現世に彼岸を創る 観音院は彼岸の橋

秋彼岸法会は9月9日から、お中日は23日・26日(彼岸明け)まで、ご法要は、午前十時、十二時、午後二時からの三回です。(年中無休)

法要にお会いし、悪から逃れ、善き運を招きましょう
親しい人々の幸福と吉祥をご一緒にお祈りしましょう

「彼岸」という言葉は、梵語の「波羅蜜多(パーラミター)」「致彼岸(とうひがん・理想の彼岸に至る)」が略されたものです。

この世の苦しみの此岸(しがん)に対する、彼の岸(かのきし)です。

彼岸には太陽が真東から上って真西に沈みますが、お天道さまといい、母なる太陽に感謝します。

彼岸法要に参集され教典を拝読されたり、お寺に相談にお参りに来られたりし、悩み事を良い方向に導かれ、

考え方を整理して生活に穏やかさをたもちましょう。

怒りの心を抑える、愚痴は言わない、人を責めない、子やお年寄りを慈しむ、丁寧な言葉と態度でお彼岸には法要に会い、

ご先祖さまの御菩提をお祈りしましょう。

お彼岸は、仏教の教えを実践する「心の安全運転週間」とし、生活に安定度を高めましょう。

施餓鬼供養の始まり

施餓鬼供養の始まり

施餓鬼供養は、観音院ではお彼岸やお盆に行われていますが、それに限らずいつ修しても良く、ご先祖様や有縁・無縁の精霊、本人やその周囲の人々にまで慈悲(じひ)と無量の功徳(くどく)が巡らされるご供養です。

 施餓鬼会の由来は、お大師さまが唐から請来(しょうらい)された佛典の「焔口餓鬼陀羅尼経(えんくがきだらにきょう)」に説かれています。

 お釈迦(しゃか)さまの弟子の阿難尊者(あなんそんじゃ)の前にやせ衰えた、恐ろしい形相の焔口(えんく)という
餓鬼が現れ「三日の後、汝(なんじ)の命は尽きて、われらと同じ餓鬼となるだろう」と言いました。

阿難は驚き、その難から免(まぬが)れる方法を問うと、「餓鬼道にいる苦の衆生(しゅじょう)、あらゆる困苦の衆生に対して(おんじき)を施(ほどこ)し、三宝(さんぽう)「佛・法・僧伽(そうぎゃ)を供養すれば汝の寿命は延び、我も苦難を脱することができる」と餓鬼は言います。

 阿難尊者は悩んでお釈迦さまに救いを求めると、陀羅尼(だらに)を説かれ「施餓鬼の法」を授かりました。

 お釈迦さまは「餓鬼の言うのは真実であるが、恐れおののくことは無い。観世音菩薩からひとつのありがたい秘呪を授かっている。一器の食物を供え、この「加持飲食陀羅尼(かじおんじきだらに)」を唱えて加持すれば、その食べ物は無量の食物となり、一切の餓鬼並びに修行者たちは充分に空腹を満たされ、無量無数の苦難のものを救い、その施主は”寿命が延長”するだけでなく、その功徳によって”佛道を証得する”ことができる」と説かれました。

 自分のご先祖はもとより、供養されていない可哀相な精霊、無縁の精霊、すべての生きとし生けるものへの慈悲を巡らす尊いご供養とされています。

 阿難尊者は教えに従い、施食(せじき)せられたところ、焔口の言ったように寿命は延長し、お釈迦さまに奉侍(ほうじ)すること二十余年、菩提(ぼだい)を証することが出来て、これが施餓鬼の起源といわれます。

 供養に恵まれない精霊に供養されます。五如来の旗(はた)が立てられ三界萬霊のお位牌が安置され、お洗米と餓鬼の細い喉にも通るように野菜を細かく刻んだもの(人参、椎茸、胡瓜、高野豆腐など)を混ぜた物と、甘露水(かんろすい)などをお供えします。

彼岸供養は、太陽の沈む方向が阿弥陀如来さまと浄土にある方角である真西であるためともいわれています。
彼岸の世界にいる人を供養するとともに、まだ迷っている人々に太陽の方角が進むべき道標となり、早く向うら辿り着けるように祈りを捧げます。

 施餓鬼供養文は、観音院の常用経典「まことの道」百八ページまたは観自在9月号 8・9ページにありますので、ご法要で、ご家庭で、ご供養が気にかかる時にお唱えしましょう。

元気!元気!元気!9月3日 午前10時より大般若転読法要 観音院にて執行

■九月三日『第一日曜日』午前十時より
第四百三十八座大般若転読法要を執行致します。
お護摩は通算六万三千百九十二座になります。

■秋彼岸法要のご案内
秋の彼岸法要は九月九日から二十六日まで
毎日十、十二、十四時の三座一日の休みもなく行われております。
お彼岸は相手の立場になって物事を考え、
善い言葉と善い態度で過ごし、
暖かい人間関係を築く努力をして、
み佛さまに報恩感謝の祈りを捧げましょう。
観音院で配布しております日常十善戒をお持ち帰りになり
日々をより善くする実践をなされてください。

折紙教室 8月20日(日)午後一時半より

折紙教室 8月20日(日)午後一時半より 観音院にて

バラの花の折り紙

折紙教室は毎月二十日に開催して、カレーライスのご接待共々大変好評を頂いております。

教室の時間は午後一時半から一時間半程度となっております。

休日にはお子様も参加されています

福岡先生と共に

本年も信徒様から沢山の折紙のお供えを頂きました。

どうぞ皆さまお気軽にご参加くださいませ。