寺子屋文化教室の常連さん

11

上の絵画は、福岡浄観さんの作品です。こちらからも笑顔を返したくなるような優しさが感じられますね。

浄観さんは古くからの信徒さんで、書や絵画をたしなんでおられ、沢山の作品データをこの観自在の寺子屋文化教室に投稿して下さいました。
昨年十二月半ばにも観自在の発送奉仕に来られて、笑顔で「また新しい作品に取り掛かっています、出来上がったら奉納いたしますので」とおっしゃっていたのですが、一月二十日、急病で亡くなられました。
一月十一日に遷化された法主様も、六歳年下の浄観さんが、ご自分のすぐ後で亡くなられたので、「あまりに早すぎる」と、びっくりなさっていることでしよう。

これまでに浄観さんから寄せられた未掲載の作品データがまだ沢山ありますので、これからの観自在で随時「遺作」として掲載させていただく予定にしております。

佛画奉納の勧め

■写佛(しゃぶつ)
佛画(ぶつが)を写し描くことを、写佛といいます。み佛さまを描くことは、それ自体が功徳(くどく)あることです。また、佛画を奉納されるとみ佛さまと善き縁が深まります。

一枚描いて、一度で出来ればそれで良いのですが、何枚も練習して描かれた時は、一番良く出来たものをお寺に奉納します。

これは、写経(しゃきょう)も同じですが、練習した分は奉納しません。ご自分で処分するのが気にかかる方は、お焚き上げをお願いされて下さい。

■み佛さまの描き方
写佛は難しそうだからとても無理、なんて思わないで下さい。お絵描き、塗り絵の対象が、み佛さまになっただけのことです。
髪の厚さは自由ですが、サイズは「A4縦」に限ります。

輪郭(りんかく)は、ご自分で描かれても良いし、難しいと思われる方は手本をA4に拡大コピーしてから上に薄い紙を乗せてなぞる方法でも構いません。なぞる時に黒ではなく「薄い黄色」を使われると、後で薄い色を塗りたい場合に輪郭が強調されすぎず、綺麗に仕上がります。

輪郭が出来たら後は色を塗るだけです。色はご自分の思うように、また、背景にも忘れず色をつけて下さい。絵具は日本画用に限らず、身近にあるもので結構です。心を込め、丁寧に色を塗って下さい。

案外と簡単に出来ますので、初めから苦手と決めつけず一度挑戦してみて下さい。もちろん、子供さんにも出来ます。また輪郭が上手く描けない小さな子供さんは、大人の方が手伝ってあげて構いません。色を塗るだけなら、幼い子供たちにも出来ると思います。親子合作も大歓迎です。

写佛を始める前には、手と顔を洗い口を漱(すす)ぎます。

合掌礼拝し般若心経を一巻お唱えしてかから描き始めます。筆を置く時も合掌礼拝します。

CCF20150828_00002

■奉納について
奉納は原則として観音院にご持参いただいております。佛画は折り曲げずお持ち下さい。また、奉納された佛画は返却できません。

CCF20150831_00000

お参りの際には是非、ご法要にお会い下さい。

定例法要は毎日、午前十時、正午十二時、午後二時の三回で年中無休です。
どうしても参拝が無理で郵送される場合は、厚紙を当てて封筒の表に赤字で「二つ折り厳禁」と表記して下さい。また、佛画の奉納料の現金は絶対に同封しないで下さい。奉納料は別便で現金書留か郵便振替を利用して下さい。

佛画の表に氏名やサイン、押印が入れてあると、礼拝の対象になりませんので、ご注意下さい。別の紙に、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、学年または職業、郵便番号、住所、電話番号を記入され、佛画の裏に貼って下さい。

ご奉納いただきました佛画は観音院にお祀りして、丁重にご供養させていただきます。

寺小屋文化教室から投稿のお願い

寺小屋文化教室に、皆さまの絵画、写真、漫画、詠まれた和歌、俳句などの作品をお寄せください。
但し基本的なマナーとして、他所へご応募なさった作品の二重投稿はご遠慮くださいませ。

八月号から、投稿を採用された方に、沈香(じんこう)の仏具ブレスレット(数珠仕様になっております)を差し上げる予定にしております。

present2015
これは法主様が、ご自分が日常法要に使用されていた数珠を、自ら小分けして作られたものです。

沈香の中で特に良質なものを、「伽羅」(きゃら)といいます。日本で一番有名な沈香(伽羅)は、織田信長が切り取った跡が残っている正倉院宝物の「蘭奢待」(らんじゃたい)ですね。

沈香の価格は、純金と同じです。

▼今回採用された方に差し上げる沈香の仏具ブレスレットは、一つ組む度に法主様が般若心経を百回お唱えになり、護持者の七難即滅・七福即生を祈願しておられます。

▼投稿の締め切りは毎月五日です。観音院へご持参されるか、又は寺小屋文化教室宛にご郵送ください。寺小屋文化教室の住所は、観音院と同じです。

観音院の住所   〒733-0032 広島市西区東観音町10番2号

CCF20150627_00002

▼ご応募された原稿の返却はできませんので、絵画などの作品の場合は撮影した写真をお寄せいただきのも良いと思います。皆さまの投稿をお待ちしております。