光然の高野山修行日記 ・十二 前半

七月二十四日に一学期の終業式が行われ、お盆の手伝いを兼ねた修業、二学期から始まる加行の準備・・・・。

などの建前を含んだ一ヶ月の夏休みが始まります。

しかし、テストが無事に終わっても四か月過ごした学院を何もせず離れる事は出来ません。

というわけで今回は、自室の整理を含め、院内の大掃除についてお話いたします。

まずは自室の整理について。

例え二学期に戻って来ると言っても、部屋に最初から備え付けてあった机とカーテン以外は、外から決して見えないよう納めよと、徹底した指示が入ります。

家族に車で迎えに来てもらえる者は布団や荷物を気軽に持ち帰れますが、誰もがそれを出来る訳ではありません。

二学期に入ってからも学院生活で必要な物は置いて帰りたいと考えるのが人情と言うもの。

布団一式と共に、入学当初の雪がちらつく三月から、動けば汗ばむ七月までをいっくるめた着替えや日用品、教科書類に学院から貸し出されている華道道具などを、押し入れに押し込まなければいけません。

男二人とはいえ、それなりの荷物の量です。共有している押し入れ一つに収納するため、持ち込んでいた大きな段ボール箱を潰し、食堂から食材などを納めていた丁度良いサイズの段ボール箱を頂戴して行きます。

不要品を送り出す段ボールとしても活用できるので、熾烈な段ボールの入手合戦が陰ながら進行していたのも良い思い出と言えます。

また室内の掃除も蛍光灯カバーや窓ガラス、自室廊下の窓を含めた清掃も忘れず行わねばなりません。

ここで窓の水垢、鴨居に埃を残す手ぬるい掃除をしていたために、帰宅の許可をすぐに貰えなかった者もいくらが出て来たそうです。

それでも大半の生徒は終業式一週間ほど前になると、そわそわしながら普段ならお茶を飲んでいるような空いた時間にも、荷物の整理、掃除機かけ等少しずつ帰宅するための準備を進めて行ったのです。

光然の高野山修行日記 ・十一 後半

書道、梵習字、華道は作務衣で、茶道は白衣を日常に使うマジックテープ帯ではなく、少々手間のかかる角帯で留めて授業を受ける事になっていました。

授業の始まりは、能化(指導者、師のような意味)の先生が先ほどもお伝えした音が響く階段を上がって来るところから始まります。

音が聞えてくると、次弟に教室全体が静まり生徒全員が合掌して頭を下げ、先生が教卓に着き衣帯を整えられるのを待ちます。

「お願いします」と声をかけられたところで、日直が戒柝と呼ばれる拍子木を一打、全員が頭を上げ、戒柝を二打して改め一礼をします。

続いて一打、般若心経一巻と「南無大師遍照金剛」大師宝号七遍、「南無大明神」明神宝号七遍をお唱えします。

授業の内容は、お大師様の著作に関する解説や伝記、仏教、密教の沿革など真言僧になるための初歩的な知識が主なものとなっています。

悪い言い方をしてしまうと資料的な面では、書店に行けば知識を得る事が可能と言えるかもしれません。

しかしそこで教授してくださる能化の先生方は、深く事に通じた高僧様、また高野山大学で専門に教鞭をとっていらっしゃる教授陣と一流の顔ぶれとなっていました。

それだけにただ記されている文面をなぞり漢文を読み下すだけではなく、そこに秘められている密教的な解釈や、他の資料と関連性を持った解説を数多く受ける事が出来る貴重な場はそうは無いでしよう。

授業の内容は初めて学ぶ人間に向けたもので、分かり易い形にまとめられていましたが内容は深く、久しぶりに学ぶ楽しさと言うものを得る事が出来ました。

堅苦しい想像をされるかもしれませんが、授業の全体的な雰囲気は和やかなもので、眠りに落ちる生徒も出てくる事も多い始末でした。何とももったいない話ですね。

そんな空気にあるので、期末試験と言っても単位を落とすと卒業できないという緊迫感は薄く、能化の先生方もうっかり卒業できない生徒が出てしまわないよう、試験に出る所は重ねて伝えて下さいました。場合によっては試験の問題文を事前にほぼ全て読み上げ、僧侶として必要となる知識を否が応でも暗記するよう導かれる先生もいらっしゃいました。

そのおかげもあってか、赤点を取った生徒は「一学期終了後も数日間は帰宅出来ず特別な行を課せられる」とまことしやかに囁かれていた噂は証明される事無く、噂の真相は藪の中に。

何はともあれ、専修学院第七十三期生は誰一人赤点を取る事無く、無事に一学期を終える事が出来たところで、今回は終わりとさせて頂きます。

光然の高野山修行日記 ・十一 前半

今回は専修学院で受けた、座学の授業や試験についてお話を致します。

多くの授業は教室で行われ、教室は板張りで、机に椅子と多くの人が想像するであろう一般的な学校の教室とほぼ同じ作りとなっています。

一般の教室と違う所は黒板の隣、教室の奥にお大師様の御影がお祀りされ、毎朝精進供がお供えされている所にあります。
また授業開始前に日直によってお線香と蝋燭が灯される所も特徴と言ってよいでしよう。

授業開始直前になって蝋燭が残り少ない事や、線香が切れている事に気が付いて在庫補充に走り回っていると、教室への入退室がよく見える(階段を上り下りする音も良く響く)事務所から、寮監先生に見咎められ遅刻せずとも後ほどキツイお言葉を頂く事必至となります。それを避けるためにも、蝋燭に線香の補充は日直だけでなく教室の掃除当番なども協力して、小まめに在庫の確認をするのが一番です。

各授業は一コマ九十分で行われ、一限目は八時四十分から十時十分まで。

八時四十分から授業開始と言っても、一限目と、昼の授業となる三限目は十分前に予鈴があるので油断は禁物となります。

予鈴以降に教室に出入りをすると、昼の食事から夕方の勤行後に事務所への出頭もしくは、他の生徒が合掌待機している中での詰問が始まり、その時に合わせたペナルティ等が課されていたことをお伝え致します。

閑話休題。一限目の終了後、十分の休憩があり、二限目は十時二十分から十一時五十分まで。

その後、昼の食事を挟み十三時十分から十四時四十分まで三限目が行われ、授業が終了して十分後、衣帯を作務衣に着替えて夕方の下座(掃除)となるのが常の流れとなっていた次第。

衣帯と言えば授業であってもここでは修行の一環。授業を受ける際は僧衣でなければいけません。

例外的に僧衣で行われない授業は汚れを伴う可能性のある書道、梵習字、華道、茶道など。

光然の高野山修行日記 ・十 後半

七時半:仏名会開始。配役となった伽陀師は、過去・現在・未来それぞれの礼拝間に伽陀と呼ばれる一風変わった声明[しょうみょう]の経頭[きょうとう]役。

次第に息が荒くなるが、礼拝が終われば息を整えるような間を開けず、発頭せねばならない。
途中、きちんと礼拝が出来ていない者や、礼拝をする内に衣帯がひどく乱れる者が出てきたためにお説教が入るもなんとかやり遂げる。

九時三十五分:仏名会終了。有志協力しすぐさま受戒の準備を始める。湿度が高いために濡れている板の間を拭き、お供物を下げ、必要となる物を出して行く。

与えられた時間が少ない事に加えて、着用するのに慣れが必要な褊衫という衣帯に着替えねばならないため焦る。

九時五十分:受戒(菩薩戒)。五体投地は無いものの、長跪[ちょうき]と呼ばれる膝を床に付けたまま体を真っ直ぐ上に伸ばす姿勢が長く続き、礼拝を堪能した直後の太ももと膝がプルプルする。

十二時:無事、菩薩戒を授かる。

すぐに昼の食事が始まるので、急いで受戒の後片付けと着替えを済ませる。

消化の良いお粥が朝食な上、仏名会で汗をかいた体に「ご飯、素麺(油揚げ、椎茸、三つ葉入り)胡瓜のキューちゃん」という昨今耳にする低炭水化物健康法を蹴飛ばすが如きワンパクな献立がボリューム塩分水分共に胃袋を満たしてくれる。
十三時:自由時間。受戒の後は心静かに過ごす習わしなので、勤行以外の予定は無しとのこと。「戒を授かった意味を考えて行動しないと、後悔させてやる事だけは約束してやる」との寮監主任からの有り難い訓示と共に、汗みずくの体を流すシャワーを使用する許可を頂く。

十四時半:夕勤まで盆供に向けた全体練習。

十六時:夕勤行。

こうして受戒の三日間は過ぎました。仏名会のお供えに用いられていた菓子パンと果物はお下がりとして頂けるのですが、果物等、甘味自体が学院生活では貴重品。特にパンは「卵」が用いられるため不精進物と判断され、外出の際購入して帰る事の許されない禁断の味と言ってよい物です。

二日目にお供えされたクリームパンは生地だけでなくクリームにまで卵が用いられているわけで、なんとも贅沢な一品となります。困ったことに食べ物の話は尽きそうにありませんが、終わりに一学期もあと少しという所で、今回は終わりとさせて頂きます。

光然の高野山修行日記 ・十 前半

専修学院では七月の初め頃、二学期より始まる四度加行[しどけぎょう]に入るために必要な資格である「受戒[じゅかい]」が、三日間に渡り行われました。

「受戒」は初日が初心の戒を授かる「菩薩[ぼさつ]戒」

二日目がこれから僧侶となる者が授かる「求寂[ぐじゃく]戒」

三日目に四度加行を受けるに足る僧侶に授けられる「苾蒭[びっす]戒」。大雑把な説明ではありますが、このような順番で「受戒」は行われました。

また各受戒の前には「仏名会[ぶつみょうえ]」と呼ばれる、過去・現在・未来の諸仏のお名前をお唱えしながら五体投地、懺悔する法会が有ります。

本来は三千仏をお唱えするのですが、専修学院では三百仏で行われました。

五体投地とは、右膝、左膝、右肘、左肘、額の順で地面に着け、両手で御仏のお御足を頂戴し、逆順に立ち上がるだけの単純な動作になります。

しかし御仏のお名前をお唱えしながら、全部で四百回近い礼拝を行うのは中々大変で、終わりには袈裟まで汗が染み出て来ました。

今回はそんな受戒の日についてお話を致します。

七月六日(月曜)仏名会・受戒
二時半:起床。ナッツ、干し梅、のど飴、前日に仕込んだ濃い緑茶を接種。

二十一礼拝、水行。

三時半:朝練のため班員を起こす。

四時:七十三期生が揃い受戒の入堂、進行などについての確認。後日行われる盆供の練習。

五時:朝勤。本日は受戒があるので般若心経一巻、諸真言と簡略なもの。
その後下座。配役者は受戒の用意を行う。私は本日の伽陀[かだ]師なので、前日から用意しておいたお供物(あんパンとオレンジ)のお供えしたり、緋毛氈[ひもうせん]や本堂の畳をセッティングする事に。
十五分と短いが、三日間通した配役者全員で協力し無事に終わる。

その後食事。本日のメニューは普段のご飯、味噌汁、漬物ではなく「お粥、クコの実、梅干、海苔の佃煮」といかにも修行と言った感じに。

七時:食事後、各班時間をずらしながら水行場にて丁子[ちょうじ]湯を浴びて身を清める。以降受戒が終るまでトイレに行く事は出来ない。

光然の高野山修行日記 ・十 前半