お盆の心得は

■悪しき言葉を使わないようにいたしましょう。怒ったり腹を立てたり、人と言い争わないように、周囲に親切に協調しましょう。

▼全てのものを大切にすること。家庭や職場、人のいる場所、なすべき仕事を大切にと。時間を粗末にせずに、前向きな思いで一生懸命に精励すること。

▼他人に対して「いたわり、慈しみの心、思いやり、相手の立場で考える」、心優しく参りましょう。

●お盆で大切なこと●
▼故郷へ帰省するについて、無理な日程を立てないこと。車の遠距離の運転はなるべく止め、早めに公共交通機関等を予約する。安全運転に徹して事故を起こさない。

▼水の事故や気象変化に注意する。子供から目を離さない。

▼亡き人の悪口を言わざること。

▼家庭のご仏壇では灯明や線香に注意すること、火の用心。

寺小屋 文化教室

寺小屋 文化教室
皆さまのご投稿をお待ちしています。
投稿の締め切りは、毎月の五日です。作品は観音院へご持参又はご郵送ください。

色鉛筆と水彩鉛筆で描いたラズベリーとスイトピーです。私は今年90才になります。

平成28年5月 月刊観自在より