観音院 法主カレー

観音院では毎日、午前10時、正午12時、午後2時の三座のご法要を執行しております。この法要は、毎日休みなく年間を通じて行われています。
ありがたいお経の後は、法主カレーで腹を満たして福をしっかりと蓄えてくださいませ。
カレーは午前10時のご法要の後と、正午12時のご法要の後にお接待させていただいております。

法主カレーを食べると萬腹を授かると言われています。このカレーは毎日大勢のお参りの方々にお召し上がりいただいているのだから大量に作られる、当然ながら作る方も大人数というのは皆さんが思われることでしよう

ところがカレーライスは、たった一人の職員が作っているのです。

テーブルの上の大きな鍋をかき混ぜているのがその人、山口秀麗さんです。

お寺の職員になられる前は三十五年間も料理店を経営されていた方で、料理の腕は一級品です。

毎日のように、山ほどの野菜の皮をむいて切り、大量のお肉と一緒に大型の圧力鍋で煮込んでいます。ルウはこ家庭で使われているものと一緒なのにとっても美味しいのは、これが秘訣かもしれません。

お肉は良質のお肉を買っています。
毎月、沢山のスジ肉をお供えくださる信徒さんもおられます。

スジ肉といえば硬いと決め込んでおられる方もいらっしゃるとは思いますが、もともと良質のお肉の上、圧力鍋で煮込んでありますので、口の中でとろけてしまいます。形の残っているスジ肉も、噛んでみればとても柔らかくてビックリされることでしよう。

もちろん、カレー用の角切り牛肉も、とっても柔らかくて美味しいですよ。
野菜も信徒さんにお供えいただいた物を使っていますが、なんせ作る量が半端ないので足りなくて買い足している状態です。

普段の日は法要の後に、カレーを召し上がる方にお声がけさせていいただいておりますが、ご参拝の方の人数の多い日は法要の前にクリップボードをまわしております。カレーライスのお接待の用紙にカレーを召し上がる方のお名前と人数をご記入くださいませ。

もし、カレーのお接待の申し込みを忘れてしまったら。ご安心ください。その旨を受付にお申し出いただければ、ご用意させていただきます。

尚、大変申し訳ないのですが、お接待は少人数で行っておりますまでお待たせすることもあると思います。恐れ入りますが少々お待ちくださいませ。

カレーを温めたり、お皿に注いだりと時間のかかることもあります。

我こそはという方にはカレーライスを運ぶお手伝いをお願いしたく、お力をお貸しくださいませ。

また、ご法事のお食事に召し上がっていただく方様には、ご法事の予約をされる時に事前にカレーを召し上がる人数をお知らせいただくと幸いです。

美味しいカレーを食べた後は、ほうじ茶やコーヒーのご用意がありますので、ごゆっくりとお寛ぎください。
ところで、前述の山口さんは台所の係だけではありません。

受付はもちろんのことですが、法要後のお茶のお接待、ご依頼を承った護摩木を書かれたり、更にはお札やお守りも書かれます。

法要にも時々入られてお経をあげられます。良く響く低音のとってもいいお声なんですよ。もちろん、法要の導師も出来ます。

お寺の専従職員になられる前は、加行者として頑張っておられましたので、導師が出来るのです。

いつもニコニコしてとっても優しい方ですので、お気軽にお声がけしてみてください。

光然の高野山修行日記 ・十三 後半

■九月四日(金曜)始業式・伝授
九時:始業式。そのまま続いて白袈裟から如法衣(観音院でいつも身に付けている黄色い御袈裟)に付け替えて「理趣経」「護身法」「十八道」加行の「折紙伝授」を受ける。

この折紙伝授はその加行を受けるに足る資格を示す証明書であると同時に、行法を行う際の要点のみを記した台本のような物と考えて下さい。

ちなみに「四度加行」は「十八道」「金剛界」「胎蔵界」「息災護摩」の四段階に分かれていて、前出の「理趣経」「護身法」加行はそこに入るための「前行」となります。

十三時:食事を終え、道場にて加行の説明を受ける。

十四時半:自由時間。教室にて畳を擦り本日の伝授で授かった「折紙」の「浄書」(写し)を作成。

授かった「折紙」は道場で用いるには大きすぎ、また決して汚してはならない物なので、その写しを用意する事になります。

十九時:自由時間。道場にて自分が使う事になる壇の用意、各種道具を持ち込む。

二十時五十分:就寝。

■九月五日(土曜)天野大社参拝
三時半:起床、水行等をして前日終わらなかった浄書を仕上げる。

八時:丹生都比売神社(天野大社)参拝に出発。途中までバス、その後徒歩で移動。

十一時十分:公民館にて昼食。精進弁当。

十二時:丹生都比売神社にて加行成満を願うお祓いを受け、読経。

帰院後、空いた時間は壇の荘厳(飾りつけ)仏具の用意などに使う。

■九月六日(日曜)最初で最後の外出
九時:理趣経・護身法加行の合同習礼(予行演習)。壇荘厳自体がまともに出来ていない者も居て、注意点以前の問題と辛評を頂く。

十三時半:外出。龍泉院様へ加行前のご挨拶。次に会うのは転進時か加行成満の時か・・・帰院後仏具磨き。

十七時:食事後、本日は片付けの手伝いはせず、班に割り当てられた明日の開白に用いる突き仏供(円柱状のご飯)を作るための準備をする。

十八時:入浴や仏具磨き、香盛りを済ませる。

二十時十分:施餓鬼後、我が班が担当ではないが香華場(香盛り用の場所)の清掃を手伝う。六十名を越える院生が使用しただけあって、床や机、部屋全体が細かな灰にまみれている。
二十一時:加行が始まるぞ!就寝。

月刊観自在 平成29年6月号の発送が完了しました。

月刊観自在 平成29年6月号の発送が完了しました。
夏越し開運厄除け祈願 護摩供 萬倍稲荷さま(白)授与 6月1日から6月30日


◎大般若転読法要 6月4日(日)午前10時から

大般若経六百巻二組が厳かに転読されます。
◎掃除奉仕の日 6月4日(日)午前8時から
◎萬倍稲荷縁日 10日・11日
◎虚空蔵菩薩縁日 13日
◎永代経法要 17日・18日
◎子安観音縁日 17日・18日
◎厄除大師縁日 20日・21日
◎不動尊縁日 27日・28日
土曜・日曜は特別縁日

ご法要は毎日、午前10時、正午12時、午後2時からの3回(年中無休)