僧侶は 仏具や什器備品の荘厳の中でも一番大切

寺々を伽藍(がらん)と言うことがあると言いましたが、ガランドウは空っぽのお堂のことです。お寺の要件は、礼拝の対象である み佛さまがおられ、祭祀に当たる僧侶がいて、信徒さんがおられ、かつ教えが公序良俗に反しない事が宗教法人法の定めるところです。
 正月は、お坊さんも沢山の方が出仕(しゅっし)され、法要がなされ、信徒さんも群集なされます。み佛さまも、ことのほか喜ばれることでしょう。
 観音院は、十善戒という道徳を説くと同時に、皆さんが元気になられるよう祈願しているお寺です。
 念ずれば花開くと言われますが、そんなのは無理です。花を念じて開かせる、比喩としてもオーバーですね。花は丹精し咲けば供養するもの。
 間違ってもそのようには祈りません。自然の摂理を念力で曲げるなんて言うべきでは有りません。
 法主さんも住職さんも、そのような無理は願われません。
 花とは意思を通じ、会話することは、とても難しいからです。
 人には意思が伝えられますから念じて元気にして上げることも出来ますが、花には念じても通じません。花が夢を見ると思いますか。
 動物にもある程度の祈りは通じます。人間の言語が通じるからです。猪や熊になると、自信が持てません。飼ってる動物にも通じます。人間社会の環境で育ったからです。
 機械にも人が使いつけた物には祈りが通じます。新しい機械を作った人は上手く動くよう祈ります。
 祈りの無い家は壊れやすく、祈るような気持ちで立てられた建物は丈夫で長く壊れないものです。
 観音院には、信徒さんの安全を願う祈りが込められています。
 美味しい料理を作ってお客に喜ばれたいと願う調理師の料理は美味しい。偉大な発明も、考え方も、全部に祈りがあるのです。ノーベル賞も同じ事なのです。
 祈りは、人の人々の幸せを作るためにあります。葬儀も亡くなられた人に喜んでもらうため、供養も同様です。
 観音院にはその辺の大学の図書館以上の仏教書籍書物があります。これも観音院の大切なものです。
 住職も法主さんも、教えの基本となる図書を求めて止みません。良い教えを、僧侶や皆さんに勉強してもらうために揃えておられます。
 法主さんは人間ではありません。人としての個人的欲望が完全にありません。全部寺のため、信徒さんのため、佛さまのための行動で、完全無欠です。
 このような僧侶を持つ寺は、不思議なもので、み佛さまが集まって来られます。観音院の中には沢山の御佛像が祭られています。
 み佛さまの居心地が良いからだと、考えられますが、いかがでしょうか。
 観音院に十年前にパソコンやワープロが沢山あると話題になった事があり、現在もそうですが、これは物好きな事をしたのではありません。
 寺院を運営し維持する上で、整理された資料は必要不可欠です。
 最近、法主さんは先祖代々の過去帳が入っている仏壇を作られました。
 これは五ギガの固定ディスクを内蔵しているものです。文字だけで無く、ビデオがあれば音声画像を出すことも可能です。現代の人なら顔と声で子孫に語り掛けることが可能です。
 観音院のしていることはみ佛さまと信徒さんと僧侶が三位一体です。
 観音院で得度を受ける人たちは尋常ではありません。そして得度した人たちは口を揃えて、感動した、素晴らしい機会に会えました、と言われます。
 その感動の多くは観音院の優しさが原因です。十一、二月は、正月を迎えるために、奉仕くださる方々と役員が献身的に働いておられました。法主さんは十二月も一月も東京に行かれます。
 皆さん本当に献身的です。その理由は観音院にみ佛さまがおられるからです。み佛さまは、良く拝まないとただの木佛、金佛になってしまわれます。
 店や仏壇屋、通信販売で求められた仏像はただの物です。拝む事により、み佛さまになられるのです。
 み佛さまに、御力を持って、物からみ佛さまになって下さることを、俗に、お性根を入れるといいます。
 お性根のある霊力を持たれた佛さまも、拝まないと、ただの物になられます。み佛さまはよく拝まれると霊験があらたかになられるのです。
 観音院は三百六十五日、毎日三座以上、拝みに拝んで、立派なみ佛さまになっていただいています。

「僧侶」は、仏具・什器備品の中でも一番大切

法主さんも住職さんも人というよりみ仏さまと同じ存在で大切にしてます。
 法主さんは人であり人ではありません。人として尊敬を欠き、尊厳を損なうと、仏罰があたると信じています。個人として、人間としての主張は一切有りません。
 先月十三日と十四日に二十名の方が出家得度される儀式を執行しました。正式に法主さんの弟子になられました。
 監事一同相談した結果、年齢相応の加齢による滲み、皮膚の老化などの一切を手術でとって頂くことを決めました。私たちの希望通りに手術されました。瞼の下の皮膚を四センチ、上下、両方で八センチ、幅二センチ切りとり引き上げる、左右の頬の滲みも全部焼く大変に難しく、かつ苦痛を伴う三時間にもわたる手術でしたが、何も意見を申されず淡々としておられました。
 法主さんは住職になるにあたり断種されていて、男性としての性を否定されています。住職さんも男性としての機能をもっておられません。
 ご両方もお子様が出きるような可能性は皆無で、醜聞も無く、世襲制は身をもって否定されているのです。
 一年に何人か想像妊娠を言われる方がありますが、ご両方とも有り得ないことです。
 怖いのは、中絶には強く反対されていて、もし子供が出来て、相手が分からない、何らかの事情で相手が出産に反対のような場合に、法主さんに依頼すれば、認知もして貰えます。援助もされるかもしれません。
 戸籍を見る限りでは法的に認知された例はありませんが、シングルマザーが増えるにあたり、多分妊娠した人の家族に自分の子供だと言われて中絶をしないよう説得されたのだと思います。
 最近、四十過ぎの女性が二十歳過ぎの立派に成人された男性を連れて尋ねて来られ、このお方が貴方のお父さんだと言っておられ、その男性も恭しくその節にはお世話になりましたとお礼を申されておられましたが、法主さんはことの外お喜びで、上機嫌でした。
 それ以上のことは何も有りませんでしたが、法主さんは大胆と言うか、み仏と言うか、このような人は聞いたことも見たこともありません。
 今年度早々にも親の供養のためにと二千万円を寄進された方が、後日、何らかの理由でお金が入用になったのでしょうか、返金して欲しいと申し出られ、法主さんはご自身が千八百万円、それに住職さんが協力されて千九百万円を直ちに返還されました。
 その人のご両親のご供養は、勿論そのまま継続されています。
 ご供養の意図は継続され、浮世の経済的なことは法主さんが解決されたのです。貧富の度合いでは計れません。
 法主さんは一切の私物を何も持っておられません、爽やかなものです。お酒は一滴も飲まれません。どこにでも出掛けられ、職業に、出自、身分、性別など、差別されることは一切無く、一切を平等に、対等に交際されます。
 お洒落と言う評判も有りますが、足袋、下着、靴、シャツ、スーツなど、全部、信徒さんと監事が選んだものです。個人の趣味を申されたりご自分で買われたことは一度も有りません。
 時計とか車両など、もっと言えば、寺にも自己の生命にも、何も執着をお持ちではありません。
 恐れを一切感じられません。因縁をつけて恐喝する人もおられますが、そもそも名誉も何も興味を持たず関係の無い方ですから、恐喝になりません。
 遵法精神は旺盛と言うより従順です、失うことが何も無いのです。
 放置すれば、食事もとらず、裸に近い襤褸(ぼろ)で暮らされ、み仏の世界に行ってしまわれるでしょう。
 先般、新幹線に乗られている最中に台風で静岡で止まりました。「歩いて帰るから心配しないように」とメールが入りました。笑い話なら面白いのですが法主さんの言葉は素直で本気です。
 望まぬことが起きても絶対に怒られません、何か理由があるのだろう、で終わりです。理不尽には興味無しです。
 活きている如来さまですから、存在自体が希薄で重いのです。でも会いたいと望まれれば何方でも面談されます。ご商売が目的で面談されるとご寄付の申し入れなら有り難く、売り込みの話なら、購入の権限は一切持っておられ無いので話が続きません。
 ご寄付の場合も監事がよくよく趣旨を確かめて、法主さんに報告し、法主さんはお徳を賛嘆される立場です。
 法主さんが可哀想と思われると血の涙が流れます。人を救おうと願われる姿は不動明王のようです。

「がらんどう」は 中が空っぽのお堂

人が沢山集まって来て、博打をさせて、寺銭を取ったのでは伽藍堂です。伽藍堂は中身が無いお堂のことです。
 信徒さんが集まって「花見の宴会」をするのは微妙なところです。
 「花見の宴会」も最初と最後に読経し、お坊さんが法話をする、これは伽藍堂ではありません。
 昔も今も本堂を出張販売の呉服屋さんに貸して席料を貰う、これは博打場にして寺銭を取るのとほぼ同じ行為でで悲しいことですね。
 お堂に仏具を入れて荘厳する、どんなに立派な荘厳しても、望ましい人々が居ないと伽藍堂です。
 観音院は大変に頑丈で立派な荘厳をしていますが、万一、一日三座の法要を怠ったり、信徒さんの参詣が無かったりすると只の伽藍堂になります。
 一日三座の法要をするようになって台風が来ようと、大雨が降ろうと、参詣者が無いと言う経験がありません。
 大きな寺院でも大雪が降って、一面に足跡一つも無い、良くある光景です。
 弟子思いの住職さんが、「今日は法要しないから、ゆっくりしなさい」なんて言われたら、立派なお堂も伽藍堂になってしまいます。
 先代も先々代も遷化するまで朝夕の読経は座して行い、座れないようになると横になったままでも読経していました。努力では無く淡々としてです。
 お堂が立派になるにはお坊さんの質が大切です。信心の無いお坊さんだと立派なお堂も伽藍堂になります。
 立派なお坊さんの定義は「覚り」が有るか無いかで決まります。
 覚っているか否かは見ただけでは分かりません。良く参詣して、いろいろ話を聞いて納得されて帰依されると良いでしょう。
 伽藍に荘厳して、立派なお坊さんが居ても、世間の人が居なければ、伽藍は空っぽと同じようなものです。
 世間の人、信徒さんと言っても良いですが、集まって居るだけでは烏合の衆と同じです。烏合と言うのは何と無く鳥が集まっているような状態のことです。お菓子を上げるから皆さん来ないと言って集めた人より始末が悪い、何の目的も規律も無く、ただがやがやと集まっている人たちのことです。
 これでは相撲見物の人たちの方が居られる方が益しです。まあ実際に芸能人に来て貰って清興とか何とかいって人集めをする寺院もあります。
 有名人を広告塔に使う団体も少なくありませんが可笑しいですね。
 お堂とお坊さんと信徒さんの関係は大切です。不可分と考えて良いです。しかし、信徒さんは老若男女を問わず善男善女人で無くてはなりません。
 お寺の門をくぐり、お堂に上がるだけでも、清められるくらいのものです。
 参詣者は如何なる人も全て善男善女人です。これが観音院の加持功徳力なのです。
 加持とはみ仏様の力で一切衆生を清め、加護することで、殊にはみ仏様と僧侶と皆さんが一体となり、災いを除き、願望が成就されます。功徳とは、善行を積まれる人となられ、その結果としてみ仏様の恵みがあります。これは難しい説明ですね。観音院は不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋恚、不邪見を説いている寺です。
 優しい心をみ仏様に供えてください。最高の供物になります。優しい人になるよう努めてください。門を通過しただけで、罪障を清める、そのように簡単に人は善人になれません。

 法要を休み無く継続するために、僧侶は一日一日、健康に留意し、怪我をしないよう、事故に遇わぬよう細心の注意で過ごし、風邪を引くことも許されません。この僧侶の精進はみ仏様に捧げる最大の信心帰依となります。
 一生懸命の僧侶と一生懸命の参詣者の法要、この中に加持も功徳も生まれてくるのです。
 観音院の参詣者の大きな特徴は多くの参詣者が僧侶と一緒に声に出して読経されることです。ご一緒していて、所謂ご法楽というものに浸ることが可能にになります。有り難いことです。
 法要の執行される前に、一生懸命に掃除に励まれる信徒さんや僧侶の姿を目にすることができます。
 法要が済んだ後の片付けも同様で、観音院の法要はみ仏様と僧侶と参詣者が一体になってなされていることが良く分かります。
 このような日常を見ていますと、どのような仕事であっても三位一体が如何に大切か理解出来ます。

檀徒とか信徒は何をもって称するのでしょうか

寺で一番困った存在は、一部の檀徒(境内に墓所がある)です。先祖か、親が、厚い仏縁をもっていて菩提寺と定めて、その寺の檀家になった。
 檀家は、本来は寺と親子のようなもので、葬儀に関わらず、婚礼にも僧侶を招き、僧侶と家族の縁を結んだものです。
 檀家は、旦那寺の維持運営に責任が有り、寺の運営の根幹をなすべき存在でありました。
 観音院は、寺で生活指導を受けて、可能であれば得度を受けて戒を授かり正式な「信徒」として、お寺の運営と維持に関わる人を大切にしています。
 檀徒という概念はありません。寺の法要に参加せず、本尊さまも礼拝せず、親や先祖が功労者でも、信心が無い人は何の関係もありません。
 信教の自由は憲法で保障された基本的人権なのです。
 得度(とくど)には二つあります。出家して僧侶の席に連なる人と、仏縁を結ぶ得度で結縁(けちえん)を求めるものです。どちらも、仕事や家庭を大事にするという基盤のもとです。
 結縁は、従来、何となく寺に出入りされていた人は内縁関係みたいなものですが、得度すると正式に入籍するようなものです。
 僧侶になる人には「僧名」と「寺名」が授与されます。
 結縁は「生前戒名」が授与されます。
 得度は同じで、法衣・袈裟・数珠を授かります。僧侶になるには紫衣とか八条袈裟とか、五鈷とか散杖など色々と必要で、最低でも三十万円必要です。
 結縁のための得度は、支具料十万円です。異なるようですが、将来僧侶を目指されるか、信徒のままでいるかはご本人の自由です。
 正式な僧侶として活動するには、嫁入り衣装を作るくらいの費用が必要です。法主さんの納衣(のうえ)という豪華な袈裟(けさ)は皆さまの寄付ですが壱千万円くらいです。
 得度を受けることは、皆さんが出来る最大のご供養で、七族の罪障を清め、先祖代々の最高の供養となり、ご本人には本尊守護の約束があります。
 得度を受けることは、十善戒「不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋恚、不邪見」の戒律を、なるべく守ろうと努力する約束が必要です。
 観音院は世襲制では有りませんので衆望がある弟子は観音院の住職になれる可能性がある資格を持ちます。
 法主さんの弟子で僧侶らしき人は約二百人で今後も増加の傾向にあります。
 観音院は既に本山機能を持っていますが、包括団体の認証を受けることを検討して準備中です。
 僧侶養成講座を持っているのはそのような理由からです。既にたくさんの僧侶がおられ、精進しておられます。
 観音院の僧侶は平等で、僧階は作らない方針です。紫衣の許可等は僧階や年数で無くて、実際に着用の必要が生じた僧侶に出しています。
 法主さんが目指しておられるのは、僧侶ではなく、聖[ひじり]と仰がれるような人の養成です。
 聖者の資格は、与えられるものではなくて社会が認めてくれるものです。

 鈴之僧正の呼称は、大僧正とか中僧正と言うような単純なものではありません。日常に中で鈴の音を立てることによって、周囲に「私が居るよ」と皆に知らせるために、腰に鈴を二つ常時付けられていたからで、存在する以上、鈴之僧正にも見たくない光景や聞きたくない話もあります。
 世間の皆さまが法主さまを尊称し、或いは親しみを込めて「鈴之僧正」と呼ぶようになりました。
 鈴之僧正とインターネットと検索すると、沢山の関連サイトがあります。観音院も超有名サイトになりました。
 その鈴之僧正は名前にも執着しておられません。実は観音院の東京担当・責任役員の加賀博(僧名・勧善)さんに「鈴之僧正」の名前を差し上げておられます。
 加賀さんは著名なコンサルタントで篤く弘法大師を尊崇されています。
 鈴之僧正は史上最大の十善戒の解説テキストを書かれています。四百字詰原稿用紙にして二万枚に達しています。

 慈雲尊者は「十善 是れ菩薩の道場」と言う言葉を遺しておられます。
 慈雲尊者は千七百十八から千八百四年(享保三~文化一)江戸時代末期の学僧です。『十善法語』十巻が、法主さんに強く影響しました。一宗に拘泥せぬスケールの大きな著名な僧侶です。

 法主さんの包容力の大きさ、慈悲の大きさは計り知れません。所有欲は全くありません。貨幣経済の中で僅かな現金と必要最小限度の私物と狭い部屋に住んでおられます。私物と言うのも実際は皆無と言って良いでしょう。 
 接待で料亭などへも皆さま方と気軽に行かれますが、食べ物には特に好き嫌いはありません。
 飲酒は一滴もなされません。テレビも殆どご覧になりません。ラジオも聞かれないようです。読書は良くなされているようです。人の意見は襟を正して聞かれます。ご意見やご要望があれば遠慮無くお話下さい。

防災に考慮されていなかった仏具

仏壇仏具は華麗であり、尊厳でもありますが、「防災」の観点からすると残念ですが落第です。
 良い蝋燭は崩れずに完全に燃えきるものですが、時として芯が燃えきらずに溶けた蝋燭の池に落ちて、芯を二本にしたようなものですから、灯すというより燃やすような状態になります。
 燭台相応の蝋燭のサイズを選ぶことはとても大切なことです。蝋燭も少なくとも一箱は使い切って良ければ同じ品物を購入するよう心がけて下さい。
 何ヶ寺かは、蝋燭の不始末で、住む家も火災になります。
火のついた折れた線香も大変に危険です。万一、畳と畳の間に落ちると、ここには「もぐさ」のような、埃のようなゴミがあって、畳の下の方を火が伝わって行きます。畳が燃え上がって気がつく火事で、仏壇は粗略にしないように、火の用心が大切です。
 お寺の構造で危ないのは本堂床下です。通常の床下より高いですから、出入りが出来ますと、浮浪者が住み着く場合があります。優しい住職さんだと居住を認められる場合もあります。
 寒くなりますと焚き火をされて、その不始末で本堂全焼なんて本当の話でこれは住職さんの管理不十分です。
 仏壇のお蝋燭はマッチやライターで着火する儀礼を捨てて、電池式の蝋燭灯が市販されていますので買い換えらると良いと思います。
 地鳴りがするような地震が来ると、蝋燭立ては火がついた蝋燭もろとも天井に突き刺さるくらい飛び上がります。
 阪神淡路大震災の時に冷蔵庫が飛び上がって、天井に四角い穴が開いたそうです。地震は何時起きるか見当がつきません。通夜の最中でも葬儀の最中でも、普通の礼拝中でも、一mくらいは飛び上がる心得と覚悟が必要です。
 礎石は動くものなのです。須弥壇も仏壇も墓石も動きます。揺すってみて大丈夫かどうか、その程度では、全く信頼出来ません。不動の物は、何一つ有りません。
 墓石に掘り込んだ文字も長年の間には風化して誰の墓か読み取れなくなります。それで良いと考えましょう。
 今、観音院で一番気掛かりなことは実は、み仏さまの耐震対策です。
 床下に三十センチの余裕がありますので、これで前後左右の揺れを吸収して、背後に碇となるボルトを埋めて、釣り糸の丈夫なもので揺れを支えようかと考えています。
 吊り物は必要な力で保てるようにしていますが、安全の保証は有りません。
 揺れる震度の大きさに常識は無いので自己満足の程度です。
 皆さんも何時大きな地震に遇ってもいいように家中を点検して下さい。
 観音院も法主さんの横に重い常夜灯とずっしりとしたみ仏さまが耐震対策されずに有ります。
 パソコンの本体ですら、怖いからと床に置かれる法主さんでもこうです。
 話が変わりますが、法主さんの鍵には呼笛と小さな懐中電灯が付いています。電池が無くても発電しながら聞けるラジオを常備されています。箪笥や本棚などは全部金具で壁に固定してあります。閉じ込められた時に使うバールと言う工具なども、職員全員が身近に置いて置くよう教育されています。災害は忘れた頃にやって来ます。
 仏壇に押し潰されたとか、礼拝の灯明や線香を原因とした火事で焼け死んではなりません。
 大きな震災は必ず起きます。それも相当高い確率で迫っています。
 家庭は家族が点検しましょう。寺は信徒さんが点検しましょう。仏壇屋さんは納品したら仏壇と家を固定して下さい。冠婚葬祭業者の方は須弥壇の飾りつけの元の耐震対策を考えて下さい。
 葬儀の最中には地震が無いと、いい加減なことを考えず、地震があったら祭壇はどうなるか、参列者の避難は、これは誰の責任でも有りません。一人一人の生死の問題なのです。