観音院のお盆供養が一般的な十三日から十五日というのではなく長く拝まれる理由

観音院のお盆供養
観音院では八月六日から二十四日ま地蔵盆までの間、毎日三座、お盆の特別法要が拝まれ、合わせて施餓鬼供養のお経も上がります。

お盆は先祖供養、有縁供養(水子供養)、故人のご供養、動物供養(ペット供養)、有縁無縁精霊供養などのご供養を施餓鬼供養の紙塔婆に書かれてお願いされると丁重にご供養がして頂けます。

亡きご先祖さまでも特に親孝行をしてあげれなかった方、縁の深い人、生前恵まれず不幸であった方、病死や不慮の死に遭われた方などが先祖におられたら丁重にご供養したいものです。皆さまのお心をお手向け下さい。

観音院のお盆供養が一般的な十三日から十五日というのではなく長く拝まれるのは、お盆の三日間にお休み出来ない方や諸々の事情で日にちが合わない方にもお盆のご法要に会って頂きたいという住職さまのお気持ちからです。

お盆は幼い頃からご家族でお寺にお参りされて、み佛さまを大切にする心、今日あることを感謝し周囲の人々に優しく思いやりを持って接する心を育む優しい月に致しましよう。

お盆は母親を死後の苦しみから救い、成仏を願う心から

■お盆は母親を死後の苦しみから救い、成仏を願う心から■
お盆のご供養の始まりは「お釈迦さまの弟子の目連尊者(もくれんそんじゃ)の故事」に始まります。
尊者は自分の母親が死後どのように過ごされているか神通力で見られたところ、お浄土におられるはずの母上は、生前の悪行の報いで餓鬼道(がきどう)に墜ちて倒懸苦を受けておられました。
自分を慈しんで育てて下さった母親が、自分への盲目的な愛欲のため地獄に墜ちているのを深く悲しまれ、母親をその苦しみから救うためにお釈迦さまの教えを請いました。
み佛(ほとけ)さまの教えに従い、修行の安居(あんご)を終えた僧自恣(そうじし)の日に多くの僧侶に百味の飲食(おんじき)をもてなし、死んで苦しんでいる母親の地獄に墜ちた罪が許されるような丁重な供養がされました。

観音院は年中無休です。ご祈願・ご供養は郵送、FAXでも承ります。
法要は毎日、午前十時、正午十二時、午後二時からの三回、都合の良い日時でおさそいあわせの上、ご参拝下さい。

お盆のはじまり

盂蘭盆会(うらぼんえ) お盆のご供養
観音院では、毎日午前10時・12時・午後2時の三回お経が上がります。

もうすぐお盆がきます。
お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
八月十三日から八月十六日の間、ご先祖さまのご菩提(ぼだい)をお祈りする奥ゆかしい仏事です。

関東地方では七月に、関西から西の地方では八月に「お盆のご供養」を行うところが多いようです。

この盂蘭盆という言葉はサンスクリット語の「ウランバーナ」という言葉を漢字にした言葉で、現在では略して「お盆」と言われています。「会」は法会(ほうえ)、供養の法要のことです。

このウランバーナ、盂蘭盆会の意味は「倒懸(とうけん)」といい「死後に逆さまに吊るされる苦しみ」という悲惨な意味があります。

人が生前に罪を重ねて、死後にその報(むく)いとしてこの苦しみを受けなければならない者や、死んだ後に供養する人のいない無縁の霊魂は地獄に墜ちて成仏出来ないことを「ウランバーナ」といいました。

お盆の供養は、先祖を祀り亡き人々の霊魂を盂蘭盆の苦しみから救うことから始まりました。

観音院では、毎日午前10時・12時・午後2時の三回お経が上がります。

お盆の心得は

■悪しき言葉を使わないようにいたしましょう。怒ったり腹を立てたり、人と言い争わないように、周囲に親切に協調しましょう。

▼全てのものを大切にすること。家庭や職場、人のいる場所、なすべき仕事を大切にと。時間を粗末にせずに、前向きな思いで一生懸命に精励すること。

▼他人に対して「いたわり、慈しみの心、思いやり、相手の立場で考える」、心優しく参りましょう。

●お盆で大切なこと●
▼故郷へ帰省するについて、無理な日程を立てないこと。車の遠距離の運転はなるべく止め、早めに公共交通機関等を予約する。安全運転に徹して事故を起こさない。

▼水の事故や気象変化に注意する。子供から目を離さない。

▼亡き人の悪口を言わざること。

▼家庭のご仏壇では灯明や線香に注意すること、火の用心。