光然の高野山修行日記 ・十六

先月の修行日記で私が着用していた衣帯について、ご質問を数件頂きましたので、今回はその事について写真を多めにお話させて頂きます。

この茶色の法衣は上半身の「褊衫」と下半身の腰巻「裙」に分かれています。専修学院内では両方まとめて「褊衫」と呼んでいました。

そして二学期の加行期間は作務衣を除けば全てこの褊衫と如法衣(黄色いお袈裟)で過ごし、また以前二月号で話題にあげた受戒の際も褊衫と如法衣を着用したのです。

褊衫は一枚の生地として繋がれておらず、生地を二枚左右の肩にそれぞれ乗せ、襟の部分でそれが離れないように繋がれています。

その構造上、肩から垂れた前後左右が四つに独立しているので、それまで経験した事の無い着用法になり、着付けには少々慣れが必要になりました。

身に付ける順番は

一、裾を腰に巻く。紐の結び目は少し下っ腹に下げた方がズレにくい。

二、褊衫を羽織り、前左半身の布についている紐と、後左半身の布についている紐を結び合わせる。

三、右半身前後の布を、同じように結びあわせる。

四、如法衣を身に着ける。

と文章で書けば非常に簡単なものになります。

実際は、手探りで背中側にある紐を素早く手に取る事は中々難しく、同室者と互いに紐を手渡す協力をしたことも幾度か経験しました。
慣れて来ると紐が有る位置の見当がついて来るのですが、それでも慌てていると手は空を掴んでしまいます。

ひどい時は、結ぶべき紐とは逆の紐を結び付けてしまい、余計に時間が掛かる事も有りえるのです。

そんな事で遅刻してしまわない為のコツとも言えないコツを解説致します。

左半身され結んでいまえば何とかなると考え、慌てている時もひとまず落ち着きましょう。紐が付いている部分が内側に折れている事もあるので、左手で背中側の布を振りながら引っ張り、右手で掴みやすくします。次いで右手を肩甲骨当たりから布に沿わせながら下ろしていけば、背中の紐を迷わず手にする事が叶います。寒い季節になると指がかじかんでしまうので、うっかり取り落とさないよう要注意。

ここまでの手順と写真をご覧になって、違和感を覚えた方もいらっしゃると思います。

褊衫は襟の左側が手前に来る、いわゆる「左前」の形になっているのです。和装だと死に装束が左前となるので、あまり縁起の良くない形となりますね。

なぜ褊衫を左前で着用するのか、その理由は「元々インドの僧侶が褊衫を身に付けていた際は、左肩を覆う布しか無かった」という事が由来となるそうです。

元々温暖な地域で用いていたので、片方の肩で良かったのですが、中国等各地に伝播していく際にその土地の寒さに対応するため右肩にも布が加わる事となったのです。

そのため、慣習として元から有った左肩の布を手前側に、追加された右肩の布は外側に身に着けるようになったと、専修学院で教授頂きました。

作務衣に着替えてゆっくりする暇もなかった加行期間、褊衫はまさしく体の一部となっていたのです。

折紙教室 8月20日(日)午後一時半より

折紙教室 8月20日(日)午後一時半より 観音院にて

バラの花の折り紙

折紙教室は毎月二十日に開催して、カレーライスのご接待共々大変好評を頂いております。

教室の時間は午後一時半から一時間半程度となっております。

休日にはお子様も参加されています

福岡先生と共に

本年も信徒様から沢山の折紙のお供えを頂きました。

どうぞ皆さまお気軽にご参加くださいませ。

【今回から郵送も受付いたします】観音院門外不出 心身清浄 破地獄曼荼羅 

 観音院には門外不出(もんがいふしゅつ)の破地獄曼荼羅というものがあります。

 これは、お名前を読み上げず個人の極秘には僧侶も関知せず、み佛さまに託す観音院の秘法です。

 どなたさまにも、心身清浄破地獄曼荼羅を納めて頂けます。

心と体を清浄にして、知ると知らざると犯(おか)した一切の罪障(ざいしょう)を清め、置かれている困難を取り払うのが心身清浄破地獄曼荼羅です。

知ると知らざるを問わず犯した罪障を清めます。

地獄に堕ちている人を救うことができます。

あなた自身の心と体の悩みを無くします。

み佛さまのご加護あるお願いです。

「どなたの為に」「何故に」と「施主(せしゅ)のお名前」をお書き下さい。

「何故に」すなわち破地獄曼荼羅をご供養される理由は、み佛さまとご自身しか知り得ない秘密ですから、思いの丈をご存分にお書き下さい。
書き切れないときは、別の紙に書き足して破地獄曼荼羅を結ばれるときに中に入れて下さってもかまいません。

一番大事なことは、あなたの心が供養され救われることです。

書き終えられたら、まず曼荼羅を内になるように半分に折り、それを更に三つ折りにして、固く結んで下さい。
受付にお渡し下されば、ご法要で加持して焚き上げます。この時、僧侶も職員も住職でさえも誰も中は見ません。

秘密は守られます。

万一、書き損じた場合は新たにお渡しし一緒に焚き上げます。

破地獄曼荼羅は門外不出ですので持ち帰ることは出来ません。ですから、郵送もFAXも出来ませんので、あしからず了承ください。

ところが、遠方の方やご高齢の方、ご病気の方からどうしても破地獄曼荼羅を書きたいとおっしゃる声が多くあり、何とかして差し上げたいと思い住職さんにご相談申し上げました。

すると、住職さんは「他の紙に書き足しても良いことにしているのだから、他の紙に書いて郵送で送って頂いてはどうだろう。破地獄曼荼羅にはお寺で包むことにして。但し、中を読んではいけないよ。」とおっしゃられました。

それで、今回から他の紙に書いて郵送して頂くことが出来るようになりました。A4の破地獄曼荼羅に包んで結ぶので便箋やA4の紙で文章が内側になるよう四つ折りにし、「破地獄曼荼羅」と書き郵送下さい。

日頃から悪しき言葉を使わず怒ったり、腹を立てたり、言い争わないようにしましよう。

反省すること、悔やまれることは破地獄曼荼羅に書いて供養してもらって清々しく善い人生を送りましょう。