光然の高野山修行日記 ・八 後半

五月二十二日(金曜)大塔下座
八時三十分:学院出発。外周部の箒掛けや、各所の雑巾がけを行う。

十一時四十五分:昼食のため帰院。メニューは(ご飯、林檎入りポテトサラダ、コーンクリームコロッケ二個、沢庵)

十二時五十分:再出発。掃除場所を変えて我々六班は愛染堂の下座。畳を全部外してしまう。護摩の煤や砂がいくらでも出て来る。

十五時十分:他班の掃除場所の手伝いもひとまず終了。各所の見学が十分間許される。滅多に入る機会が無いと言われる西塔を重点的に見学。

五月二十三日(土曜)金堂下座
八時半:学院出発。外部からの目を締め切った上で、薬師如来(阿閦如来)様にはたきをかけさせて頂く。昭和七年に現在の金堂が再建。厨子内に安置されてからこの千二百年法会で初めて開帳された仏様を、通常では有りえない程間近で拝見できる機会は二度とないだろう。

また薬師寺如来様の後ろにお祀りされている仏舎利も拝見させて頂く。

その後、内陣の畳を上げて箒、雑巾がけ。埃、砂がたっぷりと出て水をためたバケツはすぐ真っ黒になる。

十二時:昼食のため帰院。メニューは(ご飯、里芋の煮っ転がし、沢庵)

十三時:再出発。金堂外陣の畳上げ、箒、雑巾がけ、格子戸を外し磨いていく。皆次第に慣れて来て順調に進む。

全体の汚れ落としが終った後は、仏具磨き開始。高野山の総本堂で用いられるものだけに、どれも立派なものである。

十七時過ぎ:帰院。時間が押しているので急いで夕勤行に入る。

この二日間の下座をもって学院生の開創法会出仕は終わりを迎えました。

前述しましたが金堂下座の際、初開帳されたお薬師様の足裏の皺からお臍、厨子に安置されているので、それこそ見る事が出来ない背中まで拝見できた事が何よりの想い出です。

光然の高野山修行日記 ・八 中半

大塔から出てきた数名の僧侶が唱える声明(しょうみょう)と共に、曼荼羅(まんだら)や大日如来様など様々なものが映し出され、太鼓の律動と同期するように変化をして、レーザー光が散りばめられていく様は素晴らしく娯楽性に富む表現でした。

根本大塔という巨大な建造物を用いた演出は、言葉や写真では伝え切る事が難しいのが何とも惜しいです。

十九時五十分:帰院。入浴。入浴時間がほとんど与えられず、浴場はまさに芋洗い状態。

二十時三十五分:就寝

その後は五月二十日に秋篠宮殿下ご夫妻のお出迎えのため、夕方に金剛峯寺正面に集合するなどもありましたが、出仕と学院生活に大きな波乱は無く、穏やかに出仕最終日二十一日を迎える事が出来ました。

そして明くる五月二十二日、二十三日はこの千二百年法会の間、お世話になった大伽羅の清掃に出仕させて頂きました。

光然の高野山修行日記 ・八 後半へ

光然の高野山修行日記 ・八 前半

今回は約二か月に及んだ高野山開創(かいそう)千二百年法要の最後と、その後の大掃除についてお話をさせて頂きます。

五月十七日(日曜)出仕日
日曜日なので下座(掃除)場所移動。

一番最初に掃除担当になった事務所前、集会所に戻る。今年は八班体制なので約二ヶ月経過したことになる。

朝勤行、下座、食事の後、出仕に出掛けるまで時間が少しあるので日記をつけておく。

七時四十分:出仕に出発。本日は中ノ橋前テントでの案内。

十二時二十分:昼食、弁当(ご飯、コロッケ、ケチャップスパゲティ、茸と油揚げクリーム煮、大根の酢の物、千切りキャベツ、胡瓜のキューちゃん)お大師様のお下がり(茄子の煮びたし、蕎麦のとろろ和え、お好み焼き)

十七時:帰院

十七時半:夕食(ご飯、クリームシチュー、胡瓜の浅漬け)この後に予定が入っているため、夕勤行まで時間が少ない。急いで食事を終える。

十七時五十五分:夕勤行

十八時五十分:壇上伽藍(だんじょうがらん)で行われるプロジェクションマッピングの見学へ。

このプロジェクションマッピングというもので私が理解している内容は、映写機やレーザー、音楽などを用いた表現方法となります。しかし、ここで映像機などで照らすのは一般的なスクリーンではなく、立体物に映像を映し出す事が大きな特徴と言えるでしよう。

そして、この開創法会では、壇上伽藍でも特に目を引く根本大塔が用いられました。

多くの参拝者がひしめく中、有り難い事に学院生は金堂(こんどう)の縁側に、席を用意して頂き、板敷に正座をして見学する次第となりました。

光然の高野山修行日記 ・八 中半へ

光然の高野山修行日記 ・七 後半

食事の用意をする食当(じきとう)は、自分の生食皿のお米を移したら素早く念珠を懐中しお椀の回収をして、食堂正面上座にある仏壇に御供えをします。
回収したお米と水を一つに集め、余分な水はタライに移すのですが、ここでも素早く、音を立てずに行動をしなければならないので無用な焦りは禁物です。食当が無事自分の座坪に付いた事を確認したら、日直が槌砧(ついちん)を二打し、お経が再開されます。

「供養偈(くようのげ)」で全てのものに等しく食が行き渡り、満たされる事を唱え、「蟲食偈(ちゅうじきのげ)」で自身の体を構成してくれている存在を供養します。
朝食時にのみ用いられる「旦粥偈(たんしゅくのげ)」で朝食から得る利益。「五観」では印を結び、食を頂ける感謝と決意を唱えます。続いて「正食偈(しょうじきのげ)」を「誓願偈(せいがんのげ)」にて箸を取り、一口ずつ精進の決意を心で唱えながら四口食べ、一度箸を置き合掌をして、食事が始まります。
その後も終わりのお経が有りますが、字数の都合でここまでとさせて頂きます。長々と分かりづらい話になって申し訳ございません。気になる方はお寺で私を捕まえてご質問くださいませ。