光然の高野山修行日記 ・十九

前回は早朝の加行「後夜行」を終えたところまでお話いたしました。

今回は後夜行の後、壇上伽藍の参拝に出発する前の様子をお伝えしようかと思います。

持仏堂で解散後、次の集会まで十分から十五分程度の時間を与えられた生徒は、各々後夜行の片付けに次回行われる「日中行」の準備やお手洗いなどを済ませるため、わずかな時間を無駄にするまいと慌ただしく動き回る事になります。

実を言うと加行が始まった最初の頃はそこまで急ぎまわる事は無く、皆のんびりと壇上伽藍に行くための整列をするだけでした。

しかし、行の段階が進むごとに一座にかかる時間が延びてくると、いかにして時間を生み出すかが重要になり、わずかな時間であっても何もせずに過ごすよりは少しでも後の余裕を得る動きに変化して行きました。

また、慣れて来ると片づけだけなら五分あれば可能になってくるので、自室に忘れていた経本を取りに行くにしても、お手洗いに行くにしても片付けだけはやっておこうと目論む者が多数を占めるようになります。

片付けはどのような手順で行うかと言うと、まずは如法衣(お袈裟)を着用したまま、作業を始める事は許されないのできちんと折りたたみ、脇机に置いておきます。

余談になりますが折りたたむ時間を惜しんた数名の生徒が、如法衣を明り屏風に引っ掛けて片付けをしていた際に、普段は加行後は加行道場に上がって来ない寮監先生が顔を見せた事があります。

「これまでの学院生活で、仏様から頂いた大切なお袈裟を丁寧に扱う。お坊さんとして基本的な気持ちの指導が出来ていない事が悲しい」と下手人ではない者が申し訳なくおなる言葉から始まった長いお説教と、罰の下座(掃除)を一同揃って頂いた事も今となっては良い思い出です。

片付けに話を戻して、まずは行で用いた「六器」と呼ばれる器に入っているご供養が終った十四枚の樒と「飯器」と呼ばれる台にお供えしているお洗米を取り除きます。

以前もお話ししましたが、この樒を行に使えるよう用意するのもそれなりに時間が掛かります。だからと言ってここでもったいない精神を発揮して再利用してしますと、コトが露見して際に格別重い「指導」を受ける機会に恵まれるという噂が有ったので、皆そこは慎重にならざるを得ませんでした。

樒を片付け、六器を香華盆と呼ばれている長方形のお盆に乗せ、洗浄するため流し台へと移動します。
洗浄すると言っても、ただジャブジャブと洗うわけではありません。

行法の中では六つの器それぞれに役目とご供養の順番があり、それは洗浄する時も例外ではないのです。

洗浄の作法は六つの器を所定の順番通りに重ね、閼伽水と呼ばれる井戸水を一番上にある器に少量注ぐところから始まります。

そして水を注いだ器を手に取り、一つ下の器に水を移します。次に新たに水を注がれた器を手に取り、そのまた下の器に水を移し、空になった器は先ほどまで上にあった器に重ねていきます。それを六つ分注ぐ事を一巡として、二巡する事で洗浄の作法は終わります。
なぜこのような水を使いまわす作法なのかというと、仏教発祥の地インドでは水は貴重品であるために、それを無駄なく使い切るための智恵と水への感謝を現わしているのだそうです。

水に濡れた六器を自分の壇へと持ち帰り、ぱぱっと次の準備をするわけにはいきません。ここで水気をきちんと拭き取る事が、快適な加行生活を送る上でとても大切なポイントとなります。

先ほども申し上げましたが、洗浄に用いた閼伽水は井戸水であるため、色々な成分が混ざっているのでしよう。
放ってそのまま蒸発してしまうと、どことなく白っぽい水垢として残り、磨き落とすのに時間が掛かってしまいます。

自分の将来的な時間を奪わない為にも、手を抜けないのです。

いきなりですが、ここで仏器の水取りに悩む皆様に、耳より情報をお伝えしましょう。

「汚れ激落くん・マイクロファイバータオル」これが有るか無いかで、六器洗浄の世界が変わります。

さらしやただの雑巾では、水気を吸うよりもいたずらに水分を全体に拡げてしまいがちなのですが、このタオルなら撫でるだけで、即座に水分を吸着してしまいます。

何かの宣伝のようになってしまいましたが、この魔法のようなタオルには感謝の念が尽きない私なのです。

 

光然の高野山修行日記 ・十八

前回に引き続き、加行期間中における専修学院の一日の流れをお話しいたします。

専修学院での加行は早めにその座を終わらせたも、全員の行法が終るまで法界定印(観音院二階客殿にいらっしゃる大日如来様が結んでいらっしゃる印がこれになります)を結んで席を離れる事は許させていません。

行法をゆっくり進める者、途中で居眠りをする者、間違いを寮監先生に身咎められてしまい、正しく出来るまで延々とやり直しをする羽目に陥った者等々・・・・・。

そう言った諸々の事情のために、急いで行法を進めても何もする事が出来ない待ち時間が生まれるだけなので、一つ一つの所作を丁寧に進めて行く事が何より実があると感じていました。

もちろん、全員が遅滞なく素早く行法を終える事が出来れば、その後の時間にも余裕が生まれて一番良いのですが、中々そう上手く行きませんでした。

さて最後の一人が行法を終えると、寮監先生が戒柝(拍子木)を一度打ち鳴らし、他の院生にその座の終わりを告げます。

それを聞いた私たちは行法の次第(手順書)をお香の煙に薫じ、左袖の袂に納めて立ち上がります。

話は脱線してしまいますが、左右の袂はに入れて良い物、入れてはいけない物が決まっています。
左の袂には経本、加行次第、念珠など僧侶として必要がある物のみを納めて良い事になっていました。

反対に右の袂はハンカチや筆記用具、メガネなどで、こちらに左袂に納めるべきものを入れる事は厳禁となっています。

よく聞く話ではあるので皆さんご存知かとは思いますが、インドでは右手が清浄の手、左手は不浄の手と言われているそうです。

そこで左袂を見ると余程変わった取り出し方をしない限りは、左の袂に納めている物は清浄な右手で掴んで取り出す事になります。

つまり仏様からお預かりした大切な経本などを不浄の左手でとりださないための礼儀と、それを私物と混同しない配慮で左右の袂に入れる物を分けているそうです。

左の袂に納める理由は理解しながらも、不浄の手(左手)が間近にあるというのは、それはそれでどうなのだろうと思わなくもありません。

しかし専修学院の偉い人監事先生が用いられる無敵の言葉「そういう倣いになっている」を思い出し、「そういう倣いならそうなのだナ」と納得した次第なのです。

話を戻しましょう。半畳から降りて華香炉(樒)を手に立ち上がり、再度の戒柝を合図に三度の投地礼を行い、華香炉を脇机に戻します。

その後加行道場から退堂となるのですが、各人が好きなように出ていけるわけではなく、それぞれの学籍番号順に左右に振り分けられた院生が番号を乱さないよう入道した際の逆順に列を作り退堂していきます。

持仏堂に向けて、階段になつている長い渡り廊下を黙々と歩くのですが、そこの窓から見える早朝の高野山の空と景色は何とも言いようがない美しい物でした。

その時々の日の出の時間にもよりますが、晴れた朝の空や、薄暗い中遠くに夜明けの灯りが見える風景。

これらは、狭い空間に押し込められている慌ただしい生活でのちっょとした清涼剤となっていました。

持仏堂に戻り、全員が戻るまで合掌待機。大体六時前後と言った所。

一息ついた所で寮監先生のたった今終った「後夜行」に対する講評や、時には説教が始まります。

開始前に遅刻を誤魔化そうといた者、行法中の素行が目に余った者、最後まで正しい行法を行えなかった者はこの場での説教の後「事務所に来い」と呼び出しを受ける事も珍しくは有りません。

一通り嵐が過ぎ去ると「次は○分に出発します」と十分か十五分程度後の時間を告げられ、再度の戒柝で投地礼を行い一同解散となります。

「出発」の目的地は、赤い塔が目印の壇上伽藍への参拝となります。

その話は次回に回し、与えられた僅かな時間をある者はお手洗いに、またある者は行法の片付け、次なる座の準備に駆け出す事になります。

たかが五分十分ですが、自由にできる時間を有効活用する大切さを知るには、最適な環境ではありました。

 

光然の高野山修行日記 ・十七

今回はページの都合により、縮小版でお送り致します。

前々回は行の開始時に華香炉(樒)を持ち、一同揃って投地礼をするところまでお話をいたしました。

ここからは、加行の進行度により作法が変わって来る所が有るので、全体に共通した部分を掻い摘んでお話いたします。

投地礼を終えたら上体のみを起こして、座の左手にある脇机に華香炉を置き、壇正面に設置してある「半畳」と呼ばれる畳の上に座る事になります。しかし、何も考えずよっこいしょと座ってはいけません。

 

投地礼を終え、膝をついた状態のまま体を少し左に向け、右手で半畳の右角を掴み、右膝からにじりるように体全体をズズズっと引き上げて行きます。

下りる時はその逆回りで、左足から順に体を回すようにゆっくりと床に落としていきます。

何故このような上り方、下り方をするのか不思議に思っていたのですが、考える時間と実際の体験は大切ですね。ある時ふと正しいかはともなく、この作法の意味を見つけることが出来たのです。

加行が進むにつれて寒さと一座毎の時間は増し、行法で二、三時間身動きが出来ない事もざらになります。

そんな中、行法が終ったからといきなり立ち上がれば、固まった体の筋を痛める可能性や、勢いづけて上げた体を足で支える事が出来ず、倒れてしまうかもしれません。

それを避け、固まった体を少しでも解すために着座の作法があるのではと考える次第となりました。

 

光然の高野山修行日記 ・十六

先月の修行日記で私が着用していた衣帯について、ご質問を数件頂きましたので、今回はその事について写真を多めにお話させて頂きます。

この茶色の法衣は上半身の「褊衫」と下半身の腰巻「裙」に分かれています。専修学院内では両方まとめて「褊衫」と呼んでいました。

そして二学期の加行期間は作務衣を除けば全てこの褊衫と如法衣(黄色いお袈裟)で過ごし、また以前二月号で話題にあげた受戒の際も褊衫と如法衣を着用したのです。

褊衫は一枚の生地として繋がれておらず、生地を二枚左右の肩にそれぞれ乗せ、襟の部分でそれが離れないように繋がれています。

その構造上、肩から垂れた前後左右が四つに独立しているので、それまで経験した事の無い着用法になり、着付けには少々慣れが必要になりました。

身に付ける順番は

一、裾を腰に巻く。紐の結び目は少し下っ腹に下げた方がズレにくい。

二、褊衫を羽織り、前左半身の布についている紐と、後左半身の布についている紐を結び合わせる。

三、右半身前後の布を、同じように結びあわせる。

四、如法衣を身に着ける。

と文章で書けば非常に簡単なものになります。

実際は、手探りで背中側にある紐を素早く手に取る事は中々難しく、同室者と互いに紐を手渡す協力をしたことも幾度か経験しました。
慣れて来ると紐が有る位置の見当がついて来るのですが、それでも慌てていると手は空を掴んでしまいます。

ひどい時は、結ぶべき紐とは逆の紐を結び付けてしまい、余計に時間が掛かる事も有りえるのです。

そんな事で遅刻してしまわない為のコツとも言えないコツを解説致します。

左半身され結んでいまえば何とかなると考え、慌てている時もひとまず落ち着きましょう。紐が付いている部分が内側に折れている事もあるので、左手で背中側の布を振りながら引っ張り、右手で掴みやすくします。次いで右手を肩甲骨当たりから布に沿わせながら下ろしていけば、背中の紐を迷わず手にする事が叶います。寒い季節になると指がかじかんでしまうので、うっかり取り落とさないよう要注意。

ここまでの手順と写真をご覧になって、違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。

褊衫は襟の左側が手前に来る、いわゆる「左前」の形になっているのです。和装だと死に装束が左前となるので、あまり縁起の良くない形となりますね。

なぜ褊衫を左前で着用するのか、その理由は「元々インドの僧侶が褊衫を身に付けていた際は、左肩を覆う布しか無かった」という事が由来となるそうです。

元々温暖な地域で用いていたので、片方の肩で良かったのですが、中国等各地に伝播していく際にその土地の寒さに対応するため右肩にも布が加わる事となったのです。

そのため、慣習として元から有った左肩の布を手前側に、追加された右肩の布は外側に身に着けるようになったと、専修学院で教授頂きました。

作務衣に着替えてゆっくりする暇もなかった加行期間、褊衫はまさしく体の一部となっていたのです。

光然の高野山修行日記 ・十五 後半

余談ではありますが、時間を奪われるのでお説教は無いにこしたことは有りませんが、実を言うとその場で即座に雷を落として貰えるのが一番助かるのです。それと言うのも、遅刻者が多い場合や何か不始末が重なっている場合は「あとで楽しみにしていろ」とでも言うような溜息だけで加行道場への移動が始まり、その後へ不安を抱えたまま行法に入る事態は出来るだけ避けたいのが人情というもの。

本筋に戻ります。全員が合掌出来たら点呼が行われ、そのままながれるように寮監先生が「入堂します」と宣言し、戒柝と呼ばれる拍子木を打ち鳴らし、一同正座のまま投地礼から合掌をしながら起立をします。

そのまま加行道場の奥に座坪がある者から順番に二列で、加行道場への行進が始まります。

時間は四時十分少し過ぎ。四度加行が始まった九月でも日が昇る時間にはまだ少し早いので、電気が灯された階段から見える外は暗く何があるかもわかりません。

加行道場が近づいてくると行進は二列から一列にまとまり始め、道場の前に着くとひとりひとり一礼してから中に入り、自分専用の壇に向かいます。

他所の視線からそれぞれの壇を遮るために障子製の明り屏風が置かれているので、歩いた風で膨らんだ袖を引っ掛けてしまわないよう用心する必要がありました。うっかり障子を破くと修理の手間が必要なので、しずしずと歩く方が賢明と言えます。

到着してもすぐに席に着ける訳ではありません。詳細をお話するのは次回以降に譲りますが、樒の枝を柄付の香炉「柄香炉」に見立てた「華香炉」を手にした一同の投地系礼から始まります。