お盆の心得は

■悪しき言葉を使わないようにいたしましょう。怒ったり腹を立てたり、人と言い争わないように、周囲に親切に協調しましょう。

▼全てのものを大切にすること。家庭や職場、人のいる場所、なすべき仕事を大切にと。時間を粗末にせずに、前向きな思いで一生懸命に精励すること。

▼他人に対して「いたわり、慈しみの心、思いやり、相手の立場で考える」、心優しく参りましょう。

●お盆で大切なこと●
▼故郷へ帰省するについて、無理な日程を立てないこと。車の遠距離の運転はなるべく止め、早めに公共交通機関等を予約する。安全運転に徹して事故を起こさない。

▼水の事故や気象変化に注意する。子供から目を離さない。

▼亡き人の悪口を言わざること。

▼家庭のご仏壇では灯明や線香に注意すること、火の用心。

萬倍白だるま様

「世のため、人のために尽くします」と誓願を立てると、福徳知恵を万倍にお導きくださいます。

萬倍さまのご本地は薬師如来さまで宇賀神さまとして五穀豊穣を守護され、皆さまの「豊穣の福神さま」として信心されています。

家内安全や家族守護、学業成就、所願成就、商売繁昌など、商売をなされる方や受験生にも大変人気があります。

赤白だるま様は萬倍さまの御使いとされ、紅白揃うと満願成就と伝えられ、皆さまに福徳をもたらされます。

夏を無事に乗り切るためには

夏を無事に乗り切るためには、睡眠をしっかり取ることも大切です。

一日の睡眠時間が五時間未満の状態が一カ月続くと、心臓や脳に悪影響が出る、という研究があるそうです。

蒸し暑さは寝苦しさにつながりますから、クーラーや扇風機を積極的に活用しましよう。

クーラーの冷たい風が直接当たり続けると、体が冷えすぎて体調を悪くすることがありますから、風向きを調節したり、設定温度を高めにしたり、工夫してくださいね。

月始め祈願の日

毎月月初め 1日~5日は 月始め祈願の日です。

七夕法要
皆さま方が願いを込めて書かれた「五色の祈願短冊」は笹竹にお祀りされ、連日熱祷が捧げ続けられます。

七夕の飾りつけは七月七日までしておりますので、皆さまも是非短冊にお願い事を沢山書かれて、七夕の飾りつけにご協力ください。