番外編オリンピック談議

アリス
シドニーオリンピックは盛り上がったね。選手のひたむきさに感動させられたよ。
テレス
おお、今年はオリンピックの年じゃったのう。すっかり忘れとった。
アリス
やれやれ。連日、テレビや新聞で取り上げられているのに。いったいどんな生活をしているの?
テレス
わしはテレビを見ないことにしておる。新聞は世間の暗い部分ばかり記事にしておるから、あんまり丁寧に読まんことにしておる。暗い記事を読んでおるとわしの気分まで暗くなるわい。まあ、オリンピックは明るい話題だから結構なことじゃのう。ところで次の開催国はどこじゃ。大阪かのう?

 

アリス
大阪は二〇〇八年の候補だよ。決まるといいね。次の二〇〇四年は、ギリシアのアテネだよ。
テレス
そうか。アテネか。近代オリンピックの第一回大会もアテネじゃったはずじゃ。
アリス
へぇ、そうなんだ。
テレス
今から一〇四年前のことじゃよ。フランスのクーベルタン男爵が開催を提唱したんじゃよ。現在では、オリンピックは世界平和のためのスポーツの祭典と位置付けられておるが、古代オリンピックは、宗教行事じゃった。
アリス
えっ、宗教行事?
テレス
そうなんじゃよ。古代の競技と現代のスポーツとでは目的が違うんじゃ。オリンピア祭典競技の究極目的は古代ギリシャの神々を崇めることじゃったそうじゃ。
アリス
競争と宗教儀式は結びつかないような気がするけど。
テレス
例えば、脚力に自信がある人々が、誰が一番速く走れるかを、大勢集まる祭りの場で競うようになった。これがオリンピックの起源じゃないかな。それがギリシア全土に広がっていった。そうでないと宗教と競争が結びつかんからのう。
アリス
なるほど。ところで、どうしてオリンピックはオリンピックと呼ばれるようになったの?
テレス
それは、ギリシアのオリンピア地方で開催されていたからじゃよ。他の地域でおこなわれとったら、オリンピックとは呼ばれんかったはずじゃ。
アリス
アジア地域の競技大会だからアジア大会と呼ぶのと同じだね。いったい誰がオリンピック史上初の金メダリストだったの?
テレス
わからん。第一回オリンピア祭典競技は紀元前七百七十六年に開催されたとされておるが、競技記録は残っていないからな。そもそも金銀銅のメダルを授与するようになったのは近代オリンピックになってからのことらしい。
アリス
いつまで続いたの?
テレス
三九三年の第二九三回大会まで。一一六九年間ものあいだ続けられたんじゃよ。
アリス
凄いね。でも、どうして古代オリンピックは終わったの?
テレス
政治的な理由からじゃよ。三九二年にローマのテオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教と定めたんじゃ。キリスト教が国教となったので、オリンピックはオリンピア信仰の宗教儀式としての役割を維持できなくなり、終焉を迎えたらしい。
アリス
キリスト教の下でも、続けたらよかったのに。
テレス
キリスト教とギリシャの神々はそりが合わんかったんじゃ ろう。このことからも古代オリンピックが宗教行事の一部だったことがうかがえるはずじゃ。
アリス
純粋なスポーツの祭典だったら、宗旨宗派に関係なく受け入れられるはずなのに。
テレス
現在でもスポーツを取り巻く状況は同じようなもんじゃよ。近代オリンピックは国際政治に翻弄されておるからのう。
アリス
スポーツそのものは純粋で、政治とは無関係なはずなのに。
テレス
純粋だから逆に、政治権力に利用されやすいんじゃ。国家の存在を世界にアピールするには格好の場じゃよ。東欧の旧共産国を見たらよかろう。共産主義の優位性を世界に示すために国家の政策として選手を育てた。メダルを獲得した選手は国家の英雄として扱われていた。また、大きな大会を開こうとすれば、莫大な運営費がかかる。競技場や宿泊施設や交通機関を用意せにゃならん。当然、これには利権が絡むことになる。そもそもスポーツ自体は、生産性があるものとはいえんからのう。現実問題として、観客やスポンサー、自治体からの収入なしには競技会を運営できんからな。
アリス
確かに、オリンピックは延べ何億人もの人が見るんだから、外交や国威発揚にはもってこいのイベントだね。
テレス
国際的なスポーツイベントは、友好親善だけでなく、国家間の擬似戦争にも思えんか?
アリス
サッカーのワールドカップを見ていたら、そんな風に感じたよ。国の名誉をかけているからね。そもそも国家間が全面戦争していたら、スポーツの大会を開く余裕はないけどね。
テレス
一九四〇年に予定された東京オリンピックは、戦争中を理由に実現せんかった。一九八〇年のモスクワ大会では、ソビエト軍のアフガン侵攻に対する制裁措置として、西側諸国が参加をボイコットした。日本も不参加で出場予定選手たちが涙をのんだ。
アリス
選手たちが一番気の毒だね。政治の問題は選手個人の力だけではどうしようもないもんね。ところで、古代ギリシアの自然哲学者やソフィストたちは、オリンピックを見に行ったのかな?
テレス
彼らが活躍した紀元前五、六世紀頃は、古代オリンピックの第五〇回から第一〇〇回大会の頃に該当する。ひょっとしたら、歴史に名を残した哲学者のなかには、オリンピックを観戦した者がおったかもしれん。しかし、アテネからオリンピアまで約三六〇キロあるからのう。
アリス
三六〇キロといえば、広島市から鹿児島市までの直線距離に相当するね。徒歩で行くにはしんどすぎるよ。
テレス
観客も大変だろうが、出場選手たちは、自分が住んでいる  地域からオリンピアまで行き、そこで勝負をするのだからもっと大変じゃよ。
アリス
まずは、競技場に辿り着くまでが試練だね。「オリンピックで重要なことは、勝利することより、むしろ参加したということであろう」という言葉がぴったり当てはまるよ。
テレス
一九〇八年にペンシルバニアのエチェルバート・タルボット主教が語った有名な言葉じゃが、競技場まで徒歩で辿り着くことが大変だから参加することに意義があるという意味じゃないぞ。
アリス
知っているよ。勝敗がすべてではないということだよね。

テレス
まあ、テレビ観戦もいいが、この機会に何かスポーツを始めたらどうじゃい。
アリス
せっかくだけど、僕は、自分がするより、人がするのを冷ややかに観察する哲学者なのさ。
テレス
こりゃあ、だめだ。

ソフィスト(2)

テレス
この前は申し訳なかった。今日は時間があるかのう?
アリス
あるよ。ソフィストの話の続きをしようよ。一部の屁理屈屋のソフィストが、ソフィスト全体のイメージを悪くしたんだよね。いったいどんな人たちだったの?
テレス
前にも話したようにソフィストは弁論術を重視しとった。人に自分の考えを説明するには、いかに相手を納得させるかが鍵になる。弁論術それ自体は相手を納得させるための技術であって、内容が正しいかどうか、つまり物事の善悪とは関係がないんじゃ。しかし、どんな技術も、良いことにも悪いことにも使うことができる。ソフィストたちは、弁論術を悪用 したから評判を落としたんじゃよ。

  

アリス
どんな風にして?
テレス
ソフィストの思想的な特徴は絶対的・普遍的真理が存在しないとみなしておることじゃのう。それゆえ真理の基準は相対的なもので、個人個人の判断によるものになる。
アリス
ということは、宗教的倫理規範や既存の道徳を考慮する必要はないということになるね。
テレス
そのとおりじゃ。良識で考えれば明らかに道徳的、倫理的ではないことでも、相対的な価値基準で理屈をつけるならば、議論の上では正当化することができるんじゃよ。そう、例えば、不正を働くことによって人は幸福になれる、というおかしな考え方さえ、彼らは正当化してしまうんじゃ。

  

アリス
どうやって正当化するの?
テレス
まず、大金を稼ぐことこそが幸福であるとみなすんじゃ。
アリス
お金を稼ぐことのみが幸福であるとはいえないよ。
テレス
もっともな意見じゃ。けれども、それは既存の価値観に基 づいて判断しているからじゃよ。先にも話したように、ソフィストは既存のいかなる価値観も受け入れる必要がないと考えておる。道徳も宗教も、彼らの前では無意味なんじゃ。ソフィストにかかれば、金儲けすることそのものが幸福になり得るんじゃよ。彼ら個人の判断が基準となるんじゃからのう。

   

アリス
世間の常識や価値観さえ軽視してしまうなんて、無茶な話だね。

  

テレス
しまいには、人を騙したりインチキすることも、何が悪い、ということになるじゃろう。

  

アリス
でも、彼らにだっていくらかの良心はあるよね。
テレス
個々のソフィストの内面までは知り得んから、実際のところはよく分からん。ただ、君がそんなふうにソフィストの理屈を非難できるのも、君自身の良心が判断基準のひとつとなっているからなんじゃ。もし君が、既存の価値観を無視し、良心も考慮しないとすれば、彼らの理屈を否定できんし、否定する必要もなくなるかもしれんな。相対的な価値観を認めるということは、結果的に、あるソフィストが、相手のソフィストの理屈を批判できない状況を生んでしまう。共通の価値観を持たなければ、議論は平行線をたどるだけじゃよ。

     

アリス
ソフィストは自分達に有利なように相対的な立場をとったのかもしれないけど、結局は自分達の首を締めてしまったんだね。
テレス
逆に、規範となるべき共通の価値観を持たないということは、人々を納得させることが出来さえすれば、どんなことでも正しいということになるわけじゃよ。
アリス
それにしても、古代ギリシャにはずいぶん強引な考え方を持っていた人々がいたんだね。

      

現代のソフィスト?
だけど、いくら理屈で相手を打ち負かしたところで、良識に照らして考えれば明らかにおかしいことなんて、最初から議論する必要も無いと思うけど。

            

テレス
実はこの現代にも、ソフィスト的な人達はいるんじゃよ。
アリス
えっ、ほんとに?
テレス
アメリカでは近年とんでもない訴訟が起こされている。そんな訴訟の推進役がソフィスト的な弁護士なんじゃ。彼らは高額な報酬を手に入れるために、ソフィスト的弁論術を法廷で展開するんじゃ。原告の自己責任をそっちのけにして、被告に言いがかりをつけて莫大なお金をむしりとる。訴訟の相手は、大金が支払える大企業や自治体なんじゃ。彼らにとって、裁判に勝利し、高額な報酬を手にすることが正義なんじゃよ。良心や宗教的信念に基づく事柄だから正義であるとは考えておらんように思える。もっとも、多くが裁判にならないとして却下されているが、有名な例として、ハンバーガーショップに対する訴訟がある。事前にコーヒーの熱さを警告しなかったのが火傷の原因として提訴したんじゃよ。ホットコーヒーを膝にこぼして火傷をして、4万8千ドル(約5百万円)を勝ち取ったんじゃ。火傷をした人には気の毒なことじゃが、本人の単なる不注意じゃろう。こんなことで裁判を起こし、高額な補償を要求する弁護士に良識があるとは思えん。裁判に勝ったのだから陪審員や裁判官を巧みな弁論術で納得させたんじゃろうが、良識がある弁護士ならばそもそもこんなことで裁判を起こしたりはせんはずじゃ。弁護士としての資質を疑われるからな。
アリス
このような弁護士はきっと、正義だから裁判に勝つのではなく、裁判に勝つことが正義と考えているんだろうね。まったく本末転倒な話だなあ。彼らに良心の呵責なんてありそうもないよ。確かに、ソフィスト全体の評判を下げた一部のソフィストと共通点があるね。どちらも良心や良識といったものが欠けているよ。屁理屈でもって議論を正しく見せかけているに過ぎないよ。
テレス
もちろん、アメリカには良心的な弁護士もたくさんおることじゃろう。しかし、一部のとんでもない訴訟を起こす弁護士が、弁護士全体の評判を悪くしているのはあきらかじゃよ。
アリス
一部の非常識な人の言動が、多くの良識的な人に迷惑をかけるんだね。良心的な弁護士やソフィストにとっては本当にいい迷惑だよね
テレス
その通りじゃよ。良識のあるソフィストには気の毒なことじゃが、良識に欠けたソフィストが悪い意味で注目されてしまったんじゃ。プロタゴラスやゴルギアスのように思想的に優れたソフィストもおったんじゃが、まさに「良貨が悪貨に駆逐される」じゃな。哲学史のなかでは、とかくソフィストの非倫理的な言動に焦点が当てられ批判の的となった。善良なソフィストもおったはずじゃろうに。まったく気の毒なことじゃよ。
アリス
なるほど。
テレス
君も学生としての立場をわきまえ、学生に対する世間の評価を下げんように精進せにゃならんな。わかっとるんか?
アリス
ふわー。えっ、今、何か言った?
テレス

こりゃ、いかんわ……

ソフィスト(1)

テレス
アリス、君の部屋は汚いのう。毎日掃除しとるんかい?
アリス
してないよ。だって、掃除する暇なんかないもの。それにいくらきれいに掃除したって、どうせすぐに散らかってしまうんだよ。結局、掃除をするだけ無駄。
テレス
しょうがないやつじゃのう。毎日掃除をすればそんなに苦にならんもんじゃよ。
アリス
そうかもしれないけれど。でも、掃除するから部屋が汚れるんだよ。
テレス
どういうことじゃい?
アリス
部屋が汚れているとするよね。なぜ汚れるかというと元の状態がきれいだからなんだよ。僕の観察によるとね、いつも整理された状態から散らかった状態に変化するけれど、散らかった状態から整頓された状態に戻ったことは一度もないよ。つまり、汚れた状態はきれいな状態の不可避(ふかひ)的な変化なんだよ。もし、あらかじめ部屋が汚れていたら、これ以上汚れようがないじゃないか。とにかく僕は汚さないために掃除をしないんだよ。
テレス
君は無茶なことをいうのう。汚れたままにしておくと更に汚れがひどくなり、ますます掃除が面倒になるだけじゃよ。いずれにしても一度大掃除をしたほうがいいな。それにしても君はソフィストのようじゃのう。
アリス
ソフィスト?何それ?
テレス
元々の意味は「知者・知恵のある人」という意味じゃよ。
アリス
ということは僕も賢者の仲間入りしたということなんだ。僕の理屈も立派なもんだな。
テレス
ちょっと待たんかい。わしは詭弁(きべん)論者という意味で君をソフィストと呼んだんじゃよ。つまり、屁理屈屋という意味でじゃよ。
アリス
なあんだ。でも、どうして二つの意味があるの?
テレス
まずはソフィストが何者であるかを説明せねばなるまい。ソフィストは紀元前5世紀後半にギリシアのアテナイを中心に活躍した職業的教師のことなんじゃよ。個人の名前ではないぞ。
アリス
自然哲学者がいたころと同じ時代だね。で、ソフィストは何を対象に思索したの?
テレス
法や掟などの人がつくった社会的制度を対象としたんじゃ。
アリス
で、ソフィストたちは社会で重宝されたの?
テレス
ああ、彼らは弁論術などの実用的な知識を教えておったんじゃ。繁盛して名声と富を得た者もおったようじゃ。
アリス
どうして社会的な需要があったの?
テレス
当時のアテナイでは一応民主制が確立しておった。民主的な制度の中で、権力や指導的な地位を手に入れるためには、家柄や財産だけでは不十分じゃったんじゃよ。
アリス
政治家としての弁論能力も重視されていたんだね。
テレス
そうじゃよ。人々に認められるには、一般人より高い教養と人々を納得させるだけの話術が必要とされたんじゃ。お金持ちの人々は、子供の立身出世を願い、著名なソフィストを雇い、勉強させておったそうじゃ。
アリス
現在でも似たようなことがおこなわれているよね。子供の将来のために家庭教師をつけたり、進学塾に通わせたりしてね。
テレス
まあ、いつの世も同じようなことを繰り返しているに過ぎんのかもしれんのう。
アリス
ところで、有名なソフィストはいったい誰なの?
テレス
代表的なのがプロタゴラスじゃよ。エーゲ海北部のアブデラで生まれた。30歳ころからギリシア各地で教えた始めたらしい。そして、アテナイで名声と富を得たそうじゃ。
アリス
思想的にはどうなの?
テレス
ソフィストたちに共通する思想じゃが、彼らは、人間が決めたものには絶対的・普遍的なものは存在しないと考えた。人為的な取決めは相対的で主観的なものにすぎないと主張したんじゃよ。プロタゴラスでは「万物尺度論」というのが有名じゃよ。
アリス
どういうことなの?
テレス
人間が「万物の尺度」ということじゃ。つまり「真理の基準」は神にではなく、人間にあり、その時その時の個々の人間の判断によるものであるということじゃよ。プロタゴラスは、神々が存在しているのか、していないのか、ようわからんといったんじゃ。要するに、彼は古代ギリシアの神々の存在を否定したんじゃよ。
アリス
そもそもどうしてそんな考え方に至ったの?
テレス
当時のギリシアはポリスと呼ばれる都市国家が成立し、各々の国が独自の慣習や制度もっておった。ソフィストたちはギリシア各地を回っておった。そのため各国の法や掟を知ることになった。そこで彼らは気づいたんじゃ。法や掟などの秩序は絶対的で普遍的なものでなく、その国の慣習や宗教から人為的、意図(いと)的につくられ、正当化されたものに過ぎないと。身近な例で考えてみよう。君の家庭ではお父さんが必ず一番風呂に入ることになっている。君の友人の家では、おじいさんが一番目じゃ。そして、それぞれの取決めがそれぞれの家族によって承認されて、入浴の順序がきちんと守られている。これは、家庭内では人為的につくられた秩序が正当化され、絶対化されているとみなせる。一方、他所の家庭では入浴の順番を決める必要性さえ見出されていない。3軒の家庭の入浴時の決まりごと(慣習に相当)すべてを観察した人(ソフィスト的立場の人)は、各家庭には入浴の順番を決めた何らかの根拠を認めるけれども、その根拠は相対的かつ便宜(べんぎ)的なものすぎないと理解することになるじゃろう。そこには決して絶対性なんか見出されないじゃろうが。要するに、ソフィストは第三者的な視点から社会制度をとらえ考察したんじゃよ。
アリス
なるほど。ソフィストたちは随分思い切った考え方をしたんだね。プロタゴラスは既成の神々を批判して大丈だったの?
テレス
いや、残念ながら、市民から不敬虔(ふけいけん)で訴えられ、アテナイから追放されたんじゃよ。
アリス
プロタゴラスは必ずしも間違ったことを主張しているとは思えないけど、神々の存在を否定されることは信徒にとって耐え難いことだよね。でも、プロタゴラスの主張からだけではソフィストを詭弁論者とみなすことはできないよ。
テレス
もちろん、プロタゴラスは知者としてのソフィストじゃよ。しかしなぁ、あまりにも非常識なことを主張するソフィストもおって、ソフィスト全体の社会的評価が下がったんじゃよ。
アリス
そうなんだ。それで?
テレス
申し訳ないが、今日はもう時間がない。それについては次回話すことにしよう。さらばじゃ。

哲学者は科学者?

アリス
なあ、テレス。ソクラテスって有名な哲学者だよね。
テレス
そうじゃ。紀元前5世紀頃のギリシアで活躍した代表的な哲学者なんじゃよ。
アリス
ひょっとしたらソクラテスが最初の哲学者だったの?
テレス
いや、最初の哲学者ではないんじゃ。ソクラテス以前にもギリシアには哲学者がおったんじゃよ。つまり、紀元前6世紀頃には哲学はあったということなんじゃ。
アリス
どんな哲学だったの?
テレス
最初の哲学は自然哲学と呼ばれとるんじゃ。自然哲学者は自然や宇宙を対象として思索(しさく)したんじゃ。
アリス
空を見上げたり、星を眺めながら物思いに耽(ふけ)ることは、もっと昔の人間もしていたと思うんだけど……
テレス
凡人と違って自然哲学者はただ漠然と自然現象を眺めておらんかったんじゃ。表面的に変化する現象のみにとらわれず、変化の根底にある原理や物事の本質を見極めようとしたんじゃよ。
アリス
そんなの哲学とはいえないよ。科学じゃないの?
テレス
そうなんじゃ。自然哲学は科学の始まりともいえるんじゃよ。自然現象を詳細に観察し、それらを分析し、そして現象の背後にある本質を探るために思索をめぐらす。まさに科学的方法論の原型といえるものじゃ。そもそも古代ギリシアでは、哲学とその他の科学は分かれておらんかった。天文学、物理学、生物学は哲学に含まれとったんじゃ。
アリス
なるほど!科学は哲学から派生したものだったのかぁ。ところで自然哲学者はどんなことを思索したの?
テレス
彼らは「万物の根源は何か」ということに強い関心を持っておった。
アリス
「万物の根源」って?
テレス
ありとあらゆるものすべてを造り上げている最も基本的なものということじゃよ。現代の物理学では、陽子、中性子、電子が根源とみなされているはずじゃが。
アリス
なぁんだ、これ以上分けることができない最小の物質のことか。で、当時の自然哲学者は何て考えたの?
テレス
タレスは、万物の根源を「水」とみなしたんじゃ。水は気体にも液体にも、固体にも変化する。そして、すべての物に含まれ得る。水分の多少が物の形を変える。また、生命は水なくして存在できない。このような理由から、タレスは水が万物の根源であると考えたのじゃろう。
アリス
タレスは間違っているよ。水はさらに水素原子2個と酸素原子1個に分けられるということを忘れているよ。
テレス
そのとおりじゃ。だが、そのような考え方は近代以降のものじゃよ。確かに古代ギリシアの考え方は現代の物理学と比較して滑稽に思えるかもしれん。しかし、紀元前6世紀頃に物質の根源についての議論があったということは驚くべきことじゃと思わんかのぅ。
アリス
そういわれると、そうだなぁ。でも、もし古代ギリシアに僕がいたとしても、タレスみたいに深く考えないよ。パルテノン神殿がある丘の上で昼寝でもしながら毎日を過ごすと思うよ。
テレス
とほほ……