掴み

新年にお参りされた皆様に、厄を除けて福をつかんで頂くように、箱から様々なお菓子をつかみ取りする「厄除け福掴み」を元旦午前零時に参詣された方から実施させて頂きます。

ご家族の皆様でお参りになり、福徳を手にされてください。つかんで頂くお菓子は多数ご用意しておりますが、出来るだけ多くの方に福を手にして頂きたいので、お正月にお一人様一度限りでお願い致します。万一、出尽くしの折はご容赦ください。

CCF20151221_00001

年末年始は参詣者に【ぜんざい】を接待するよう準備を進めて御座居ます。

全国各地の皆さまから

CCF20151027_00010

全国各地の皆さまから香華灯明、野菜や果物、お米、魚や肉など、さまざまにお供え頂いております。真に有り難うございます。丁寧にお供えさせて頂いて、御仏飯に調理し、お下がりを参拝の皆さまにお接待させて頂いております。

十二月の「九曜星占い」

十二月の「九曜星占い」を掲載しました。

2014(平成26年)の星まわり厄年・早見表で、ご自分の星をご確認ください。

http://www.kannon-in.or.jp/star.html

※「黒星」に当たる星まわりの方の厄難消除・星供養をご祈祷頂けます。「星カード御守り」が授与されます。

毎月の運勢は、皆さまのお心当たりや善き反省が基となるもので、生活の参考にして頂いています。ご支援ありがとうございます。

■───────────────────────────────■

全てに愛を 光と祈りを 親から子に 子から孫に 読み伝えられる

毎月1日発行 月刊「観自在(かんじざい)」

発行所 観自在社

送料共 1000円/一年分

いたわり 慈しみ 思い遣り 相手の立場で考える  広島のお寺 観音院(かんのんいん)       http://www.kannon-in.or.jp/

〒733-0032 広島県広島市西区東観音町10-2

TEL 082-233-5000

厄年厄除・家内安全・商売繁昌・身体健康・学業成就・安産守護  入学試験合格祈願・家族祈願・交通安全・無事成長・その他悩み事  困り事の相談は駆け込み寺の観音院。  毎日 午前10時・正午12時・午後2時から三座の法要を執行し、皆さまの  御祈願を拝ませて頂きます。

■───────────────────────────────■

広島ブログ

生きる上で一番大切な事は 殺生をしない事です (後編)

【寅さん】 友達から会社の経営が上手く行かないので金を貸してくれと言われて、院家さんの教えに基づいて拒否しました。

【院家さん】 事業をしていて行き詰った場合の負債は、友人関係で保障できるような簡単な物ではない。お金を貸したら約束通り返して貰える事は少ない。その時に寅さんがお金がどうしても必要なら、立派な債鬼になる。債鬼になる事も、債鬼に追われる事もどちらも殺生
な事で避けた方が良い。

【寅さん】 知らない人から電話が有って美味しい話に乗せられて出費した事が有る。この時は殺してやりたいと思うぐらい腹が立ち、自分の馬鹿さ加減に愛想が尽きかけた。

【院家さん】 人を騙してお金を詐取する人は年中殺生をしている事にになる。働かずしてお金を得ようと考える人は殺生する人だ。ただし、一生懸命に生きてそれでもどん詰まって生活保護を受けるようになるのは、これは再起する賢明な事と言えよう。信徒んのお母さんが癌になられてその上、離婚されるという。そこで旦那さんが慰謝料を払うので三百万円出世払いで貸してくれと言われたので貸したが、結局離婚はしなかった。
これは奥さんが旧姓で蛙を送って来て、さも離婚するかのように錯覚させた。その蛙の腹に千九百九十年十一月と何故か書いてある。この人は当時弁護士になり立てで、自分のアルコール中毒を治すために市民病院に入院する費用を充てたのだろう。三百万円と言えば私が一生懸命働いても一年やそこらでは貯金できない。有耶無耶にされてしまったけど、先般ネットで検索していたらこの弁護士さんは依頼者のお金の清算に絡んで不徳が有り懲戒処分を受けていた。
現在も貯金は一切合財合わせても三百万円は無い。殺生な弁護士もおるものだと皆さんも気を付けなさい。

月刊観自在平成26年11月号より抜粋 記事の続きは、観音院寺務所(TEL 082-233-5000)へお問い合わせください。