光然の高野山修行日記 ・七 前半

今月はこの高野山修行日記で何度か話題にあげながらも、詳しいお話はしていなかった「食事略作法(じきじりゃくささほう)」とその風景についてお話をいたします。
まず本来、僧侶の生活は食事も修行の一環として、一日二食となっているそうです。それでは若者の集団の体を維持できない、現代の生活環境に合わない等諸々の事情で毎日三食の食事を頂けるようになっていました。

そのような次第で朝食と昼食は、本来の修行の枠組みに入る「食事(じきじ)」と呼ばれ、袈裟を着用の上で今回お話しする「食事略作法」が用いられていました。

夕食は、本来僧は夕食を摂らないという慣習を踏まえ「非食事(ひじき)」と呼ばれていました。食事ではなく、身体を健康に保つための「薬食(やくじき)」とされます。この際は修行外の行為として袈裟を着用せず、「食事略作法」も用いられません。しかしここも修行の一環。以前お話したように、皆が自分の座坪(ざっぱ)に入るまで背をしっかり伸ばし、合掌で待機する事や、音を立てる事を戒められている事は変わりありません。

話がそれましたが、「食事略作法」がどのように進行するかに戻りましょう。

全員が揃い、食堂の入り口が閉まったタイミングを見て、上座に寮監先生と並び座る日直が、槌砧(ついちん)(木槌と六角形の台座のセット)を打ち鳴らします。

最初の一打で合掌の姿勢のまま頭を下げ、次の一打で頭を上げます。

また一打をし、日直が皆が平等の食事ができる事、清浄なる食事となる事等を高らかに唱えあげます。

「三鉢羅佉多(さんぱらぎゃた)」

続いて寮監先生も食堂に響き渡る音量で唱えます。

「平等行食(びょうどうぎょうじき)」

光然の高野山修行日記 ・七 中半に続く

光然の高野山修行日記 ・六 後半

団体参拝が数グループ重なると、かなりの広さがある新別殿であっても、立錐(りっすい)の余地なしと言っても差し支えない状態になる事もたびたび有りながらも、無事ゴールデンウィークを乗り越え、出仕の舞台は奥の院へと移ります。

余談ではありますが、奥の院とはお大師様が禅定(ぜんじょう)に入っていらっしゃる建物「御廟(ごびょう)」や、その手前の燈籠堂を指すのではなく、木々に包まれた広大な敷地全体を示しています。

奥の院出仕メンバーは全員で六名、お茶処の三か所に二名ずつ分かれて配置されます。

案内所では高野山全体が描かれた地図や、何日も何処で法会が有るかが分かるパンフレットを配布したり、バスや電車の時刻、奥の院内に誰のお墓がどこにあるか等を案内していました。

金剛峯寺もでしたが、こちらも海外からの参拝者が多く、片言の英語と日本語と身振り手振りを組み合わせて応対させて頂きました。

お茶処は大きな茶釜が二つあり、一つは大正五年と福助マークが刻まれた中々年季が入った代物。釜は炭で沸かされていて、前日に灰をかけた埋め火から火を熾すのが朝一番の仕事となっています。

釜には焙じ茶を詰めた不織布のパックを投入してじっくりと味を出して行きます。優しくほっとする味わいですので、奥の院にお参りの際はぜひ覗いてみる事をお勧めします。

奥の院での出仕も魅力的なものが多く、お茶処では布教師による御詠歌を日に数度拝聴させて頂きました。

また納経所前では、燈籠堂で法会を執り行うため、日本各地からやって来た真言僧たちの入堂の列が連日作られ、様々な衣帯や行道の作法を拝見する事が叶い大変勉強になりました。

そして何より印象的な物はお昼ご飯に有ります。メインとなるお弁当は、高野山内各所で出仕する全員共通の精進弁当なのですが、ここは流石奥の院。毎朝六時と十時半にお大師様に御供えされる「生身供」のお下がりを頂く事が出来たのです。

時間によっては頂けない事もありましたが、生臭ものは使われていない精進料理ながらも量が多く、味もとても美味しく作られていたので、ちょっとした楽しみになっていました。

ピーマンの豆腐詰め天ぷらや茄子の煮びたし、とろろそばにお好み焼きと、毎日様々なお下がりを美味しくいただく事が出来ました。

専修学院での生活で何を学んだか、と考えるとこの「食事の楽しみを知る」事は、かなり大きな比重を占めていると思われます。

専修学院生の食事を作って下さる台所のお姉さん方は、毎日大変な労力で食事を用意してくださいますが、何せ六十名を超える集団です。お米と一種類のおかずでお腹をくちくさせる方法は汁ものなどに限られるでしよう。

院内各所の仏様に御備えした精進供のお下がり「大根、人参、きゃべつ、高野豆腐」も適宜使わなければなりません。

野菜と増量材的な冷凍ポテトが味付けは違えども連日出て来る生活。

あれが食べたいこれが食べたい、と言う思いは不思議とあまり出て来ませんでしたが、出仕の際にお茶処の方から頂いた何でもないクラッカー「リッツ」から得たしみじみとした素朴な美味しさに身が震える喜びを得たのです。

光然の高野山修行日記 ・六 前半

今回は開創法会の出仕に関するお話の第二弾となります。
七月号でもお話をしましたが、私は金剛峯寺の新別殿で五月五日までお茶の接待を勤め、その後は開創法会最終日まで奥の院で案内所や、これまたお茶処でのご接待をお勤めさせて頂きました。
金剛峯寺のお茶処でする事は、やって来たお客様の人数を伺い、お茶と金剛峯寺限定の麩菓子(ふがし)をお渡ししたり、返却用の机に置かれたお盆やお茶碗を回収。また、ここが何をする所なのか知らず、何となく入り口だけを覗かれてお帰りになりそうな方を
お招きすることが主な仕事となっていました。

開創法会と言う事だけあり、連日数百名の参拝者様がいらっしゃいましたが、お茶処のお姉様方、専修学院、高野山高校の生徒皆で協力し順調に日々を重ねます。

そんな中ついにゴールデンウィークがやって来ると、慌ただしいながらも穏やかな状況は一変。一日で千人を超える参拝者様がやって来るようになりました。

金剛峯寺側も人数の増加は予測していて、お茶のご接待は一時中止にして給水タンクを設置。お菓子のみを入り口で差し上げる形態に変更されていました。

しかし、変更当初は設置場所が悪く、入ってくる方と水を求める方が入り口近くで混雑し、湯呑だけではなく水も不足して中々大変な形相となっていたのも良い思い出です。

光然の高野山修行日記 ・五

今回は学院内での水行について、お話をさせて頂きます。

専修学院に用意されていた水行場は全体が檜らしき木材で設えられており、また比較的最近に改修されただけあって、木の良い香りが漂っています。

寮からの移動が許される自由時間ならば、いつでも利用する事が可能で、私は早朝にこのような流れで利用していました。

三時:起床。

水行をすると冷えた体を温める為エネルギーを使うのか、お腹が空くのでお握りやドライフルーツを食べ、苦く入れたお茶等で目を覚まし、水行セットを持ち部屋を出る。
同居人を起こさぬ極力静かな行動が大切。

三時十五分:
土室(つちむろ)と言う部屋で毘沙門天像と向き合い百礼(五体投地)。

三時三十五分:
水行場の水槽に水を溜める。褌一丁になりいざ水行。

三時四十五分:
体を拭き、衣帯(えたい)を整えたら寮舎の洗面所で歯磨き。濡れた水行セットを部屋に置き、経本と袈裟を持ち読経や声明の練習開始。

四時十分:
当日の日直班が動き始めた気配を感じたら、暇に任せて各所の鍵開けなどの手伝いをして練習に戻る。

五時:
起床の鐘が鳴り集会所へ。

朝早めに起きて水行をする。というだけのものなのですが、学院からは行えとも、行った方が良いと言われる事は無く、あくまで修行生活の味付け程度の扱いとなっています。

七月、九月であっても、高地であるおかげか水を出していると蛇口が結露する程に良く冷えていて、体に負担が掛かりかねないので、あくまで自己責任で行う事になります。

それでは実際の水行の手順を紹介致します。

まだ日が昇る前の時間は空気がひんやりとしているので、衣帯を脱いで体を冷やす前に脱衣所にマットを敷き、水行場の水槽に水を溜めておきます。

その後褌一丁となり、般若心経一巻、水天様のご真言「オンバロダヤソワカ」を七返お唱えします。

この頃になると水槽に水がたっぷりと溜まっているので、桶に水を汲み、再び水天様のご真言を唱えながら心ゆくまで頭から水をかぶるのですが、冷水だけあって心臓が「キュッ」となるので、万一の事態を招かぬよう気合と共に声を張り上げてお唱えする事が大切です。

終わったならば素早く体を拭き、衣帯を纏い、脱衣所の水分を手早く拭き取ってマットを棚に干します。

以上が院内での水行の流れとなります。水行が終り、しばらくすると冷えた体を温めようと血流が活発になるのか、ポカポカと眠気がやって来ます。

奥の院での水行の話はまたの機会に。

光然の高野山修行日記 ・四 後半

着替えが終った者は、勤行開始前に寮監先生が火を点けていた味噌汁鍋、ご飯釜、湯釜の火を消し、事前に用意しておいた茶葉を投入済みの薬缶にお湯を注いで、寮監用お盆を食堂に運び込みます。

概ねこの時点で三分目を告げる鐘が叩かれ始めるので、作業を中断し集会所に戻ります。

余談になりますが、お説教や指導が入り勤行の時間が伸びてしまうと、味噌汁からは水分が失われ、シチュー状のとろみが強い味噌汁(時には焦げ味が添付される事も)となります。
ここでいつも通りの量で盛ると全員に味噌汁が行き渡らないので注意が必要です。

閑話休題、下座を告げる挨拶と共に班員はそれぞれの持ち場で作業を開始。勤行前に、人数分の食器を積み上げておくと効率的です。

身軽な人間が食後の食器洗いのために二つのシンクにお湯を溜め始め、配膳係がお茶と、食事作法(じきさほう)で用いる生食水(さばすい)と呼ばれる水を注いで回る間に、ご飯を盛り、そこに漬物を乗せ、味噌汁は垂れた汁を拭きとり、配膳用の箱に乗せて行きます。

程よく配膳箱が溜まって来た頃に配膳係がやって来て配膳開始。

漬物係、拭き取り係も合間を見ながら食堂に運んだり箱の回収を行います。

順調にいけば十分程度で朝食の用意は終わり、残りの五分間で片付けを行います。食後に行っても良いのですが、時間に追われがちな学院生活のためにも、ここで仕上げておく方が何かと
良いのです。

ご飯と味噌汁鍋を洗い、配膳箱内の零れた味噌汁やご飯箱を拭って、各所に散った水分を拭き取ります。

程々に手持無沙汰になってきた頃合いに下座終了を告げる鐘が鳴り、一同集合してから大師、明神の御法号をお唱えしてから、再度「三分ダッシュ」から食事へと移行します。

食事や食当係のお話はまだ色々とありますが、今月は以上とさせて頂きます。