光然の高野山修行日記 ・十四 後半

話を戻しましょう。

火舎、塗香、樒の用意が完了したら、日が昇る前に日直が汲んだ井戸水、「閼伽水」を仏器に少量注ぎます。

「閼伽水」はその日に汲んだ物のみ用いる事が出来るので、こればかりは前日に用意する事は出来ません。

そうして全体の荘厳(飾りつけ)が終われば、時間を見計らって火舎と蝋燭に火を点けます。

概ね起床の鐘が鳴らされるのがこの頃でした。

あくまで体感ではありますが、加行道場と持仏堂は建物四、五階分の階段と、百メートルいくつかの距離があったように思います。
急ぎたい気持ちがあっても、ドタバダ走れば加行監督をする寮監先生のお小言が増えてしまいます。急ぎ過ぎず急ぐ程度で持仏堂に向かいます。

(またもや余談ですが、持仏前廊下の床板部分はきしむ音がしやすいので、端の框部分を摺り足で小走りするのが静かに急ぐ小技でありました)

持仏堂にたどり着いても、すぐに入る事は出来ません入り口前にある塗香器から、塗香を右手の人差し指と親指でつまり取り、左手の同じ指で半分に分け、手と体全体に塗香の清浄な香りを行き渡らせる作法をしなければなりません。

それ自体はすぐに終わるのですが、入口に学院生が殺到すると時間がない時にはやきもきしてしまいます。

自分の座坪に入ると、持仏堂の仏様に右肩を向け、先ほど置いた如法衣を頂きながら「袈裟の偈」の言う名の偈文「善哉解脱服、無相福田衣、披奉如戒行 広度諸衆生」をお唱えしてから加法会を身に纏います。

そして衣帯を整え、護身法加行後は護身法と言われる印を結び合掌して集会の鐘が鳴らされるのを待つ事となります。

起床してから最低限するべき事をまとめると、

一、起床、身支度、お手洗いも済ませる
二、持仏堂に如法衣を置き、少し離れた加行道場へ
三、火舎、樒、塗行香を用意
四、閼伽水を用意し、壇上の荘厳の確認する
五、点香
六、持仏堂へ戻る

書き出せばたったこれだけになりますが、移動や準備の時間もあり、起床の鐘で起きてから十分で用意できるかとなると、ちょっと時間が危うい事をご理解いただけるかと思います。

これからお話をする加行の進行で度合いも変わりますが、これだけははっきり言うことが出来ます。

「加行は時間との闘いである」と。

光然の高野山修行日記 ・十四 前半

四度加行が始まると、学院生活にも変化があります。今回は一学期との比較も含めた朝から始まる流れをお話いたします。

起床の鐘が鳴らされる時間が一時間早くなり、朝五時から四時となりました。たった一時間の変更ながらも睡眠を求める体には大きな変化と言えます。

四時の鐘から十分後に今度は集会の鐘が鳴りますが、朝勤行のために集会所に集まっていた一学期とは変わり、朝の加行を行うため持仏堂と言われる畳敷きの大きな部屋に集合する事になります。

話が少々脱線致しますが、四度加行三座行われて、起床後の加行は「後夜行」、朝食後は「日中行」、昼過ぎは「初夜行」と呼ぶ慣わしになっていました。

一学期なら起床の鐘が聞こえてからでも、飛び起き、布団を片付け、着替えて走れば集会の鐘に間に合っていましたが、加行中は少々勝手が違います。

まず加行の座が始まる前に、持仏堂に定められた自分の座坪に如法衣(お袈裟)を置いた上で、道場に向かい蝋燭等の点香を終えていなければなりません。
一度如法衣を置いて行為は行えないので、お手洗い等は先に済ませておかなければいけない所も要注意事項です。

点香をするためには、そのために準備も必要になります。前日までに出来る準備は火舎(焼香をするための器)の灰を固め抹香を盛る、行法で用いる樒のセット、塗香の形を整える等慣れていれば十分程度で可能なものです。

しかし、お説教などが入り、その前日の準備すらも叶わない事も時にはあり、さらには樒を摘んでいない場合はさらに時間が掛かります。

補足をすると、行法で用いる樒を再利用する事は禁じられていて、一日に七十枚ほどを用意する必要がありました。二日分までならば予備の確保も許されていたので、ほとんどの学院生は空いた時間に摘んだ樒を指三本分の長さに整え、持参した製氷皿に差し込んでいました。

仏様へお供えする樒なので、シミや虫食いがあるものは使用できず、大きさにバラつきがあってもいけません。

さらにはハサミの刃は血の穢れに繋がるので、樒を重ねて一度に整える事も出来ません。かと言って素手で重ねた樒を綺麗に切り整える事は難しく、またお供えに用いる樒を雑に大量生産する事は許されていません。一枚一枚、指で長さを測りながら樒を折っていく事が一番の近道でした。、

樒に関する思い出が多数あるために、思わず多く語り過ぎてしまいました。

光然の高野山修行日記 ・十三 後半

■九月四日(金曜)始業式・伝授
九時:始業式。そのまま続いて白袈裟から如法衣(観音院でいつも身に付けている黄色い御袈裟)に付け替えて「理趣経」「護身法」「十八道」加行の「折紙伝授」を受ける。

この折紙伝授はその加行を受けるに足る資格を示す証明書であると同時に、行法を行う際の要点のみを記した台本のような物と考えて下さい。

ちなみに「四度加行」は「十八道」「金剛界」「胎蔵界」「息災護摩」の四段階に分かれていて、前出の「理趣経」「護身法」加行はそこに入るための「前行」となります。

十三時:食事を終え、道場にて加行の説明を受ける。

十四時半:自由時間。教室にて畳を擦り本日の伝授で授かった「折紙」の「浄書」(写し)を作成。

授かった「折紙」は道場で用いるには大きすぎ、また決して汚してはならない物なので、その写しを用意する事になります。

十九時:自由時間。道場にて自分が使う事になる壇の用意、各種道具を持ち込む。

二十時五十分:就寝。

■九月五日(土曜)天野大社参拝
三時半:起床、水行等をして前日終わらなかった浄書を仕上げる。

八時:丹生都比売神社(天野大社)参拝に出発。途中までバス、その後徒歩で移動。

十一時十分:公民館にて昼食。精進弁当。

十二時:丹生都比売神社にて加行成満を願うお祓いを受け、読経。

帰院後、空いた時間は壇の荘厳(飾りつけ)仏具の用意などに使う。

■九月六日(日曜)最初で最後の外出
九時:理趣経・護身法加行の合同習礼(予行演習)。壇荘厳自体がまともに出来ていない者も居て、注意点以前の問題と辛評を頂く。

十三時半:外出。龍泉院様へ加行前のご挨拶。次に会うのは転進時か加行成満の時か・・・帰院後仏具磨き。

十七時:食事後、本日は片付けの手伝いはせず、班に割り当てられた明日の開白に用いる突き仏供(円柱状のご飯)を作るための準備をする。

十八時:入浴や仏具磨き、香盛りを済ませる。

二十時十分:施餓鬼後、我が班が担当ではないが香華場(香盛り用の場所)の清掃を手伝う。六十名を越える院生が使用しただけあって、床や机、部屋全体が細かな灰にまみれている。
二十一時:加行が始まるぞ!就寝。

光然の高野山修行日記 ・十三 前半

前回で一学期も終わり、夏季休暇を挟んでいよいよ専修学院修業生活の目玉。約百日間に及ぶ修行の日々「四度加行」が幕を開けます。

それまでの学院生活とどんな違いがあったのか、何をして過ごしていたのか、どのような教えを受けて来たのか。

お伝えしたい事はいくらでも出て来るのですが、真言行者としての機が満ちる前に密教の行法に触れる事は、教えた者、知ってしまった者ともに「越三昧耶」という罪に落ちてしまいます。

なので曖昧な言い回しや、歯切れが悪い表現は「言ってはいけない部分だな」と笑って流して頂ければと幸いです。

そのような次第で学院生も四度加行の情報は以下の通り。「新聞含め外部の情報は一切遮断」「身内の訃報を耳にした場合は四度加行を打ち切り、下山する慣わし。加行は一年後に再度受ける」「それを踏まえて身内には連絡をしてこないように言い含め、訃報を連絡しても院生には通達しない事に合意する」「医薬品表示があるのど飴第一部を除き、食品類の持ち込みは一切禁止」「体重を落とし、股関節は柔らかくしておいた方が良い」等々・・・・。
「気を抜いて臨むなよ」とこちらに釘をさす意図を込めた情報が入って来るばかり。

どうなっていくか分からないながらも、命が奪われるような事はそうそうなにでしようから、緊張感をもたらす警句が良い感じに気分を盛り上げてくれ、ワクワクして気持ちで入寮日の九月三日を迎える事となりました。

今回は入寮から四度加行と、その前行の開白(開始)までについてお話いたします。

■九月三日(木曜)入寮日
八時半:高野山内での師僧、保証寺となって頂いている龍泉院様を出発。
前日の内に新たな部屋へ荷物を運び終えていたので、以前の住人が押し入れを空けてくれるまで他の院生の手伝い。

十一時:仲間と昼食に出掛ける。カツ丼を食し世俗に別れを告げる。

十二時:新たな同居人と室内の整頓。

十三時:一同集合。耐震工事のため、集会所の各所に支柱やカバーがある。一ヶ月ぶの面々。最長老であったY氏が病気療養のため中退した事を知る。

十三時半:各班担当場所の下座~道場洗い。一学期末にも行ったが、やはりいくら床を拭いても雑巾が真っ黒になる。その後、加行道場へ入堂する際の通路になる場所への茣蓙引き、机などを出して行く。

十六時十五分:夕勤行。

十七時:食事(ご飯、キツネ天かすうどん、柴漬)(始まりはいつもうどんなのだ)

十八時:加行に入る上での注意事項を教室で受ける。

二十一時:就寝。

光然の高野山修行日記 ・十二 後半

ここまでは自室の話、ここからは学院全体の掃除についてお話いたします。

期末テストの初日、七月二十一日昼食後から院内の大掃除は始まりました。

まずは院内全ての仏器磨きから。それまでも日曜に院内各所の仏器磨きが行われていましたが、全部という事は中々ありませんでした。僅かな雲りが付いてしても監督の寮監先生は見つけてしまいます。
気合を入れて磨きつつも、班員と談笑したり、汚れ防止に敷いた新聞紙からすっかり疎くなった世間の事を眺めていると、大掃除初日は終了しました。

二日目は精進供の配膳以外にほとんど出入りの無かった加行道場の「道場洗い」。コンクリート剥き出しの床が印象的な二階に分かれている広い道場を、二学期の加行に向けて掃除しました。脚立に上がり窓ガラス拭き。濡らした新聞紙をちぎって撒き菷で掃いてチリ集め。何度かけても雑巾を黒く染める床。雑巾洗い用のバケツの水を交換するために、離れた場所にある給水所へ往復すること数度。

大変ながらも道場洗いは足が汚れる事を理由に、裸足での活動が許される唯一の機会となります。ここを逃がす手は有りません、普段足袋の着用を義務づけられている場所を裸足でぺたぺたと歩き回る事が出来るのは、少し悪い事をしているようで痛快でした。

試験最終日である七月二十三日は、前日の雑巾がけを張り切り過ぎたおかげで筋肉痛の気が残る中、毎朝下座(掃除)している場所を普段より長い三十分かけて綺麗にし、その後院内全ての窓ガラスを室内室外ともに磨き上げる事となりました。

専修学院は寶壽院という寺院に、寺院が間借りしている形をとっています。
単体でも広いお寺に学院部分が寮舎を含め引っ付いているので、たかが窓拭きと侮っていては火傷をしかねない数のガラス窓が待っています。

ですが、そうは言っても次の日には終業式。下山したらどこに行くか、昼食はどうするか、終業式は何時に終わりどんな形で外に出る事になるのか。

など様々な事を想像し、期待を語りながら掃除をしていたので、十三時半から十七時半までかかりながらも気が付けばあっという間の出来事でした。

話をしながらでなければもっと早く終わっていたのではないのかなと、思わなくもないのですが、そこはちょっと大目に見て頂きたいところ。

二学期に入ると加行では何をするのか、どんな生活が待っているのか。等どこか少し持っている不安が、目の前にある「帰宅」を引き立てる程よいスパイスとなって、気持ちが否が応でも盛り上がって来るのですから。