五月七日『第一日曜日』午前十時より大般若転読法要を執行

五月七日『第一日曜日』午前十時より
第四百三十四座大般若転読法要を執行いたします。
お護摩は通算六万二千八百三十八座になります。

五月は幼くして亡くなったお子や有縁(水子)さま供養の月

この世の光を全く、あるいはわずかしか見ることが出来なかったお子さまのご供養。それだけでなく、自分までつながってきたご先祖さまの供養、有縁無縁精霊のご供養にお参りされる方も多くいらっしゃいます。

ご先祖さまのご供養や、これまで自分の力になってくれた生きとし生ける物すべてに感謝して有縁無縁精霊のご供養をなされれば幸いでございます。

5月7日の大般若会

5月7日の大般若会は、観音院先師代々、並びに檀信徒の皆さまの有縁無縁の精霊さまの総合法要を執行いたします。

ご参拝の際に、駐車違反とならぬようにご配慮ください。

GW開運福掴み

4月29日(土)から5月7日(日)まで、ご好評いただいておりますお菓子の掴み取り、「開運福掴み」を実施致します。
また、夏越祈願が始まる6月1日から7月7日の七夕祭にも実施する予定となっております。

皆さま是非ご法要に参加されて、たっぷりの福を手にされて下さいませ。

多数用意しておりますか、出尽くしの折はこ容赦くださいませ。

数え十歳の厄除けはいつお参りしたら良いか?

花まつり 十三まいり  十まいり
観音院では四月一日から八日まで花まつり、九日から十六日まで十三参り(じゅうさんまいり)と十参り(じゅうまいり)の特別法要が執行されます。

お稚児さんは四月一日から三十日まで毎日行われます。

稚児衣装は無料でお貸しします。
サイズも色々あり、小さな子供さんから身長130cmくらいまで着ることが出来ます。
もちろん、赤ちゃんも大歓迎です。

ご法要にお会い頂き、その前後で記念撮影をします。カメラ、携帯電話、スマートフォンなどをご持参下さい。

元気のいい小さい子供さんも、二階客殿でテレビモニターでご法要にお会い頂けます。ご安心してお参り下さい。

数え十三歳(満十二歳)の十三参り、数え(満九歳)の十参りの子供さんには「十三参り」や「十参り」のお札をお授けいたしますのでご遠慮なく受付にお申込みください。

十三参りは古くからありましたが、数え十歳の厄除けはいつお参りしたら良いか?というお問い合わせが多くあり、今年から十参りも合わせて拝ませて頂くことになりました。

観音院では毎年、四月は子供さんの厄除けの月として賑わいます。この善きご縁に、ご家族の皆様でお参り下さい。

悩み事困り事相談

悩み事困り事相談
相談日時の予約電話  TEL 082-233-5000

四月は環境や人間関係で問題や不安が起きやすい時です。
早めに相談されつつ乗り越えてください。

悩みや不安なく生活できるように、家内円満で、厄難を消除し、子供さんの進路や結婚、仕事の発展について親身に相談にのり、僧侶一同、ご親族のお心でご祈念いたします。